風俗

シンガポールの風俗事情を徹底解説!日本の風俗との違いや人気風俗店まで

シンガポールって聞くとマーライオンであったり、お金持ちが移住するイメージがありますよね。

あまりシンガポールの風俗事情について、日本にいると知ることができないのではないでしょうか。

観光地としても有名なシンガポールですが、実際のところ風俗事情はどうなっているのか気になりますよね。

そこで、本記事ではシンガポールの風俗事情について徹底解説していきます!

  • 日本の風俗とシンガポールの風俗の違い
  • シンガポールの風俗の種類と料金相場
  • シンガポールの人気おすすめ風俗店
  • シンガポールの風俗を利用する際の注意点

上記の内容について詳しく紹介していきます。

シンガポールの風俗事情が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

日本の風俗とシンガポールの風俗の違いは?

まずは日本の風俗とシンガポールの風俗の違いについてお伝えしていきます。

シンガポールの風俗を知りたい、体験してみたいという方には、日本の風俗との違いも楽しみの1つですよね。

まずは、日本の風俗とシンガポールの風俗の違いについておさえておきましょう!

  • 政府公認の売春エリアがある
  • 治安が良い
  • 本番行為ができる

上記の内容について、それぞれ紹介していきます。

政府公認の売春エリアがある

日本の風俗とシンガポールの風俗の違いの1つとして、シンガポールには政府公認の売春エリアがあります。

そのエリア名は「ゲイラン」。

なぜ、売春が認められているのかというと、オーナーが国にライセンス料を支払っているからです。

政府公認の場合だと軒先に番号がついているので安心して利用可能。

また、政府公認ということもあり、働く女性全員が性病検査を受けなければなりません。

その結果を提出することも義務となっています。

治安が良い

 

日本の風俗とシンガポールの風俗の違いとしては、治安が良いことです。

日本も治安が良い方ではありますが、シンガポールは外国人も多く夜遊びに出かけてきます。

シンガポールの売春婦も外国人の相手は、慣れているので初心者でも安心。

もちろん最低限物を盗まれないように警戒する必要があるものの、必要以上に注意する必要がありません。

日本の歌舞伎町同様にぼったくるお店はあるので、事前情報はしっかりと収集しておきましょう。

本番行為ができる

コンドームと女性

日本の風俗とシンガポールの風俗の最大の違いと言っても良いのが、本番行為ができることです。

日本の風俗だと、本番行為が禁止されていることが多いですよね。

なんと、シンガポールの風俗は本番行為ができてしまいます!

ただ、風俗の種類によって本番行為ができる金額に差があるので注意してください。

お金を使えば美人でカワイイ女性をお持ち帰りできますが、安い金額だと微妙な容姿の女性になりますよ。

1つのお店に固執せずに、いくつかお店を回ってからお持ち帰り女性を決めるというのもありです。

シンガポール風俗の特徴

続いて、シンガポール風俗の特徴についてお伝えしていきます!

シンガポールの風俗の特徴は以下の3つ。

  • スタッフの対応が良い
  • お持ち帰りの金額交渉が可能
  • 様々な国籍の人が働いている

それぞれ詳しく見ていきましょう。

スタッフの対応が良い

シンガポールの風俗は本番行為ができ、対応が良い場合が多いです。

基本的には、男性が受け身になっても良いほど女性が積極的

女性をお持ち帰りする流れは、下記になります。

  1. 女性を選ぶ
  2. 金額交渉する
  3. プレイスタート
  4. 男性が発射したら終了

流れを見ると、あっさりとしているように見えます。

しかし、女性もプレイ場所に行くまでに、手をつないだり、密着したりして雰囲気を作ってくれますよ。

そのうえ、女性が笑顔で対応してくれるので、男性が萎えることもありません。

塩対応の女性に当たってお金を無駄にすることが少ないです。

お持ち帰りの金額交渉が可能

お持ち帰りするための金額交渉が可能です。

最初は、ターゲットの女性の言い値を聞いて、値下げしていくスタイル。

半額など極端な価格となると女性に拒否されてしまいますが、妥協点を探せられれば簡単にお持ち帰りが可能です。

大半の女性は値下げに応じてくれますが、どこまで下げられるかは女性次第

白人だと高めでの値段設定で、東南アジア女性は安めの値段設定になっています。

また、お持ち帰りの場合は、客のホテルで行為をしますので、できるだけ風俗店から近いホテルの宿泊をおすすめしますよ。

遠いホテルだと、別途交通費も渡さなきゃいけないため、余計な出費をしてしまうので注意が必要です。

様々な国籍の人が働いている

シンガポールは、多くの国籍を持った人々が暮らしています。

多くは、中国人や東南アジアの人々です。

シンガポールに行きながら、ヨーロッパ系の女性に相手してもらえることもあります。

外国女性が好きな男性にとっては、天国と言っても良い場所になっています。

シンガポールの風俗で働いている女の子のレベルは?

シンガポールの風俗で働いている女の子のレベルは実際どの程度なのでしょうか。

中華系、フィリピン系やインドネシア系などのアジア系を中心に多くの国籍の女性が働いています。

風俗の業態によりますが、アジア系の女性を中心に平均レベルの女性が多いです。

ブサイクではずれを引くということは、ほとんどありません。

シンガポール風俗の種類と料金相場

ここからはシンガポールの代表的な風俗を3種類ご紹介していきます!

併せて、料金相場もご紹介していきますので把握しておけばぼったくられる心配もありません。

  • 置屋
  • 連れ出しバー
  • カラオケ(KTV)

日本では見られない風俗の種類もありますので、お伝えしていきます。

置屋

シンガポールの風俗1つ目は、置屋です。

置屋は風俗嬢がいる(置いている)場所のこと。

置屋の流れとしては、女性を指名して個室に移動してセックスして終わりです。

自分好みではない場合はチェンジも可能ですが、回数を重ねてしまうとお店の対応が悪くなります。

早く抜きたい、気持ちよくなりたいという方にはおすすめですが、女性と濃密な時間を過ごしたいという男性には不向きな風俗。

また、許容しているプレイは、女の子によって異なるため事前に確認しておきましょう。

本番やフェラはしてもらえますが、キスができないという女性が多い傾向があります。

置屋が密集しているのは、シンガポール政府公認の売春エリア「ゲイラン」です。

置屋の料金相場

置屋は、時間と女性の可愛さや人気度によって料金相場が変わります。

そこで、プレイ時間とかかるお金を表にしましたのでご覧ください。

時間 料金(シンガポール料金) 料金(日本料金)
30分 50SGD 4000円程度
40分 80SGD 6600円程度
80分 150SGD 1万2000円程度

日本の風俗と比較すると安い料金で女性と本番ができるので、お得に感じるのではないでしょうか?

しかし、日本の風俗は本番行為が禁止されていることが多く、料金も高め。

安い金額で、フェラと挿入までできるため、何件かはしごするということもできるでしょう。

連れ出しバー

シンガポールの代表的な風俗2つ目は、連れ出しバーです。

政府公認の売春エリア「ゲイラン」ではなく、「バターソンロード」周辺に多く点在しています。

連れ出しバーは、ホテルやショッピングモールに併設されているバーでお酒を楽しみ、女の子を連れだすのが王道の流れです。

  1. 施設に入り、バーの入り口を探す
  2. 入口で入場料を支払い、ドリンクを注文
  3. 女性は選び、金額交渉
  4. 宿泊先のホテルに行き、セックスをする

売春婦が多いため、連れ出しも比較的簡単です。

女性を口説くコミュニケーション能力は必要なく、金額と時間さえ合意すれば簡単に持ち帰ることが可能。

セックスは、基本的には男性が発射して終わりなので、時間で区切るということはしない場合が多いです。

そのため、女性が時間短縮行為をしてしまうことも少なくありません。

しかし、プロの技を楽しむことができるため、テクニシャンからの施しを受けたいという男性にはおすすめです。

セックスをする場所は、男性が宿泊しているホテルになります。

あまり遠いと時間もかかりますし、交通費を支払わなければならないためホテル選びも重要です。

連れ出しバーの料金相場

料金

連れ出しバーは、入場料が必要な場合がほとんど。

必然的に、置屋よりは高いのではないと思っている男性も多いのではないでしょうか。

連れ出しバーは、置屋よりも料金相場が高めになっています。

下記の表にまとめましたのでご覧ください。

※入場料:15SGDから30SGD(約1,200円から2,500円

時間 シンガポール料金 日本料金
ショート(1時間~2時間) 250GD 約2万円
ロング 400GD 約3万3000円

上記の料金相場は、アジア系の女性の料金相場になります。

しかし、白人だと日本料金で2万円ほど料金相場が上がります

出身国や年齢、美人度によって料金設定が変わるので、交渉次第。

女性は、店に所属しているわけではないため、自分たちで料金を決めています。

特に安くなる時間帯は、0時過ぎにアジア系の女性を狙うと良いでしょう。

女性自ら値下げして提示していきますので、より安い値段で連れ出し可能です。

なぜ、値下げしてくるかというと売れ残りたくないから。

連れ出したいけど、料金が高いなと感じる男性は日付変わる時間帯を狙いましょう!

カラオケ(KTV)

シンガポールの代表的な風俗3つ目は、カラオケ(KTV)です。

カラオケであれば、風俗じゃないのでは?と思う方も多いですよね。

ただのカラオケではなく、日本のキャバクラに近い形です。

フロアにテーブルやイスが置かれており、そこで女性とお酒や会話を楽しめます。

しかし、日本のキャバクラとは違う点があります。

大きなステージがあり、女性が歌やダンスを披露して、気に入った子を指名できるシステム。

日本だと完全に女性次第となりますが、シンガポールではお金さえ支払えばお持ち帰りができます。

何より、女性のルックスレベルも高いのが特徴です。

また、シンガポールでは「バタフライ制」というルールを定めている場合が多いです。

ただ、20分ほどで女性が交代するので、1人の人と話をじっくり話をするのが難しいのが難点ですね。

カラオケ(KTV)の料金相場

続いて、カラオケ(KTV)の料金相場についてお伝えしていきます。

女性のルックスレベルが高いということは、やっぱり高いのでは?と思いますよね。

置屋や連れ出しバーと比較すると料金相場は高くなります

下記の表にまとめましたので、ご覧ください。

料金としてかかる項目 シンガポール料金 日本料金
飲み代 200SGD 約16,000円
チップ 50SGD 約4,000円
ショート 300SGD 約24,000円
ロング 600SGD 約49,000円

お持ち帰りするにも、飲み代が最低限かかってしまいます。

また、20分ごとに女性が変わるルールを設けている場合が多いため、女性が変わるたびにチップを支払う必要があります。

そこから、お持ち帰りできる流れとなるため、置屋や連れ出しバーならばこの時点でお持ち帰りができますよ。

お持ち帰りするならば、6万~10万の出費は覚悟しなければなりません。

出費が多くはなりますが、女性のルックスレベルは高いので、ルックス重視の男性にはぜひ言って見て欲しい風俗となります。

シンガポールの人気風俗を都市別に紹介!

シンガポールの人気風俗を都市、地区や道路などでご紹介していきます!

都市ごとではなく、地区や道路単位で風俗店が集中していますよ。

まとめると下記になります。

  • 置屋……ゲイラン
  • 連れ出しバー……パターソンロード
  • カラオケ(KTV)……パターソンロード

置屋以外の人気風俗はパターソンロードに集中しています。

ゲイラン以外は、風俗店はまばらにあることが多いので見比べたいのであればゲイランから訪れると良いです。

シンガポールには、日本にもいるたちんぼもいますが、政府非公認のため声をかけてきても無視しましょう。

かなりしつこいですが、性病を持っているリスクもあるので頑として相手しないことをおすすめします。

シンガポールの人気風俗:ゲイラン

まずは、政府公認の売春地域「ゲイラン」。

置屋を中心に多くの風俗が連なります。

例えば、20番通りではレベルの高い女性が多く、料金も高め。

14番通りは、とにかく安く本番をしたい方向けなど通りによって特徴があります。

そこで、おすすめのお店や通りをご紹介していきます!

20番通りの置屋

No Image

置屋は、お店ごとに名前があるものの詳細情報が出てこないため、通りごとでご紹介します。

20番通りは、中国系の高級置屋が多く連なります。

高級な分女性のビジュアルレベルも高く、料金も高め。

絶対に外したくない!という男性は20番通りを訪れる良いのではないでしょうか。

お金をかけるほど、若くてきれいな女性と本番をすることができます。

店舗名 20番通り置屋
風俗の種類 置屋
料金設定 100SGD~200SGD(8.200円~16.000円)
営業時間 14時~翌3時※店舗による
公式HP

※営業時間は売春可能時間に準じています

14番通りの置屋

No Image

14番通りの置屋はとにかく安いの一言につきます。

こちらも中国系の置屋が多いです。

安く本番をしたい!という男性は行ってみるとコスパよくできます。

14番通りの置屋は、料金設定が安いので、女性のレベルはそこまで高くはありません。

年齢は、20代後半から30代の女性が多いです。

また、立ちんぼが多くいるので注意が必要です。

店舗名 14番通り置屋
風俗の種類 置屋
料金設定 50SGD(4.100円)程度
営業時間 14時~翌3時※店舗による
公式HP

8番通りの置屋

No Image

8番通りの置屋は、タイ系が中心になります。

中国系ではない方が良いという方は、8番通りを訪れると良いでしょう。

日本人も多くはないので、穴場を見つけた気分になります。

店舗名 8番通り置屋
風俗の種類 置屋
料金設定 50SGD~80SGD(約4.100円~約6760円)
営業時間 14時~翌3時※店舗による
公式HP

シンガポールの人気風俗:パターソンロード

続いて紹介するのが、パターソンロードと呼ばれる場所です。

こちらは、風俗街というわけではなく大きなショッピングモールなどに風俗店があるという形になります。

風俗店が点在しているので、意外な場所にあることも少なくありません。

中でも、オーチャードタワーというショッピングモールは人気の風俗店がありますよ。

オーチャードタワーのお店をご紹介していきますので、参考にしてください。

Ipanema(イパネマ)

No Image

オーチャードタワー内で王道かつ人気の風俗店と言えば、2階のIpanema(イパネマ)です。

イパネマは、おしゃれなバーという雰囲気で、バーカウンターはもちろんのことラウンジもあります。

立ち飲みも座って落ち着いてお酒を飲むことも可能です。

入場料15SSGD(約2.100円)を支払い、飲み物が1杯分ついてきます。

女性と楽しまなくても、お酒を飲みに来るだけでも楽しめるような雰囲気。

そんな中イパネマの女性は、とても積極的に話しかけてきます。

女性から男性に手やヒザを触りながら、リップサービスを仕掛けてきます。

そこで、自分がありだと判断したら女性と時間や価格交渉し、持ち帰りして本番という流れ。

また、女性はプロであるためルックスはもちろんのこと、セックステクとビジュアルレベルが高いので男性ととても幸せな時間を過ごすことができます。

女性は、お店に所属しているわけではなく、いわばフリーランス。

だからこそ、女性から積極的にお客を捕まえようと話しかけてくれます。

自分から話すのが苦手な方は、座っているだけで女性が寄ってくるというハーレム状態を味わえます。

身分証の提示を求められるので、パスポートを携帯して来店しましょう。

店舗名 Ipanema(イパネマ)
風俗の種類 連れ出しバー
料金設定 入場料15SGD(約2.100円)

ショート200SGD(約16,000円)

ロング450SGD(約36,000円)

営業時間 19時~翌6時

日曜のみ13時~4時まで

公式HP

Crazy horse

no-image

オーチャードタワー内の4階にある連れ出しバーが、Crazy horseです。

入場料はかからないので音楽や踊りを楽しみに来ている人も多くいます。

日本のクラブに近い感覚で来ている人もいるので判別が難しいと思う方もいるのではないでしょうか。

ここの連れ出しバーも女性から積極的に話しかけてくれるので、自分から話しかけるのが苦手な男性もお持ち帰りできますよ。

女性から話しかけてきたら、女性自身もやる気ですので自分からいく必要はありません。

時間や料金交渉して、自分の泊まっているホテルに連れて行ってセックスを楽しみましょう。

店舗名 Crazy horse(クレイジーホース)
風俗の種類 連れ出しバー
料金設定 ショート150SGD(約12,000円)

ロング350SGD(約29,000円)

営業時間
公式HP

シンガポール風俗で楽しむ際の注意点

シンガポール風俗の良い面ばかりご紹介してきました。

しかし、シンガポール風俗を楽しむためには、注意しなければならない点もありますよ。

  • 立ちんぼが多い
  • 違法行為が一定数ある

ここからは、上記の注意点について詳しく紹介していきます。

立ちんぼが多い

注意点1つ目は、立ちんぼが多いことです。

ゲイランを中心に多く立ちんぼがいます。

たちんぼは、かなりしつこいため1度でも足を止めてしまうと振り切るのが大変です。

2人~3人がかりで進行方向を塞ぎ、話しかけてきますよ。

そして、何より注意しなければならないのが性病を持っている可能性があるという点。

政府公認のゲイランにある風俗店は、1ヶ月に1回の性病検査が義務になっています。

しかし、立ちんぼはフリーランスなので性病検査を受ける義務はありません

どこで性病をもらっているかは分からないので、怖いもの見たさで利用したい人以外はたちんぼと本番をするのはやめておきましょう。

違法行為が一定数ある

2つ目は、違法行為が一定数あることです。

政府公認の置屋は、ライセンスを受けた置屋からビザを発給されて働いています。

そのため、警察に怯えることなく安心して遊ぶことができます。

反対に、立ちんぼを中心にビザがない女性も多いのも事実。

シンガポール周辺の発展途上国を中心に、出稼ぎでやってきます。

運悪くたちんぼと遊んで、警察に見つかってしまったら自分も一緒に連れて行かれます。

せっかくの楽しい旅行が台無しになるため、事前の情報収集はしっかりとしておきましょう。

実際に現地の人とセックスした体験談を紹介!

実際に台湾人とセックスした体験談を紹介!

実際にシンガポールでセックスした体験談を紹介します。

シンガポールは、中国や東南アジア系の人が中心に生活しています。

そこで、現地人とセックスした体験談をご紹介しますので、日本女性との違いを知っておきましょう。

下記の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

中国人とセックスしたい男性・女性のエッチ事情の違い
...

日本でシンガポール人(現地の人)とセックスするならワクワクメール!

引用:ワクワクメール公式HP

シンガポールに行けないけど、シンガポール人とセックスしたい方には出会い系アプリ「ワクワクメール」がおすすめです。

シンガポール人は、中国系、マレー系やインド系の他民族国家なため好みは分かれます。

会員数が900万人を突破している大手出会い系アプリ。

シンガポール人も多く登録しているため、まずは日本でシンガポール人とセックスしたいならばまずはアプリを使いましょう。

身分証による年齢確認や日本にいることのできる在留資格もチェックしています。

安心安全に会って、セックスまで持ち込めますよ。

\無料登録でエッチな女をチェック/

ワクワクメールに無料で登録 >

シンガポールの風俗で日本で味わえない体験をしよう!

シンガポールは、多民族国家で多くの国から人が集まってきます。

そのため、1つの国にいながら様々な国の人とセックスが可能です。

外国女性好きなならたまらない国であるシンガポール。

日本の風俗との最大の違いである安く本番までできるのも特徴です。

シンガポールに訪れた際は、日本とは違った風俗体験ができますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました