中には過激な濡れ場だらけの作品も!エロいフランス映画20選をご紹介!

エロ動画配信サービス

「フランス映画にもエロいやつってあるんじゃないの?」
「過激でエロいフランス映画を見てみたい」

フランス映画について、上記のようなことをお考えではありませんか。日本のポルノ映画やピンク映画のように、フランス映画にもエロい作品が多数あります。

フランスは日本よりもセックスに対して赤裸々な面があり、映画にもそういった点が反映されています。中には最初から最後までセックスだらけなんて映画までありますよ。

この記事を読めば、

  • フランス映画の過激さがわかる
  • フランス映画のエロいポイントがわかる
  • おすすめのエロいフランス映画がわかる

上記のことがわかるので、エロいフランス映画に興味津々なら是非記事を最後まで読んでみてください。

中には過激でバイオレンスな作品もあり、苦手な人だと気分が悪くなる可能性もあるので注意してくださいね。

「気軽にセックスしたい」

そんな人には「ワクワクメール

女の子もエッチ目的で登録!セックス前提で出会えます。

掲示板でさくっと探せますよ。▼

\無料登録でエッチな女をチェック/

ワクワクメールに無料で登録(R18)

フランス映画はなぜエロい?フランス映画の特徴や濡れ場の過激さを解説!

フランス映画はなぜエロい?フランス映画の特徴や濡れ場の過激さを解説!
一般的なフランス映画自体、世界観がオシャレながらも大胆なエロシーン・濡れ場が出てくるようなものが多いです。おしゃれな世界観&エロの両方を映画の中で堪能することができますね。

エロいフランス映画の中でも特に多いのが「不倫」をメインテーマにしているものです。フランス人の奥さんが夫とは別の男に寝取られてしまうような、背徳感高めの展開になることが多いですね。

ここからはエロいフランス映画の特徴についてご紹介していきます。

フランス映画のここがエロい!特徴を紹介。

エロいフランス映画の特徴としては、以下の3つが挙げられます。

  • 基本「不倫」がテーマ
  • 情熱的なセックスシーンが楽しめる
  • 芸術的にもレベルが高い

前項でも話しましたが、エロいフランス映画は大体の場合「不倫」がテーマとなっている場合が多いです。ですが、邦画のようなドロドロした感じではなく、お互いを激しく求め合う情熱的なセックスシーンが描かれています

有名な画家なども多いフランスは「芸術の国」と呼ばれており、エロい映画でも芸術性が高いですね。出演している俳優や女優がきれいなだけでなく、景色や街の様子が美しい点にも注目です。

フランスのエロい映画はおすすめ?おすすめする理由を解説!

フランスのエロい映画はおすすめ?おすすめする理由を解説!
フランスのエロい映画をおすすめする理由としては、以下の2つが挙げられます。

  • セックスシーンが過激
  • セックスシーンが多い

フランスは日本よりも開放的な国柄であるため、エロいフランス映画には意外と過激なセックスシーンが多いです。オシャレさを感じつつ過激なセックスシーンを楽しみたい方にはぴったりですね。

もう一つエロいフランス映画は、邦画や洋画よりもセックスシーンが多いです。どのセックスシーンも過激で、作品によってはAVやアダルト動画よりもぬけるものがありますよ。

フランスの濡れ場があるエロい映画20選!比較表で解説!

