中国 風俗 風俗

中国の風俗事情を徹底解説!日本の風俗との違いや人気風俗店まで

アジアで最も大きな国である中国。海外出張などで訪れる人も多く日本でも馴染み深い国です。

せっかく行くのであれば、仕事が終わってからの時間も楽しみたいですよね。

「でも、中国の夜遊びってちょっと怖い」

そのようなイメージがあり、風俗遊びは躊躇してしまいがちです。

この記事では中国と日本の風俗の違いや中国各都市の風俗の特徴を紹介します。

また、安全に楽しめるおすすめの店舗などをまとめました。

  • 中国の風俗と日本の風俗の違い
  • 中国の風俗の種類と相場料金
  • おすすめの中国風俗店について

上海、北京といった大都市だけではなく、ローカルな都市の風俗もまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

日本の風俗と中国の風俗の違いは

中国の風俗と日本の風俗の違いは以下の3つが挙げられます。

  • 中国全土で売春が禁止されている
  • 射精回数が決まっている
  • デリヘルはチェンジ不可

国が違えば事情も変わってきますので、その国のルールに従って遊びましょう。

中国全土で売春が禁止されている

中国では基本的に「売春行為は違法」です。

昨今、中国では公安当局による風俗店の一斉摘発があり、多くの風俗店が閉店しました。

風営法の厳しさが増す中、摘発に遭遇した多くの観光客が「買春容疑で逮捕」されています。

そうなると弁解の余地はなく、罰金および数日間の拘留ということになり、会社や家族にも連絡がいくので、くれぐれも慎重に行動してください。

ポン引きなどには安易についていかないということが鉄則です。

射精回数が決まっている

日本の風俗だと時間内であれば何回でも射精することができる店が多いですよね。

しかし、中国の風俗では基本的に射精は1回までという暗黙のルールがあります。

たとえ時間が余ったとしても、残りの時間は雑談にあてられるということです。

60分あれば2~3回は発射できるというのであれば、最初に回数の交渉をしておいたほうがいいかもしれません。

追加料金を払えば何回でも楽しめる場合もありますよ。

デリヘルではチェンジ不可

日本や台湾ではチェンジOKですが、上海のデリヘルでは女の子が気に入らなくてもチェンジできません

写真と違う子が来たからといっても、一度選んだ子を変えることはできないようになっています。

中国風俗の特徴

中国の風俗の特徴としては次の3つがあげられます。

  • 中国風俗は本番OK
  • 値段でランク分けがある
  • 中国人女性は献身的

中国風俗は本番OK

日本ではソープランドや飛田新地などを除いて、ほとんどの風俗業態で本番はNGです。

中国では基本的に本番OKという前提でサービスを提供しています。

また、サウナやキャバクラも風俗店というくくりになっています。

サウナは個室で本番行為をすることができ、キャバクラは連れ出して本番をすることができます。

値段でランク分けがある

いろんな人種

北京や上海の都市部では価格の違いが女の子の質に関係してきます。

中国では長身の美女がレベルが高いとされているのでその分値段は高くなります

自分の背丈より身長の高い子は好みじゃないというのなら、高い値段を払う必要はありません。

小柄で愛嬌のある子なら、むしろそこそこの値段で遊ぶことができるので逆にいうとお得かもしれませんね。

上海以外のローカルな地域になると、値段ももっと安くなり、高身長の美女でもその地域の相場の値段でセックスすることができます。

時間があるのでしたら、上海から足を延ばして美女の多いハルピンあたりに遠征してみるのもいいかもしれません。

中国人女性は献身的

風俗嬢に限らず、中国の女性のセックスは淡泊です。

基本的にセックスは男性が気持ち良くなるための行為、あるいは子供を作るための行為という意識があります。

自分が楽しむというよりも男性に奉仕するというセックスです。

こちらの要望には比較的なんでも受け入れてくれるので、普段はできないような色々なプレイを楽しむことができます。

中国風俗で働いている女の子のレベルは?

中国の高級風俗店で働く女性は世界基準の美女が揃っていると言われています。

特に美人が多い都市は上海です。大都市ゆえに中国全土から美女が集まってきているようです。

中国の風俗嬢は値段により質が高くなるので、高級な店ほど女の子のレベルはかなり高くなります。

立ちんぼとか場末の置屋でなければ、相当可愛い子とセックスできるのではないでしょうか。

たとえば高級デリヘル店の相場でいうと1,000元(18,000円)~3,000元(54,000円)の幅でランク分けされています。

よりレベルの高い女の子と遊びたいというのなら、経済力がものを言うということですね。

中国の風俗を楽しむための準備

中国ではネットの規制が厳しいので、突然サイトが消えることもありますが、夜遊びするならサイトを持っている店で遊ぶほうがいいでしょう。

最近では公安の取り締まり強化も影響してか、アプリを使って予約を入れたりする店が増えてきました。

アプリがあると、出勤している女の子の情報を送ってもらうのにも便利です。

なので、まずはこのアプリをインストールしましょう。

WeChatウィチャット」というアプリです。

中国ではLINEやFacebook、Twitterは使うことができませんので、かわりにWeChatを主に使っているようですね。

他に必要なアプリとして、

翻訳アプリ「VoiceTra

地図アプリ「百度地図

などを準備して夜の街に繰り出しましょう。

中国風俗の種類と料金相場

 

料金

中国の風俗は種類も豊富で、ざっと挙げるだけでもサウナ、足浴(フットマッサージ)、デリヘル、立ちんぼ、床屋、KTVなどがあります。

サウナや床屋、フットマッサージが風俗というのも中国ならではのサービスです。

また、中国でも普通のマッサージと風俗サービスを提供しているマッサージがあり紛らわしいのも事実。

それはどのような見分け方があるのか、どのようなサービスをしてくれるのか、などについて詳しく見ていきましょう。

1.サウナ

風俗街の写真_2

中国の夜遊びといえば、やはり上海サウナです。上海サウナはかつて中国風俗の花形でした。

入店すると長身美女がずらっと並んでいて、気に入った子を選びます。そして個室に移動し、お風呂に入ったり、マットプレイでご奉仕してくれた後は本番へ突入といった流れになります。

日本で言うとソープランドのような風俗ですね。

しかし、2017年の公安による一斉取り締まりでサウナは一時壊滅状態になってしまいました。

少しずつ復活はしてきているとのことですが、摘発を恐れてか表向きには営業をしておらず、観光の外国人相手というより中国人客に向けてひっそりと営業しているようです。

サウナの料金相場

中国サウナの料金相場は最低ランクでも1,000元(18,000円)くらいから、高級な嬢となると4,000元(72,000円)くらいになります。

1,500元~2,000元クラスでも可愛い子はけっこういるので安心してお楽しみください。

2.KTV

KTVというのはカラオケのあるキャバクラのことです。

日本と同じように飲んで歌って楽しむお店といった場所ですが、楽しんだ後にお持ち帰りすることもできます。

実際に若くて可愛い子も多いので気に入った子がいたら、交渉してみましょう。

KTVにもタイプがあって日本人向けのKTVを「日式」、中国人向けを「中式」と言い、韓国人向けを「韓式」と言います。日本人なら日本語が通じる「日式」に行くといいでしょう。

サービスは店に入り席で待機していると女の子が数人やってくるので、気に入った子を選びましょう。その子とセクキャバのような感じでお触りしたりキスしたり女の子がまたがってきたりと楽しむことができます。

お持ち帰りすることもできますが、安全な店でないと公安に通報、あるいは運悪くガサ入れに遭遇するなんてこともありますので充分に精査してからにしてください。

特に上海は多くのKTV店が閉店しているようです。

KTVで遊ぶのであれば、現地風俗に詳しい人に聞くか、できるだけ日本人客から評価の高い人気のKTV店に行くことをおすすめします。

KTVの相場料金

店によって前後しますが、日式KTVの相場料金はチャージ料200元(3,600円)、飲み放題200元(3,600円)、連れ出し代として800元(14,000円)~1,000元(18,500円)といったところです。

普通に飲むだけなら10,000円以下で遊べますが、お持ち帰りともなると30,000円弱はかかってきます。

3.デリヘル

出窓

デリヘルは日本と同じように、ラブホとか宿泊先に女の子を派遣してもらい、風俗サービスを楽しめるというものです。

日本との違いは「本番あり」ということです。

注意したいのはぼったくり率が高いということ。間違ってもピンクチラシに載っている店に連絡するということはしないようにしてください。

日本人専門の優良店もありますので、しっかり調べてから利用しましょう。

この記事でも紹介していますのでチェックしてみてください。

デリヘルの相場料金

okiya

デリヘルの相場料金は60分コースで800元(14,500円)ほど、高級デリヘルになると2,500元(45,000円)ほどにもなります。

高いと思うかもしれませんが、そのかわりに絶世の美女と本番を楽しむことができます。

4.マッサージ、足浴(フットマッサージ)

「按摩」と書かれている店がマッサージ屋です。「足浴」がフットマッサージの店になります。

紛らわしいのは普通のマッサージの店とエロ系のマッサージの店があるということ。

どのように見分けるのかというと、ピンクっぽい怪しい雰囲気の店はエロ系ということが多い傾向にあります。

エロ系の店は普通のマッサージにプラスアルファとして、手コキや本番ありのメニューがあるということです。

「スペシャルマッサージもあるけど、どうする?」

と聞かれると思いますので、受けたい場合は詳細を確認しましょう。

マッサージの相場料金

エロマッサージの相場料金は手コキのみ、本番ありなどコースや時間にもよりますが、手コキのみで大体500元(9,000円)前後です。

本番ありだと追加で5,000円~といったところでしょう。

普通のマッサージをした後のサービスになります。

5.黒舞庁

「舞庁」というのはディスコのような場所になります。

「舞庁」にも種類があって風俗の舞庁にあたるのが「黒舞庁」と言われています。

いかにも怪しい名称ですよね。

そう、中に入ると真っ暗なんですよ。

その暗闇の中でキスやハグ、お触りし放題。暗闇の中でのエロ行為は興奮しますからね。

簡単に言うと「お触りディスコ」です

どちらかというと現地人向けの遊び場になります。中国語がある程度話せるなら挑戦してみましょう。上海や蘇州で盛んです。

黒舞庁の相場料金

いわゆるディスコのような場所なので入場料として日本円で2,000円~3,000円ほど払って入店します。

連れ出してセックスするのであれば女の子と交渉になります。相場は日本円で15,000円~くらいです。

中国の人気風俗を都市別に紹介

上海、北京、大連の風俗事情とおすすめの風俗店を紹介します。

ぜひ参考にしてください。

中国の人気風俗:上海

中国の風俗の中心は上海です。

しかし、現在(2022年)は店舗系の風俗、つまりKTVやサウナ、マッサージなどの店は閉店しているところも多く、営業していても現地人向け(中式)にやっているみたいですね。

それに公安の摘発がいつ入るかわからないので、リスクは高いかもしれません。

上海風俗が集中しているエリアは虹橋、古北新区という日本人街になります。

治安も比較的いい方ですが、たまに悪質な店もあるので注意してください。

口コミなどで安全な店かどうかを確かめてから行くようにしましょう。一番いいのは、詳しい知人などに連れて行ってもらうことです。

そこで、おすすめなのがデリヘル

その中でも日本人専門のデリヘルが安心できるのではないでしょうか。

今回ご紹介するデリヘルはいずれも日本人専門の優良サイトです。

明朗会計なので予算に合わせてコースを選択することができるので、安心してプレイを楽しめるでしょう。

王様の時間

引用:王様の時間公式HP

店舗名 王様の時間
種類 デリヘル
料金設定 基本コース:60分800元(14500円)

      他多数のコースあり

営業時間 24時間出張
公式HP https://www.dli.jp/

Wechat ID: HK53780689

日本語が対応できる女の子もいるので安心して利用することができます。

プレイ内容も濃厚で愛嬌のある子が多いので満足度はかなり高めです。

上海のデリヘルはチェンジできないところが多いのですが、このサイトでは交通費を支払えばチェンジも対応しています。

気配り、サービス、女の子の質も高いので安心して利用できます。

綺麗なお姉さん

引用:綺麗なお姉さん

店舗名 綺麗なお姉さん
種類 デリヘル
料金設定 スペシャル:60分800元(14500円)

      他多数のコースあり

営業時間 24時間出張
公式HP https://www.sh-navi.com/sys.html

日本語ができる女の子も多数在籍しているので安心して利用できます。

特徴としては『性感マッサージのデリヘル』ということ。

プレイはマッサージ~性感マッサージをしてからの本番です。

マッサージも本番も両方楽しみたいという方におすすめです。

中国の人気風俗:北京

北京の風俗事情で、まず頭に入れておいていただきたいことは、北京は公安の目が非常に厳しいということです。

なので、安全に遊べる風俗を紹介します。

北京で風俗を楽しむなら南鑼鼓巷の「什刹海エリア」が有名です。

普通にお洒落なカフェや雑貨屋がある中に置屋があったり立ちんぼが立っていたり、ポン引きがうろついているところです。

しかし、立ちんぼは性感染のリスクがかなり高いので値段が安いからといって遊んではいけません。

北京で安全に楽しめる風俗をご紹介します。

ラデガストホテル(伯豪瑞廷酒店)

引用:ラデガストホテル

店舗名 ラデガストホテル(伯豪瑞廷酒店)
種類 置屋
料金設定 生フェラ + ゴム本番 / 60分:1200元(約22,000円)

他にも多数のコースがある

営業時間 24時間出張
公式HP https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-s1-g294212-d1141294-Reviews-Bohao_Radegast_Hotel_Beijing-Beijing.html

北京でも独特の風俗が『ラデガストホテル(伯豪瑞廷酒店)』です。

普通に楽天トラベルにも掲載されている豪華なホテルなのですが、6階部分が売春宿(置屋)になっているのです。

驚きですよね。

宿泊客だけではなく、6階にだけ用があってくる客もけっこういるみたいです。

気に入った子を選んだら本番を楽しむことができます。

エスコートサイト

引用元:エスコートサイト公式HP

北京ではエスコート、つまり個人で売春している子が多く存在しています。

北京の売春婦は色々な国の女性が集まっていて、中国だけではなくベトナム、タイ、フィリピン、韓国などの女性もいるようです。

中国では本来、売春は禁止されているにもかかわらず、北京での個人売春は容認されています。グレーな部分ですね。

立ちんぼ以外でどうやって個人の売春婦を探すのかというと、こちらのエスコートサイトがおすすめです。

女の子を自分の宿泊先に呼ぶか、女の子の家に行くかの交渉になります。

プレイは生フェラとゴムあり本番が定番といったところでしょう。

平均的な料金の相場は60分1200元(約22,000円)です。

女の子にもよりますので、遊ぶのであれば確認してからにしてください。

立ちんぼと違って、性病検査はちゃんとしている子がほとんどですので、安心して遊べるのではないでしょうか。

高級デリヘル『美人館』

引用:美人館公式HP

店舗名 高級デリヘル「美人館」
種類 デリヘル
料金設定 スペシャル:50分1200元(22,000円)

他多数のコースあり

営業時間 24時間出張
公式HP https://www.beijing-deriheru.com/

北京のデリヘル優良店

オンライン予約もでき、口コミ評価も高いお店です。

日本語ができる女の子も在籍。

濃厚プレイを楽しむことができます。

大連のおすすめ風俗

大連はけっこう大きな街です。なので繁華街もいくつかありますが、その中で特におすすめが「西安路」になります。

KTV、サウナ、置屋、マッサージ。大方の夜遊びは揃っているので、楽しむには事欠かないでしょう。

その中でも一番おすすめなのがデリヘルです。

女の子も可愛い子が多く、何よりぼったくりが少ないから

もちろんピンクチラシの店は危険ですが、今回紹介する店はちゃんとHPもありますので、デリヘルを利用する際は参考にしてください。

いつでも

引用元:いつでも公式HP

店舗名 いつでも
種類 デリヘル
料金設定 スペシャルマッサージ(本番あり)

60分:800元(14,500円)

他多数メニューあり、普通のマッサージコースもあります

営業時間 24時間
公式HP https://www.fzknavi.com/index.html

面白いのが3Pコースがあらかじめメニューにあるところです。

価格は60分2,000元(約36,000円)。

日本では味わえないような大胆な体験をしてみたい方におすすめです。

中国風俗で楽しむ際の注意点

中国は風俗の種類も豊富に存在しています。ならば、中国人美女と心ゆくまで楽しみたいといったところですよね。

しかし、中国で風俗を楽しむには、それなりに注意が必要となります。

中国の風俗で危険なポイントはこの3つ!

  • ぼったくり被害
  • 性感染のリスク
  • 買春容疑で拘束

順番に解説していきます。

ぼったくり被害

「ぼったくり」などは中国に限らず、どの国でも起こりうることですよね。それは中国も例外ではありません。

街を歩いていると中国人美女が寄ってきて「マッサージはどうですか?」と声をかけられ、店に入るなり屈強な男たち5人に囲まれ法外な金額を要求された、なんて話はザラにあります。

最近では手口も巧妙になり、最初は法外な金額を提示してきて脅しをかけられて、客が疲弊してきたところで、

「疲れただろ。半額の20万で許してやるから払って楽になれ」

と言われ、ついつい「それくらいなら仕方がない」とあきらめて支払ってしまう、といった人間心理を巧みについてくるやり方でぼったくるということもあるみたいですね。

また、クレジットカードだけでなく、身分証明書なども取られてしまい、日本に帰って弁護士に相談するというケースも多く、上海の日本総領事館は「ぼったくり被害に関する注意喚起」を出しています。

万が一被害にあった場合は、すみやかに公安局(110番)に通報し、在上海日本国総領事館 (管轄地域:上海市,安徽省,浙江省,江蘇省,江西省)に連絡してください。

性感染のリスクに注意

「性感染」はどこで風俗遊びをしてもつきまとうリスクですよね。

ゴムをつけるのはもちろん、立ちんぼに声をかけられてついていくとか、衛生的ではない置屋のような風俗店は避ける方が身のためでしょう。

中国の警察事情を知る

一番怖いのは警察の踏み込みによって「買春容疑で拘束」されることです。

ぼったくり被害は聞いたことあるけど、逮捕なんてめったにないんじゃない?

そのように思われたかもしれませんが。実は買春容疑で拘束された日本人はけっこういるみたいです。というのも日本政府は一部を除いてその数を公開していません。

拘束の理由で一番多いのが「買春容疑」ということです。

けっこうな割合であるということですよね。では、どういった状況で警察にバレるのでしょうか。

最も多いパターンとしては、

KTV(キャバクラ)とかで知り合った女の子を宿泊先のホテルに連れ込む

          ↓

通報される(店の従業員やホテルのスタッフ)

          ↓

公安が踏み込んできて拘束される

なぜホテルのスタッフとかが通報するのかというと、中国では風俗に限らず「密告の激励」が推奨されているため、通報すると報酬をもらえるからです。

なので、ポン引きなどが紹介するKTV(キャバクラ)などはむやみに行かない方がいいでしょう。

女の子を連れ出して宿泊先に連れ込むことも充分注意してください。

夜の街は誘惑も多いですが、危険もいっぱい潜んでいます。常にぼったくり被害、美人局などに注意を向けて行動することが大切です。

実際に中国人とセックスした体験談を紹介!

中国人のセックスは日本人と価値観が違います。

中国人女性の魅力はとにかく奉仕の精神がスゴイということです。日本では頼みにくいことも中国の風俗嬢は積極的に聞いてくれるでしょう。

以下の記事で中国人女性とのセックス体験談をより詳しく掲載していますので、興味があれば是非読んでみてください。

中国人とセックスしたい男性・女性のエッチ事情の違い
...

日本で中国人とセックスするならワクワクメール!

ワクワクメールホームページ引用元:ワクワクメール

日本に住んでいて中国人とセックスしたいのであれば、ワクワクメールがおすすめです。

ワクワクメールのプロフィール検索で「中国」と検索すれば日本にいる中国人と出会うことができますよ。

会員数は900万人もいますので、きっとお気に入りの中国人が見つかりセックスすることができるでしょう。

なぜなら、そのほとんどが割り切り目的なのでお互いにセックス前提で出会うことができるからです。

相場はホ別10,000円~15,000円くらいの中国人女性を狙うのがおすすめです。

\無料登録でエッチな女をチェック/

ワクワクメールに無料で登録 >

中国の風俗で日本で味わえない体験をしよう!

いかがでしたか。今回は中国の風俗についてご紹介しました。

中国人女性は献身的。風俗遊びをするなら、あんなこともこんなことも大胆にリクエストしてみてもいいのではないでしょうか。

きっとあなたの下半身を満足させてくれることでしょう。

中国で遊ぶならできるだけ被害に遭わないよう、安全第一で行動してください。

  • 中国は基本的に売春禁止なので、遊ぶときは安全を第一に!
  • できるだけ明朗会計の店を選ぶ
  • 現地の知人などの情報を入手する

しっかりと正しい情報を入手して中国人美女との素敵な夜をお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました