ハッテン場

新宿のハッテン場!ゲイに人気のハッテン場10選を紹介!

「新宿でおすすめのハッテン場は?」
「特にゲイが集まる新宿のハッテン場を教えて欲しい」

新宿のハッテン場でお悩みですか?大都会である東京の中でも特に若者が多く集まる新宿ですが、人知れずゲイが集まってくるハッテン場も多数存在しています。他県よりもゲイの人工が多いため、ハッテン場の数も多いですね。

また新宿のハッテン場には人が集まりやすいのと同時に、終電まで楽しんでいる人も多いため24時間営業になっているような店も多いです。終電を逃した人に対しても宿泊や朝まで居ることが出来るようになっているなど、優しい対応をしてくれるハッテン場を結構見ますね。

この記事を読めば、

  • 新宿のハッテン場の特徴について
  • 新宿のハッテン場がどんな人におすすめかについて
  • おすすめの新宿のハッテン場情報について

上記のようなことがわかるので、新宿でハッテン場を探しているなら、記事を隅々まで読めばハッテン場に関する情報を沢山得られますよ。

新宿ではゲイが集まりやすいゲイバーなどのお店がハッテン場となっており、特にガチムチ体系のゲイが集まってきている傾向ですね。

life⑰

同性でも異性でも出会いを求めるなら。

掲示板で出会えるワクワクメール!!

\今なら1200円分の無料ポイントget!/ワクワクメールに無料で登録する(R18)

新宿のハッテン場!新宿にハッテン場はあるの?

新宿のハッテン場!新宿にハッテン場はあるの?
東京の新宿は他の地域よりもよりゲイの人達が集まってきやすい「新宿二丁目」がある影響で、ハッテン場も多数存在しています。幅広いゲイの人達が集まっているのですが、その中でもハッテン場に多く訪れるのがガチムチ系のゲイですね。

勿論ガチムチ系のゲイだけではなく、若いゲイの子や一見ノンケっぽい子などもハッテン場を利用していますが、比率的にガチムチ系が多いです。新宿二丁目から流れてくる人が多いので、ハッテン場の殆どは新宿二丁目からのアクセスが良好な場合が多いです。

ハッテン場の場所によっては新宿二丁目と新宿三丁目のどちらからもアクセスがしやすくなっているような好立地なところもあります。とにかく新宿にはゲイの人達が朝まで遊べるようなハッテン場が、多数存在しています。

新宿のハッテン場の特徴は?

新宿にあるハッテン葉の特徴としては、その殆どがゲイバーやビデオボックスといったゲイが限定で利用できるお店であることです。他県だと夜中に集まりやすい公園のトイレなんかがハッテン場になりやすいですが、新宿だとゲイのために朝まで営業しているようなお店がハッテン場になりやすいですね。

これは大都会東京の中心地となっている新宿では、LGBTに対して理解を示し専用で利用できるお店が増えてきているからです。ゲイの街「新宿二丁目」が存在していることも、少なからず影響していると考えられます。

新宿のハッテン場はどんな人におすすめ?

ガタイの良いゲイの人を指す「ガチムチ系」が新宿のハッテン場をよく利用していますが、それ以外にもぽっちゃりやデブのゲイの人もよく利用しています。これらの人達をまとめてGMPDと呼んでおり、新宿にはGMPD専用のハッテン場なんかもありますね。

なので、新宿のハッテン場にはガチムチやぽっちゃり・デブといった身体の大きなゲイの人達が集まってハッテンにまで至っています。身体の大きめなゲイの人達と出会ってハッテンにまで至りたい人には、新宿のハッテン場が特におすすめです。

新宿のハッテン場1:24会館新宿店

24会館新宿店

住所 東京都新宿区新宿2丁目13−1
アクセス方法 新宿三丁目駅 C8出口から徒歩3分
営業時間 24時間営業
料金 2,400円~
公式サイト http://www.juno.dti.ne.jp/~kazuo24/shinjyuku/shinjyuku.htm
電話番号 03-3354-2424

都内には数箇所存在している24会館は、都内在住のゲイであれば知らない人は居ないぐらい有名なハッテン場です。特に新宿で営業している24会館は新宿二丁目にあるので、アクセスが好くて頻繁に利用しているゲイの人も多いですね。

24会館は宿泊ができるようになっているので、ハッテン場で盛り上がりすぎて終電を逃しても安心して遊ぶことができます。最近では年齢層の幅が広がっているだけでなく、外国人利用も多くてより様々なゲイと出会うことが可能になっています。

24会館新宿店の口コミ・評判を解説!

終電逃してもここだと宿泊できるから、結構利用していることが多いハッテン場になってる

昔は日本人が多かったけど最近は外国人のゲイとも出会えるようになった

都内にいくつかあるんだけど新宿店は新宿2丁目に近くて便利

どこの24会館も名前の通り24時間営業となっているため、朝までハッテンを楽しんで盛り上がっているような人が多くいます。最近は本当に外国人利用者が増えてきており、外国人のゲイと遊びたい人もよく集まってきていますね。

新宿のハッテン場2:雷神

雷神

住所 新宿区歌舞伎町1-11-11 木村ビル3F
アクセス方法 JR・地下鉄・私鉄各線「新宿駅」より徒歩約8分
営業時間 12時~23時
料金 1,500円
公式サイト http://raijin-tokyo.com/
電話番号 070-6519-8806

こちらの雷神では20代~40代ぐらいのゲイの方が中心に集まっており、日替わりとなっているコンセプトを楽しむハッテン場となっています。そのためノリ重視で楽しむことができる上級者向けのハッテン場になっていますね。

コンセプトに関しては曜日で異なっており、ゲイが集まりやすい土日では週替りのイベントが開催されていてノリの良いゲイの人達に人気です。開催されているイベントに関してはお店のWEBサイトにて告知されていますので、気になる方はチェックしておきましょう。

雷神の口コミ・評判を解説!

ただのハッテン場じゃなくて日毎に違うコンセプトになってるの面白い

土日は週替りのイベントやってるんだけど、ノリの良いゲイが集まってきて楽しいよ

ここは上級者向け過ぎて初心者・中級者はちょっと利用しにくいね

週替りのイベントや日ごとのコンセプトを楽しむハッテン場になっているため、そういった仕組みを知らないと戸惑いやすいですね。イベントやコンセプトがあるため、必然的に上級者向けの場所となっており、初心者や中級者にはあまり向いていないハッテン場です。

新宿のハッテン場3:BodyBreath!(ボディプレス)

BodyBreath!(ボディプレス)

住所 東京都新宿区新宿5丁目2−1 地下1階 番衆ビル
アクセス方法 東京メトロ丸の内線・新宿御苑駅(2番出口) 徒歩5分
営業時間 24時間営業
料金 1,500円
公式サイト http://www.bodybreath.jp/
電話番号 3-6457-8500

新宿二丁目からのアクセスが良好なBodyBreath!は、短髪系20代~30代前半の若いゲイがよく利用しているハッテン場です。お店のWEBサイトが日本語を含めた6ヶ国語に対応しているため、様々な国のゲイが集まってきやすいですね。

お店には常時店員さんがおり、利用の仕方がわからないような初利用の方にも「初利用ですか?」と声をかけて親切に利用方法を教えてくれます。新宿で初心者向けのハッテン場を探しているなら、BodyBreath!がおすすめです。

BodyBreath!(ボディプレス)の口コミ・評判を解説!

公式サイトが6ヶ国語対応だからなのか、様々な国のゲイが集まってきやすいね

20代・30代の若い子がよく利用してるから若い子好きゲイにおすすめ

店員さん優しくて初利用でもちゃんと案内してもらえるよ

20代~30代の若いゲイも利用が多いですが、BodyBreath!で目立つのはやはり外国人ゲイの方でグローバル感がありますね。店員の方が初利用の方に積極的に声をかけて案内してくれるなど、初心者に優しいハッテン場になっています。

新宿のハッテン場4:新宿CaveX(ケーブエックス)

新宿CaveX(ケーブエックス)

住所 東京都新宿区新宿5-9-6 UIビル 1F
アクセス方法 新宿三丁目駅から徒歩約5分
営業時間 平日13時〜23時
金曜13時〜日曜23時まで連続営業
料金 1,500円
公式サイト https://shinjukucave.tokyo/data/
電話番号 03-5925-8195

こちらの新宿CaveXも新宿二丁目からアクセス良好な場所で営業しているハッテン場で、GMPD専門となっています。ガチムチ系にぽっちゃりやデブといった身体の大きなゲイが好きな方にとっては、たまらない場所となっていますね。

GMPD専用のハッテン場なのでGMPDの人やGMPD好きな人には需要がありますが、逆にそれ以外のゲイにはあまり需要がないです。自身がGMPDであったりGMPD好きなのであれば、新宿CaveXを一度利用してみるのがおすすめです。

新宿CaveX(ケーブエックス)の口コミ・評判を解説!

GMPD専門になってるから、GMPDの人以外はちょっと楽しめないかも

新宿2丁目から行きやすいから結構通ってる

GMPDの人かGMPDが好きな人が集まってるね

GMPDの人やGMPDが好きな人は結構多くて、新宿CaveXへ通っているようなゲイの方も少なくはないです。新宿二丁目からのアクセスが良好なので、GMPD専であるなら一度は利用してみたいハッテン場ですね。

新宿のハッテン場5:BEARS CAMP@新宿動物園(ベアーズキャンプ)

BEARS CAMP@新宿動物園(ベアーズキャンプ)

住所 東京都新宿区新宿5丁目2−1 ニュー番衆ビル B1
アクセス方法 新宿御苑駅(2番出口) から徒歩5分
営業時間 金曜日17時~23時
土日祝・祝前日12時~23時
料金 1,500円
公式サイト http://bearscamp.jp/
電話番号 03-6457-8477

GMPDだけでなくベア・ゴング系や単発・ノンケなど幅広いゲイの方々が集まっていて、最近人気となっているハッテン場がBEARS CAMP@新宿動物園です。ここ最近になって話題に上がることが多い場所となっており、興味を持ったゲイの方々よく集まっているようですね。

ここは先に紹介したBodyBreath!と併設された場所となっており、条件をクリアすればBodyBreath!と行き来きできるようになっています。営業日が金土日のみとなっていますので、営業日に関しては特に注意してください。

BEARS CAMP@新宿動物園(ベアーズキャンプ)の口コミ・評判を解説!

ここは年齢もジャンルも幅広いゲイの人達が集まってくるから、いろんなゲイと出会いやすい

週末のみ営業のハッテン場だから、平日サラリーマンとして働いている人の利用も多いね

営業日が絞られているからより人が集まりやすくて人気あるよ

BodyBreath!と行き来きできるのを利用して使い分けているゲイの方が多く、利用者の幅が広いのも特徴的です。営業日を金土日に絞っているため、仕事終わりのサラリーマンなんかもよくここを使っていますね。

新宿のハッテン場6:Men’s Club Meat(メンズクラブミート)

Men’s Club Meat(メンズクラブミート)

住所 東京都新宿区新宿1丁目13−4
アクセス方法 新宿御苑前から徒歩3分
営業時間 平日15時~22時
土曜13時~22時
日曜12時~21時
料金 1,500円
公式サイト https://meat-tokyo.jp/
電話番号 03-6873-4754

新宿御苑前駅近くでノリを重視したハッテン場となっているMen’s Club Meatには、ガタイの良いゲイがよく集まっています。4階建ての一軒家がまるっとハッテン場になっている珍しいタイプで、初めて訪れる人は大体の人がお店の外観に驚きますね。

ビジネス街にある一軒家がお店になっているため、わかりにくいのと同時に人目につきにくいため、人目が気になるゲイの方でも利用しやすいです。ジム通いしているようなゲイの人も多く、マッチョ系のゲイ好きにとっては興奮できるハッテン場です。

Men’s Club Meat(メンズクラブミート)の口コミ・評判を解説!

ビジネス街にある一軒家が入り口になっててちょっとわかりにくいかも

一軒家がまるっとハッテン場になってるから初めて使うとちょっと驚く

ここは新宿にあるハッテン場の中でもガタイのいい人がよく利用してる

新宿で営業しているハッテン場の中でも、体を鍛えているマッチョ系のゲイがより多く利用しており、そういったタイプが好きな方にとってはたまらない場所です。一軒家全てがハッテン場という斬新な造りが、周りにバレなくしているためここを利用している人も多いですね。

新宿のハッテン場7:DANRYO(ダンリョウ)

DANRYO(ダンリョウ)

住所 東京都新宿区新宿2丁目12-16
アクセス方法 新宿三丁目駅から徒歩約5分
営業時間 24時間営業
料金 1,500円
公式サイト https://www.danryo.com/
電話番号 03-6380-5990

新宿2丁目にあるハッテン場の中でも24時間営業でお酒も飲めるハッテン場として利用されているのがDANRYO(ダンリョウ)です。場所が新宿2丁目の中にあるので、アクセスしやすくてよりゲイの人達があつまっているようですね。

利用できるのは30代までの制限が設けられているため、利用しているゲイは30代までの若いゲイの子ばかりです。終電を逃してしまった若いゲイの子達が、大体朝までDANRYOを利用しているようなことが多いです。

DANRYO(ダンリョウ)の口コミ・評判を解説!

24時間営業で飲めるところだから、お酒を飲みに来る目的で利用するゲイの人も多い

30代までの制限あるから若いゲイの人と出会いやすいです

深夜は終電逃して朝まで飲む覚悟を決めた人が多かったよ

24時間営業で朝までお酒が飲めるのと同時に、新宿にあるハッテン場の中では一番新しいこともあって注目を集めているハッテン場です。終電を逃した人のために仮眠をとることができるようになっているのも、利用者が多い要因になっていますね。

新宿のハッテン場8:BACK DROP(バックドロップ)

BACK DROP(バックドロップ)

住所 東京都新宿区新宿2-17-1 サンフラワービル 4F
アクセス方法 新宿三丁目駅から徒歩約5分
営業時間 平日12時~23時半
金土日12時~翌6時(日のみ翌5時)
料金 1,300円
公式サイト http://backdrop.x.fc2.com/pc/index.html
電話番号 03-3351-5454

新宿にあるハッテン場の中では珍しくビデオボックス型となっており、年中無休かつ金土であれば24時間営業となっているのがBACK DROP(バックドロップ)です。こちらも新宿二丁目の中にあるためアクセスが良好で利用しやすい場所になっていますね。

割引によって安く利用できることもあるため、10代~20代の若い初心者ゲイの利用者が多いといった点も特徴的です。お店のスペース自体大きめでゆったりとしており、個室ではなく広めの休憩スペースを利用するような人も多いです。

BACK DROP(バックドロップ)の口コミ・評判を解説!

年中無休かつ金土は24時間営業だから、終電逃したらここ使うゲイの人多いね

珍しく10代のゲイとかいて年齢層が全体的に若い

パっと見ゲイってタイプよりもノンケに見えるような人が多いかな

新宿だとガチムチ系で体を鍛えているようなゲイの方が多いのですが、ここはノンケっぽい人の利用が多いです。他ではあまり見ない10代の子も多く、ガチムチよりも普通のタイプが好きな人にはたまらないハッテン場となっています。

新宿のハッテン場9:GLORY HOLE BAR 新宿

GLORY HOLE BAR 新宿

住所 東京都新宿区歌舞伎町2丁目45 若月ビル3F
アクセス方法 西武鉄道 西武新宿駅下車、北口より1分
営業時間 15時~24時
料金 1,500円
公式サイト http://www.gloryholebar.com/shinjuku/
電話番号 03-5817-8588

GLORY HOLE BARは新宿だけでなく上野にも存在しているハッテン場で、新宿は上野に続く二号店となっています。こちらはバーなのでカクテルなどのお酒を楽しめますが、それだけでなくお酒が飲めない人用にソフトドリンクも15種類ほど用意しています。

カウンター席でお酒を飲みながらお店を訪れたゲイを漁っている人が多く、良さそうな相手を見つけたら奥のスペースでハッテンするパターンが多いですね。新宿にあるハッテン場の中では新しめなところで、ゲイ達に徐々にですが人気が出てきています

GLORY HOLE BAR 新宿の口コミ・評判を解説!

バーだからお酒ばっかりのイメージあるけど、苦手な人用にソフトドリンクも種類豊富なのありがたい

カウンターで客を品定めしているゲイの人多い

上野にも同名店があって、日によって使い分けてる

テーブル席よりはカウンター席のほうが利用しやすいようで、カウンターで飲みながら相手となるゲイを探している人は多いです。上野にある一号店と両方を日によって使い分けている人もおり、常連さんも多いバーとなっていますね。

新宿のハッテン場10:DOCK(ドック)

住所 東京都新宿区新宿2-18-5 第2成光ビルB1
アクセス方法 新宿三丁目駅 C8出口から徒歩1分
営業時間 平時20時~
金土日21時~
料金 1,500円
公式サイト 無し
電話番号 03-3226-4006

ダークルームにDJブースなどの施設が豊富で、クルージングも可能となっているハッテン場がこちらのDOCK(ドック)ですね。お店が新宿2丁目にあるだけでなく、新宿三丁目からも近い好立地な場所で営業を行っています。

お店の中はアンダーウェアスタイルで利用できるようになっており、入場料が取られるもののドリンクが1杯つく仕組みになっています。GLORY HOLE BARと同じようにバーカウンターでお酒を飲みつつゲイを漁っているような人が多く見られますね。

DOCK(ドック)の口コミ・評判を解説!

ダークルームとかDJブースとか結構施設多い

アンダーウェアスタイルで入って無料のドリンク1杯つくのがいいね

クルージングなんかができるの面白い

他のハッテン場では見られないDJブースやクルージングなんかができるので、そこを面白がって集まってくるゲイも少なくないです。相手とうまく行けば店内のダークルームで楽しめるので、気軽にここを利用するゲイは多いですね。

新宿のハッテン場のまとめ

今回は新宿のハッテン場について以下のことがわかりました。

  • 新宿のハッテン場はガタイの良い人の利用が多い
  • 新宿のハッテン場はGMPD専用など変わった場所も多い
  • 新宿にあるハッテン場の殆どはバーなどお店になっている

新宿のハッテン場を利用している人の殆どは、体を鍛えているガチムチ系でガタイの良いゲイの方々でした。また新宿にはGMPD専用や一軒家がまるっとお店になっているなど、変わったハッテン場が多いのも特徴的でしたね。

他県だと公園にあるトイレなどがハッテン場になっていることが多いのですが、新宿にあるハッテン場の殆どはバーやビデオボックスといったお店になっています。新宿にはGMPDのような大きな体型のゲイが利用しているハッテン場が特に多いことがわかりましたね。

500円でJ○のセフレが作れる?!AV女優が暴露したセフレ作りの裏テク
男なら、若くて可愛いセフレが欲しいもの。
10代20代のセフレを合法的に作れる方法があるんです...。

アラフォーの自分が、18歳のセフレを500円で作った方法。周りからは、若いセフレってだけで羨ましがれます。

実は若い子ほど、彼氏とのセックスに不満な欲求不満な女性が多いんです。だから経験豊富な年上男性とのセックスを求めてるんです。

女性の性欲の捌け口になってるサイトを知っていれば、驚くほど簡単にあなたもセフレが作れます。



アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。
女性は友達にヤリマンだなんて思われたくない。だから、こっそりネットでセフレを探しています。

日本最大級の会員数2000万人を超える匿名のワクワクメール【18禁】。今までの出会い系だと、デート→ホテル→セックスが主流。

ワクワクメールは、セックスが目的。余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

セックス相手を募集している書き込みが多数。ワクワクメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「その他の掲示板」を見てください。



全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れてます。その数なんと1時間で40投稿以上

パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、簡単にセックスに持ち込めます


会うのは、お互い都合の良い駅前など。そのまま即ホテルに行きセックスの流れが基本。
ワクワクメールを使うと1,000円でセフレが作れた

結論、39歳の筆者は4,000円課金して2人のセフレをGET。1人目こそ3,000円位かかりました。慣れれば、1人500円近い値段でセフレが作れます。風俗と比べて圧倒的にコスパが良いです

たった1ヶ月でセフレをGET!面倒なやり取りもなしエロい女が多く、男が足りないという悲鳴すらあります

セフレなんて縁がなかった筆者ですが、1ヶ月経った頃には18歳の合法JKと、24歳のOLをGET!セフレを探すぐらいだからセックスには貪欲!野外やアナル・ハメ撮りなど女の子から提案するぐらい積極的。

OL、人妻、コスプレ好きなどなど。ぜひ一度のぞいてくださいw

登録は1分で完了

無料でモニター登録(R18)

ハッテン場
life

コメント

タイトルとURLをコピーしました