以下はフランスの濡れ場があるエロい映画20本を比較した一覧表です。

作品名上映時間エロさ
エマニエル夫人94分★★★★★
愛を綴る女120分★★★★☆
アデル、ブルーは熱い色179分★★★☆☆
素直な悪女95分★★★★☆
危険な関係110分★★★★★
昼顔101分★★★★★
愛人 ラマン116分★★★☆☆
ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ90分★★★☆☆
LOVE 【3D】135分★★★★☆
ベティ・ブルー 愛と激情の日々120分★★★★★
スイミング・プール102分★★★☆☆
かげろう95分★★★★☆
グランド・セントラル94分★★★★★
ファインダーの中の欲望93分★★★★☆
ポーラX134分★★★★★
告白 ファミリーレポート89分★★★★☆
ボヴァリー夫人とパン屋99分★★★☆☆
ロマンスX84分★★★★★
ベーゼ・モア74分★★★☆☆
危険な戯れ109分★★★★☆

ここからは上記比較表に記載した作品を、上から順番に内容や濡れ場・セックスシーンをご紹介していきます。どの作品もフランス映画っぽいオシャレさと共に、大胆な濡れ場・セックスシーンが描かれています。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画1:エマニエル夫人

エマニエル夫人
(引用元:IMDb)

作品名エマニエル夫人
上映時間94分
エロさ★★★★★

エロいフランス映画の代表作と言えば、真っ先に挙げられるのが「エマニエル夫人」です。タイのバンコクを舞台にフランス人のセレブ人妻エマニエル夫人が、性知識0からエキスパートへの成長を描いた物語です。

バンコクで暮らす外交官の妻エマニエルは、幸福で平穏な日常を退屈に感じていた。ある日彼女は知人に紹介されて「性の儀式」を受け入れることになり、その日から徐々に自身の秘めた欲望を解放し始めます。

エマニエル夫人の濡れ場、セックスシーンを紹介!

エマニエル夫人2
外交官の夫であるマリオからの指示で、空を飛ぶ飛行機内で知らない男とセックスしちゃうシーンは見ものですね。キレイな顔立ちのエマニエル夫人から想像できないほどの舌使いを披露してくれちゃってます。

日本のポルノ映画などではあまり考えられない、女性同士のレズシーンもあります。特に濃厚なディープキスシーンは、男性とのディープキスシーンよりもエロさを感じますよ。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画2:愛を綴る女

愛を綴る女
(引用元:IMDb)

作品名愛を綴る女
上映時間120分
エロさ★★★★☆

エマニエル夫人はかなり古い映画ですが、こちらは2016年公開で比較的新しい恋愛映画です。恋となると前のめりになってしまう主人公・ガブリエルが失恋してしまい、そこから巻き起こす騒動が物語になっています

失恋したガブリエルの様子を重く感じた母は、娘を強引に結婚させるも夫とは仮面夫婦状態となり、ついには流産まで。更に腎臓結石だとわかり、療養施設で温泉治療するのですがそこで将校のアンドレと出会い恋人関係になっていきます。

愛を綴る女の濡れ場、セックスシーンを紹介!

愛を綴る女2
この映画の面白いところは無理やり結婚させられた夫ジョゼとの機械的なセックスシーンと、アンドレとの情熱的なセックスシーンを見比べることができるところです。「あなたを愛さない」とまで宣言したガブリエルは、ジョゼとのセックスでは機械的で冷めたセックスを見せます。

しかし、治療施設で出会ったアンドレに対してガブリエルは情熱的なセックスを披露。実はこの作品アンドレとガブリエルに関するある秘密をジョゼが持っており、それが終盤で明かされるという恋愛物語としても面白い仕掛けになっています。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画3:アデル、ブルーは熱い色

アデル、ブルーは熱い色
(引用元:IMDb)

作品名アデル、ブルーは熱い色
上映時間179分
エロさ★★★☆☆

こちらは2013年に公開された作品で、エロいフランス映画なのですがテーマがLGBTとなっており、女性同士のレズがメインですね。一般的な女子高生のアデルが青髪のエマに一目惚れし、レズビアンに目覚めていく話です。

男性と付き合いを重ねてみるものの、どうしても本気になれないアデルはある日、交差点で青髪のエマを見て惚れてしまいます。後日アデルはエマとレズビアンバーで再開し、その日からどんどん彼女に魅了されていき…。

アデル、ブルーは熱い色の濡れ場、セックスシーンを紹介!

アデル、ブルーは熱い色2
基本的に濡れ場・セックスシーンはレズシーンなのですが、その中でも話題になったのは10分間にも及ぶレズセックスシーンです。アデルが口でエマの身体を愛撫するシーンは、情熱的で好きな人にはたまりません。

このレズセックスシーンがあまりも長すぎて、カンヌ国際映画祭で上映された際は、途中で観客が退場したことが話題となりました。この映画時間としては約3時間もあり、その殆どはレズセックスシーンと主役二人の恋愛模様が描かれています。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画4:素直な悪女

素直な悪女
(引用元:IMDb)

作品名素直な悪女
上映時間95分
エロさ★★★★☆

ボン・キュッ・ボンのボディとブロンドの長髪がたまらないブリジット・バルドーが主演を努めた「素直な悪女」は、エロ満載のフランス映画です。人妻ジュリエットが義兄との不倫セックスに溺れていくお話ですね。

魅力的な女ジュリエットは酒場の息子アントワーヌと付き合ったものの遊ばれてしまい、その腹いせに弟ミシェルと結婚してしまいます。ミシェルが不在中海で溺れたジュリエットをアントワーヌが助け、そこでジュリエットはアントワーヌに惚れてしまい一線を超えてしまいます。

素直な悪女の濡れ場、セックスシーンを紹介!

素直な悪女2
特に見どころなのがアントワーヌが溺れるジュリエットを助けた後のシーンで、びしょ濡れた服のまま二人が激しく抱き合うシーンですね。義兄妹の関係で抑制していたものが溢れ出るようなシーンで、背徳感がより興奮させてくれます。

その後もジュリエットは家の中や外で大胆にアントワーヌとセックスを重ねていきます。エマニエル夫人並に古い映画なのですが、2021年現在でもぬけちゃうような濡れ場・セックスシーンが多数ありますよ。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画5:危険な関係

危険な関係
(引用元:映画「危険な関係」オフィシャルサイト)

作品名危険な関係
上映時間110分
エロさ★★★★★

こちらも古めのフランス映画で、パリの上流社会では高評価のヴァルモン夫妻が登場しています。一般的な夫婦生活では物足りなくなったヴァルモン夫妻が、お互いに多数の愛人を作り刺激的な生活を送っていく話ですね。

妻のジュリエットは愛人のジェリーがセシルと夫婦になったことを知り、なんと夫にセシルを抱かせてからジェリーとの結婚を計画します。このように寝取りや寝取らせといった背徳感の多いマニアックな作品です。

危険な関係の濡れ場、セックスシーンを紹介!

危険な関係2
夫ヴァルモンは人妻どころか自身の姪まで手を出し、次々とセックスしていくところが描かれています。それをクールに見守る妻ジュリエットがまたなんとも言えませんね。

勿論ジュリエットも男を何人も作ってセックス三昧、更には夫に愛人の妻を寝取らせるなど過激な行動に出て、これに夫ものってきます。夫婦揃って背徳感たっぷりなセックスシーンは抜きどころ満載ですよ。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画6:昼顔

昼顔(1967)
(引用元:IMDb)

作品名昼顔
上映時間101分
エロさ★★★★★

こちらの昼顔も古いフランス映画で、ヴェネツィア国際映画祭で最高となる金獅子賞を受賞した作品です。エリート医師の妻セヴリーヌが友達の誘いで高級娼婦デビューして、その道に足を踏み入れていく作品ですね。

エリート医師のピエールと結婚したセヴリーヌだが、平凡な日々に飽きてしまい友人に誘われて上流階級専門の高級娼婦デビューします。セヴリーヌにはマゾかつ妄想癖の一面があり、娼婦になったことで妄想と現実の深みにどんどんとハマっていきます。

昼顔の濡れ場、セックスシーンを紹介!

昼顔(1967)2
映画の序盤からセヴリーヌが馬車の運転手に襲われて、夫の目の前で犯される過激なシーンがたまりませんね。彼女の妄想によるもので現実に起こったわけではないのですが、代表的な寝取られシーンになっていて興奮度が高いです。

またセヴリーヌは幼少期に男から性的な陵辱を受けており、それを改装するシーンがやけにエロく感じます。セックスシーンの多い映画ですが、幼少期の陵辱シーンもぬけるシーンとしておすすめですよ。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画7:愛人 ラマン

愛人 ラマン
(引用元:IMDb)

作品名愛人 ラマン
上映時間116分
エロさ★★★☆☆

こちらの作品は1929年にフランスの植民地となっていたインドシナが舞台の恋愛映画です。貧乏ですが小柄で巨乳の美少女が、裕福な中国人青年の経済的な援助を受けるために援助交際するとこから始まる物語ですね。

ベトナムで暮らす貧しい巨乳美少女ジェーンは、メコン川で偶然で出会った中国人青年に声をかけられ援助交際が始まります。最初は快楽とお金のために割り切った関係でしたが、巨乳美少女と中国人青年は次第に惹かれ合い始めます。

愛人 ラマンの濡れ場、セックスシーンを紹介!

愛人 ラマン2
この映画は「愛を綴る女」と似たように機械的にセックスしているシーンと、情熱的にセックスしているシーンが描かれています。愛を綴る女と違うのはセックスの相手が別人ではなく、どちらも中国人青年であることですね。

中国人青年側も最初はただのセックス相手ぐらいにしか扱っていませんが、早い段階で片思いし始めます。物語の展開に合わせて、セックスシーンが情熱的になっていくのがまた見どころです。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画8:ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ

ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ
(引用元:映画「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」公式)

作品名ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ
上映時間90分
エロさ★★★☆☆

「素直な悪女」もそうなのですが、ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュも監督を夫が務めて、主演を妻のバーキンが演じている作品です。ボーイッシュな少女ジェニーがゴミ運搬業者の男クラスキーに一目惚れし、彼との恋模様が描かれるお話ですね。

カフェで働くボーイッシュな少女ジェニーはある日店を訪れたゴミ運搬業者の男クラスキーに声をかけられて一目惚れします。クラスキーがゲイであるとわかったものの、ジェニーは諦めきれず「わたしは男よ」とお尻まで差し出しクラスキーと付き合い始めます。

ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュの濡れ場、セックスシーンを紹介!

ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ2
ダンスパーティーのシーンではクラスキーとジョニーがセックスまで行きそうな雰囲気があるもののならずに終わってしまいます。その後のジョニーがカフェの奥でオナニーするシーンがエロくてたまらないですね。

その後もクラスキーとジョニーはなかなかセックスが上手くいきませんが、ついに廃車置場にあったトラックの荷台でセックスします。ストーリーも含めてこのセックスシーンが、なんとも言えないぐらい興奮させてくれますよ。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画9:LOVE 【3D】

LOVE【3D】
(引用元:IMDb)
比較表の項目で表を作成してください。

作品名LOVE 【3D】
上映時間135分
エロさ★★★★☆

これまで少し古めの映画を多く紹介してきましたが、こちらは2015年にカンヌで賛否両論を巻き起こした作品です。妻子がいる身の主人公マーフィーが元カノであるエレクトラとのセックスを回想するお話で、しかも3Dで描かれていますね。

若妻と幼い息子と三人で暮らすマーフィーは、育児のこともあって妻オミとの生活があまりうまくいっていません。そんなある日留守番電話から元カノ・エレクトラの母親の「娘が行方不明だ」というメッセージが再生され、彼はエレクトラと過ごした日々を回想し始めます。

LOVE 【3D】の濡れ場、セックスシーンを紹介!

LOVE【3D】2
やはり見どころはマーフィーとエレクトラのセックスシーンで、実際に主演の二人がガチハメセックスしていると話題になりました。マーフィーのチンポを手コキするエレクトラに対して、手マンでお返しするなど激エロなシーンが多いです。

日本版だと修正されていますが、フランス版だと無修正となっている挿入シーンは、どう見てもエレクトラのマンコにマーフィーのチンポがハメられていますね。他にも洗面所で立ちバックや後々妻となるオミを加えた3Pシーンまであります。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画10:ベティ・ブルー 愛と激情の日々

ベティ・ブルー 愛と激情の日々
(引用元:映画.com)

作品名ベティ・ブルー 愛と激情の日々
上映時間120分
エロさ★★★★★

細めの身体には合わなほどの巨乳に厚めの唇が悩殺的な女優ベアトリス・ダルのデビュー作がこのベティ・ブルー 愛と激情の日々です。感情が強すぎて時には激昂していまうベティと、彼女を愛しているゾルグとの恋愛模様が描かれていますね。

感情が表に出やすいベティは彼氏であるゾルグが書いた素人小説の出版を断った編集者を、怒りで半殺しにしてしまうほど彼を愛しています。ゾルグもまたベティを愛しており、作品内では二人のセックスだらけの日々が描かれていきます。

ベティ・ブルー 愛と激情の日々の濡れ場、セックスシーンを紹介!

ベティ・ブルー 愛と激情の日々2
ベティとゾルグが二人でベッドの上抱き合い正常位セックスしているようなシーンはやはりエロいですね。ベティが裸エプロンでアイスキャンディーを舐めるなど、セックス以外にもベアトリス・ダルの激エロシーン満載ですね。

自宅のベッドで二人でセックスしていると、見ず知らずのおっさんに覗かれているなどちょっとしたエロコメディシーンもあります。波乱万丈でセックスまみれの二人の物語は、最後に感度を生み出します。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画11:スイミング・プール

スイミング・プール
(引用元:IMDb)

作品名スイミング・プール
上映時間102分
エロさ★★★☆☆

こちらは2003年に公開された映画で、推理小説家の主人公サラをシャーロットラプリングが演じています。推理小説家サラが、フランスの片田舎で奇妙な同居生活に巻き込まれるミステリー映画ですね。

次回作が書けずスランプ気味だったサラは出版社へ行き、編集長のジョンにシリーズの次回作が書けないと話します。ジョンはサラに自身が所有するフランスの別荘に行くことを提案、サラはそこでジョンの娘だというジュリーと出会い、二人の奇妙な同居生活が始まります。

スイミング・プールの濡れ場、セックスシーンを紹介!

スイミング・プール2
主人公のサラは初老ぐらいの年齢の女性であるため彼女のセックスシーンはありませんが、代わりに派手で若いジュリーのセックスシーンがあります。夜中に男を家に連れ込み同居人がいるのにソファでセックスとか、現代っぽさがありますね。

ミステリーなので殺人が発生するのですが、殺人をごまかすために全裸で管理人を誘惑するサラの全裸がなんだか余計にエロく見えます。内容的にはミステリーよりでエロからちょっと遠いですが、セックスシーンはなかなか楽しめますよ。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画12:かげろう

かげろう
(引用元:UNIFRANCE)

作品名かげろう
上映時間95分
エロさ★★★★☆

2003年に公開された「かげろう」は戦争で夫を失った未亡人が、ドイツ軍から逃げる途中に出会った美少年と肉体関係になる話です。未亡人オディール役を演じるエマニュエル・ベアールの色気が際立つ作品ですよ。

戦争で夫を失いながらも二人の子供を育てていたオディールは、ドイツ軍に追われて子供たちと南フランスに向かう途中、17歳の美少年イヴァンと出会います。オディールは始めイヴァンを警戒しますが、共に暮らし始めるとやがてお互いに心を許し始めます。

かげろうの濡れ場、セックスシーンを紹介!

かげろう2
オディールが二人も子供がいる未亡人でありイヴァンが17歳の少年なので、ちょっとしたショタっぽい面もある作品ですね。二人が初めて一線を超えるシーンがあるのですが、イヴァンのセリフなどからアナルセックスしているらしい描写がなんとも言えません。

17歳の美しすぎる少年とアラサーの色気だつ未亡人のセックスシーンは、意外とサラッとしてるのがちょっと残念でした。ただオディールの入浴シーンは彼女が母親から女に戻る感じになっており、演出にエロスを感じられてたまりませんよ。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画13:グランド・セントラル

グランド・セントラル
(引用元:IMDb)

作品名グランド・セントラル
上映時間94分
エロさ★★★★★

こちらも2013年公開と比較的新し目の恋愛映画で、カンヌでは「ある視点部門賞」を受賞しています。原発作業員ゲイリーが人妻キャロルと、ひと目を盗んで不倫セックスしちゃうお話です。

財布をすられて文無しとなったゲイリーは、原発作業員として定期検査の仕事をすることになり、ベテラン作業員トニーの婚約者キャロルと知り合います。二人は惹かれ合いトニーの目を盗んで不倫セックスし始めます。

グランド・セントラルの濡れ場、セックスシーンを紹介!

グランド・セントラル2
見どころはトニーの目を盗んで、二人で人目のない場所で行うセックスシーンですね。隠れて行う背徳感の高い不倫セックスは原発被爆の恐怖と相まって、尚更興奮度が高まりますね。

何度も隠れて行われる不倫セックスシーンは、見ている側は興奮できてたまりません。ですが、終盤は原発の被爆が大いに絡んだ内容となっており、ちょっと怖い感じになっている点に注意が必要です。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画14:ファインダーの中の欲望

ファインダーの中の欲望
(引用元:IMDb)

作品名ファインダーの中の欲望
上映時間93分
エロさ★★★★☆

2007年に公開されたこの作品は、スイミング・プールと同じく主人公本人のセックスが中心になっていない作品です。中東を旅するカメラマンのトマが、途中で出会ったレバノン人フォアドの秘密を探っていく映画です。

平凡な生活と妻子まで捨てて中等を旅していたカメランのトマは、その途中謎のレバノン人フォアドと知り合います。ファインダー越しにフォアドと娼婦のセックスを見ていたトマは、次第に記憶を失ったフォアドの過去が気になり探り始めます。

ファインダーの中の欲望の濡れ場、セックスシーンを紹介!

ファインダーの中の欲望2
濡れ場・セックスシーンとなるフォアドと娼婦のセックス現場をファインダー越しでトマが覗いている様子が、なんだか余計にエロく感じられますね。普通の描き方ではなく、ファインダー越しになっているのがポイントです。

フォアドだけでなく主人公のトマも映画の中心ではないですが、自ら旅をして女性とセックスしているのを自撮りしているシーンがあります。男優二人それぞれの女性との絡みがエロく、男優自体にもセクシーさを感じる作品ですね。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画15:ポーラX

ポーラX
(引用元:IMDb)

作品名ポーラX
上映時間134分
エロさ★★★★★

こちらは1999年に公開された映画で、「汚れた血」などで有名なレオス・カラックス監督8年ぶりの作品です。人気小説家ピエールが突如現れた姉かもしれない黒髪女性イザベルと堕ちていく恋愛物語ですね。

ノルマンディーに暮らす人気小説家ピエールはリュシーとの結婚を間近に控えていましたが、ある日彼の目の前に異母姉を名乗るイザベルが現れます。彼女の姿に何かを感じたピエールは、家を飛び出してイザベルと行動を共にし始めます。

ポーラXの濡れ場、セックスシーンを紹介!

ポーラX2
物語最大の見所は終盤の方にあるイザベルとピエールの近親相姦セックスシーンですね。満身創痍のピエールはイザベルの膝に横たわって甘え、そのまま激しい口づけをすると裸になって抱き合い始めます。

ピエールはイザベルを激しく手マンして絶頂させ、更にクンニまでしたらつにチンポをカノジョのマンコへと挿入します。このセックスシーンは「実際に挿入した」という逸話ができるほど、リアリティの高いシーンになっていますね。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画16:告白 ファミリーレポート

告白 ファミリーレポート
(引用元:IMDb)

作品名告白 ファミリーレポート
上映時間89分
エロさ★★★★☆

こちらは2012年公開で、とにかくフランス人がセックスする場面が連続しており、彼らのセックス事情が描かれた映画です。18歳童貞の青年が主人公で、彼の視点で家族を通して世代別のセックス事情が垣間見える作品ですね。

18歳の青年が友達にそそのかされて学校でのオナニーシーンを自撮りしているのを、教師に見つかって停学処分になります。気がつけば両親や祖父・兄・養女まで家族全員相手がいてセックスを楽しんでいる現実に、焦りと苛立ちを覚えますが、そんな彼にも彼女ができ初セックスとなります。

告白 ファミリーレポートの濡れ場、セックスシーンを紹介!

告白 ファミリーレポート2
フランス版のみになりますが冒頭から女性器のアップという強烈なシーンで始まる映画です。家族三世代それぞれのセックスシーンが描かれており、特に刺激的なのが森の中で兄が恋人とセックスするところですね。

お互いの性器を刺激しながら激しいディープキスをし、そのまま正常位で満足できるまで何度もピストン、それでも収まらず射精後のチンポを加えて再び勃起させて更にセックスします。他にも主人公と彼女のハメ撮りシーンなど、恋愛部分よりもひたすらセックスシーンの多い映画になっています。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画17:ボヴァリー夫人とパン屋

ボヴァリー夫人とパン屋
(引用元:ボヴァリー夫人とパン屋)

作品名ボヴァリー夫人とパン屋
上映時間99分
エロさ★★★☆☆

フランス文学の古典として有名な「ボヴァリー夫人」を原作とした作品が、「ボヴァリー夫人とパン屋」です。自由奔放を絵に描いたような夫人が、青年ニルヴェとの不倫に溺れていく映画ですね。

小さな村でパン屋を営む初老の男マルタンの家の隣に、ある日イギリス人夫婦が引っ越してきます。引っ越してきた夫人ジュマ・ボヴァリーは、村の一番大きな屋敷に帰ってきた青年ニルヴェと、不倫関係になっていきその様子を傍観していたマルタンも次第に関わっていきます。

ボヴァリー夫人とパン屋の濡れ場、セックスシーンを紹介!

ボヴァリー夫人とパン屋2
ジュマと二ルヴェは不倫関係となり、彼の屋敷でセックスを楽しむシーンがエロくてたまりませんね。ソファに座っているニルヴェにまたがっていやらしく腰をグラインドさせるジェマが、普通のAVを見るよりもエロくて刺激的です。

別のシーンでは黒い下着にトレンチコートの姿でニルヴェの屋敷へと行き、目の前で脱いでその場でセックスを始めちゃいます。テーブルをベッド代わりに激しくハメられ感じるジェマの姿がまたそそられますね。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画18:ロマンスX

ロマンスX
(引用元:IMDb)

作品名ロマンスX
上映時間84分
エロさ★★★★★

脚本・監督のカトリーヌ・プレイヤが書いた小説を映画化し、女性視点で描いているのがロマンスXです。教師のマリーが彼氏以外にバーで出会った男や学校の校長と肉体関係を持っていくお話ですね。

モデルのポールと付き合って三ヶ月経つ小学校教師マリーですが、彼とは上手くいっておらずセックスレス状態になっています。そんな時バーで出会ったパオロや学校の校長ロベールと次々肉体関係になってしまいますが、それと同時にポールの子供を身ごもります。

ロマンスXの濡れ場、セックスシーンを紹介!

ロマンスX2
背徳感のある浮気セックスは監督自ら「本当に挿入している」と公言しているほど、リアルにエロいシーンです。パオロとマリーの濡れ場では、挿入前のコンドームを付けるところから始まって、バックでハメているのですが挿入するところがめちゃくちゃリアルです。

校長とのセックスシーンになるとマリーが縛られてしまう緊縛プレイが描かれていてこれまたエロいです。出産シーンではマリーのマンコがドアップになるなど、フランス映画らしくエロいシーンが満載ですね。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画19:ベーゼ・モア

ベーゼ・モア
(引用元:IMDb)

作品名ベーゼ・モア
上映時間74分
エロさ★★★☆☆

セックスシーン・濡れ場のあるフランス映画ですが、それ以上に暴力や殺人といったバイオレンスなシーンが衝撃的なのがこのベーゼ・モアです。娼婦のナディーヌと無職のマニュの貧乏ガール二人が、殺人とセックスを繰り返して逃避行をする物語ですね。

娼婦のナディーヌは同居しているルームメイトと喧嘩し殺害、無職のマニュは兄に罵られて衝動的に射殺してしまいます。お互いに殺人を犯した二人は意気投合し、行く先々で強盗や殺人の犯罪とセックスを繰り返して逃避行していきます。

ベーゼ・モアの濡れ場、セックスシーンを紹介!

ベーゼ・モア2
序盤の濡れ場・セックスシーンとしてはマニュが友達と共に男達にレイプされるところで、バイオレンスが平気な人じゃないと見てられないかもしれませんね。その後も毎晩二人で男を誘惑しセックスするシーンが結構出てきます

ただしこの映画で注意したいのは、気に入らない男を二人が容赦なく銃などを使って殺していくバイオレンスなところです。ついには薬の売人のチンポを食いちぎるシーンなどもあり、グロに耐性が無い人にはおすすめできないですね。

フランスの濡れ場があるおすすめ映画20:危険な戯れ

危険な戯れ
(引用元:Amazon)

作品名危険な戯れ
上映時間109分
エロさ★★★★☆

危険な戯れは1975年に公開された作品ですが、非常にクセが強く見る人を選ぶ作品です。富豪の娘カロリナが誘拐され、娼館に監禁されてそこでサディスティックな倒錯世界が描かれる作品ですね。

とある銀行家の元に彼の一人娘を誘拐したと脅迫を受けますが、確認したところ娘は誘拐されていなかった。心配した銀行家は探偵に頼んで娘を安全な場所に匿おうとしますが、彼女が連れて行かれたのは犯罪組織が運営する高級売春宿だったのです。

本当に若い娘の濡れ場、セックスシーンを紹介!

危険な戯れ2
縄や鞭に犬まで使って描かれるハードなセックスシーンが見もので、サディスティックな倒錯世界といった言葉がぴったりです。本当にクセが強い映画で、見る人を選びますね。

エマニエル夫人のシルヴィア・クリステルなど70年代ヨーロッパ映画に出演していたセクシー女優達が共演しているのも、知っている人なら興奮間違いなしです。濡れ場やセックスシーンもありますが、独特の世界観に引き込まれていくような作品になっています。

フランスの濡れ場があるエロい映画まとめ

エロいフランス映画の特徴として以下のような点が見られました。

  • 不倫・浮気のような背徳感のあるセックスシーンが多い
  • 明るく見せておいてエグい結末が多い

フランスのエロ小説でも多く見られる特徴で、映画でもやはり不倫・浮気が題材になっているものが多かったですね。見ている方はこういった内容のほうが背徳感が高く興奮しやすいと考えられます。

もう一つ多かったのが中盤まで明るく見せておいて、結末や展開がエグい作品です。最終的には恋人を殺して終わるなど、後味が悪いものもあり、閲覧には注意が必要ですね。

エロいフランス映画は日本よりも性に対して赤裸々な点が多く反映されています。おしゃれな雰囲気・世界観と共にセックスシーンも楽しみたいなら、是非エロいフランス映画を堪能してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました