風俗

インドの風俗事情を徹底解説!日本の風俗との違いや人気風俗店まで

読者の皆様はインドといえば、何が思い浮かびますか?

カレーという声が多そうです。人によってはガンジス川や、IT企業で有名な面を思い浮かべる人もいるでしょう。

そんな中、実はインドには風俗が有名な側面があります。

なかでも価格の安さは他の追随を許しません。

インドの美人さんとエッチしてみたい!という方、結構多いのではないでしょうか。

そんな方のために、本記事ではインドの有名な風俗店、風俗の種類、またインドの風俗と日本の違いについてご紹介していきます。

・日本の風俗とインドの風俗の違い
・インドの風俗の特徴
・インドの風俗で楽しむ際の注意点

これらを重点的に本記事では紹介いたしますので、インド風俗に興味のある方はぜひご覧ください。

日本の風俗とインドの風俗の違いは?

日本の風俗とインド風俗の違いは下記の3つが代表的です。

・日本と比べて風俗で働くことのハードルが低い
・キャッチが強引なことが多い
・パネマジの心配がない

日本では風俗で働く女性はごく一部です。

しかし、インドの女性は生まれた社会的地位にもよりますが、女性の職場が風俗の方が多い地域も存在します。

ここからは、日本とインドの風俗の違いについてみていきましょう。

日本と比べて風俗で働くことのハードルが低い

女性 裸体

インドでは、地域にもよりますが風俗で働くことが一般的な地域も存在します。

インド国内では、貧困問題があります。

これは大きな問題なのですが、そんな貧しい家庭で生まれた女性が風俗で働くことはインドでは対して珍しいことではありません

そのため、日本と比べると風俗へのハードルが低くいため、風俗で働く女性が多いのが日本との違いの一つです。

キャッチが強引なことが多い

危険

日本のいわゆるキャッチといわれる人々は、普段目にする人よりも強引なことは多いですよね。

しかし、インドのキャッチはそんなものではありません。

押しが強いのは当たり前、中には腕をつかんで無理やり連れ込もうとするキャッチもいます。

日本ではなんだかんだ相手が引いてくれるものですが、インドではそんな常識は通用しません。

もし行かれる際は注意しましょう。

パネマジの心配がない

加工

日本では、ソープ店などで女の子の外見を盛ってしまう、いわゆるパネマジが数多く存在しています。

写真と全く別人の女の子が来てがっかりといった経験をされた方も多いのではないでしょうか。

しかし、インドではパネマジの心配がありません。

なぜなら、女の子を実際に見てから指名する形式が一般的だから。

実際に見れるので、好みではなかったら次の女の子を探せばよいので、その点に関しては、良心的といえます。

インドの風俗の特徴

風俗

さて、ここまで日本との違いについて紹介してきましたが、ここからはインドの風俗の特徴について3つほど挙げて紹介してまいります。

 ・料金が激安
・ディープなお店が多い
・とにかくお店が多い

以上の3つが大きな特徴といえます。

特に、値段に関しては目を見張るものがあります。早速、1つめから順番に見ていきましょう。

料金が激安

インド風俗の特徴の一つに、料金が安いということが挙げられます。

インド風俗は、安いところですと日本円にしてわずか500円で本番までできてしまうお店も多々存在。

平均的な値段のお店でも、女の子との交渉次第で値切ることも可能なのも特徴のひとつ。

もし、値切れた場合は数百円から数千円でプレイが可能です。

また、高級風俗店でも15000円からが相場となっていて、インド国内の風俗は、全体的に料金が安いことが特徴のひとつです。

ディープなお店が多い

まず、ここでいうディープなお店というのは、法律ギリギリ、もしくはアウトなお店のことを指します。

日本では売春は法律上では禁止されているものの、法律ギリギリの多くの風俗店が存在しますよね。

しかし、インドでは日本のレベルとでは比較になりません。

年齢的に大丈夫なのかと不安になるほどの女の子が在籍しているのは日常茶飯事。

ほかにも、頬はやせこけ、目はうつろな薬物中毒者のような風貌の女の子が在籍しているお店も中には存在します。

また、女の子の待機場所も非常に特殊です。

狭い部屋にすし詰め状態になっているお店や、鉄格子でくくられた中に閉じ込めているようなお店も。
このような風俗店は、インドでは当たり前のように存在します。

料金もそうでしたが、これは特にインド風俗の大きな特徴です。

とにかくお店が多い

店

最後の特徴は、とにかくお店が多いことです。

インドの風俗街だと、狭いビルがひしめき合っていて、そのすべてが風俗店になっている地域もあります。

なぜこんなにも多いかというと、インドは世界で二番目に人口が多い国から。

また、発展途上国という位置付けであるため、貧困層の女性の働き先が風俗くらいしかない地域があるのも要因のひとつといえます。

インド風俗で働いている女の子のレベルは?

インド風俗で働いている女の子のレベルは、ズバリそこまで高くないと言えます。

というのも、低賃金で働かされているため、顔がやつれている女の子も少なくありません。

しかし、高級店で働いている女の子のレベルは平均以上といえます。

なので、美人さんとヤりたければ、必ず高級風俗店へ行きましょう。

インドの風俗の種類と料金相場

女性 エロ

さて、ここまでインド風俗の特徴について紹介してきましたが、ここからは実際にはどのような種類の風俗があるか、またそれがどのような風俗なのかを紹介していきます。

インドでは、下記の3つが代表的です。

・置屋
・ストリップ
・立ちんぼ
以上の風俗形態が、インドでは多いです。
また、その料金相場も合わせて紹介します。

置屋

置屋っぽい

最初に紹介するのは、置屋といわれる風俗。

置屋は、簡単に言えば女の子がお店に複数人在籍しており、その中から1人選んでプレイする流れです。

そして、最大の特徴は置屋では本番アリな点。

また、インドの風俗の9割以上がこの置屋となっているため、置屋が非常に多く見受けられます。

そして、もう1つの特徴は特徴は料金が安いこと。インドの風俗の料金が安いことは紹介しましたが、インド国内に限らず置屋という形態自体の料金が安いです。

インドの置屋の料金相場

お金 画像

そんなインドの置屋の料金相場は以下のとおりです。

プレイ時間 料金
15分 700円

このように、インドの置屋の料金は非常に安くなっています。

ここまで安いとなんだか不安になってくるくらいですね。

その点に関しては後の章で説明いたします。

ストリップ

次に紹介するのは、風俗界隈では有名なストリップです。

ストリップというのは、女の子がダンサーとして客の目の前で踊ります。

その際に服をどんどん脱いでいき、それをお酒などを飲みながら見る、といった形態となっています。

しかし、インドのストリップは海外と少し違います。

インド国内に限っては9割以上が置屋という紹介をしました。

そのため、インド以外で見られるストリップとは違い、専門店として営業しているお店はありません。高級置屋にそのサービスが付属しているような形です。

形式は置屋なため、本番はもちろんOK。

ほかの国のストリップはお店から女の子をお持ち帰りしなければならないのですが、ここはインドです。

そのままヤってしまいましょう。

インドのストリップの料金相場

お金 画像

若干異質なインドストリップですが、料金相場は以下の表のとおり。

プレイ時間 料金
60分 12000円

このように、インド国内にしては高い料金設定です。

しかし、本番ありと考えればとても安いと言えます。

また、この料金は観光客向けともいわれており、現地民の方に対してはもっと安く提供されているほどです。

立ちんぼ

立ちんぼ

最後に紹介するのは立ちんぼといわれる種類です。

立ちんぼというのは、日本語の意味そのままで、立っているだけの女性が交渉をしに声をかけてきて、OKならそのままプレイをしに行きます。

古典的な風俗形態といえるでしょう。

インドの立ちんぼの料金相場

お金 

インドの立ちんぼの料金相場は以下の通り。

プレイ時間 料金
15分 700円

立ちんぼのほとんどは風俗街にいるのですが、彼女らは基本、置屋とつながっています。

キャッチと大差ないのがほとんどです。

そのため、置屋の料金相場と変わりません

それほどインドでは置屋だらけです。

インドの人気風俗を都市別に紹介!

インド 都市

さて、ここまでインドの風俗を全体的に紹介してまいりました。

ここからは、実際にどこにどのような風俗店があるかを紹介いたします。

インドの巨大風俗街が存在するのは以下の都市です。

・コルタカのソナガチ
・デリーのGBロード
・ムンバイのカマティプラ

この3つが代表的です。

しかし、インドはほぼすべてが置屋で、これといった名の知れた人気風俗店が存在しません。

そのため、このお店がおすすめという紹介はできないため、どのような風俗街かを紹介させていただきます。

インドの人気風俗:コルタカのソナガチ

コルタナ ソナガチ

最初に紹介するのはコルタカという都市に存在する、ソナガチです。

ソナガチは、ソナガチの娼婦を題材とした映画があるくらいインドで一番有名な風俗街として世界的に知られています。

さらに、ソナガチはインドの闇とまで言われている始末。

ドラッグの売買は当たり前、人身売買や誘拐などもまかり通っています

もし、コルタカのソナガチへ行かれる際は十分に注意してください。

ソナガチの置屋

no-image

ソナガチの置屋は、日本の感覚のまま行くと、かなり衝撃を受けます。

在籍している女の子はビルの2階から鉄格子作られた窓の隙間から見下ろして客を取ろうとしているのです。

また、年齢も10代の女の子が在籍しているお店も多く、中には10歳未満の女の子を売春婦として働かせているお店も存在します。

他にも、労働環境が劣悪なのに加え、衛生面で見ても決していいとは言えません。

道行く人の服はよごれ、町中に臭いにおいが充満しています。

もし遊びに行くなら、店側から支給されなかった場合に備えて、必ずコンドームは忘れないようにしましょう。

インド国内では完全に犯罪な上に、ヒンドゥー教の教えにも背く風俗営業。

しかし、そういったお店がはびこっているのがソナガチです。

インドの人気風俗:デリーのGBロード

デリー 写真

お次は、デリーのGBロードを紹介いたします。

まず、デリーという都市はインドの首都。

首都のど真ん中に大きな風俗街が存在します。

それがGBロードです。

さらにこのGBロードは、駅から徒歩圏内に存在しており、アクセスが非常にいい点が特徴です。

GBロードの置屋

NO IMAGE

さて、こちらのGBロード、またもや置屋が一般的です。

ここまで、衛生面が悪いなどの欠点が多かったのですが、GBロードは首都に位置しているのもあり、全体的に衛生面は悪くない印象です。

また、首都ということもあり観光客も多く、ソナガチに比べれば比較的安全といえます。

しかし、風俗街というのは変わらないので、用心するに越したことはありません

インドの人気風俗:ムンバイのカマティプラ

ムンバイ

最後に紹介するのは、ムンバイのカマティプラです。

ムンバイはインドでもかなり都会な雰囲気の都市で、第2の都市ともいわれています。

そんなムンバイにも風俗街があり、それがカマティプラです。

カマティプラの置屋

NO IMAGE

カマティプラは、他に紹介した風俗街と違い、風俗店と商店の見分けがつきにくいのが特徴です。

一見、ただの商店に見えるお店も、夜には置屋として営業していたりします。

ほかにもビルの1階部分は商店で、2階は置屋になっているお店も存在します。

カマティプラで風俗店を探そうとするとほかの風俗街に比べて難しいため、キャッチや立ちんぼを使うのも1つの手といえます。

くれぐれも悪質業者にはご注意ください。

インド風俗で楽しむ際の注意点

さて、ここまででインド風俗について詳しく紹介してきました。

しかし、衛生面などインド風俗には注意する点があるので、そちらを紹介していきます。

具体的には以下の2点です。

・衛生面
・身の安全
では、それぞれ紹介していきます。

衛生面

衛生面

まず、衛生面から紹介します。衛生面が悪いのはすでに説明したため、ご存じのことかと思われます。

衛生面と一言で言っても、原因は多くあります。

その中の1つに、インドのエイズの感染者数はかなり多いことが挙げられます。

人口が多いため、他の国に比べて多くなってしまうのは仕方ないのもあります。

しかし、その感染者のほとんどは風俗街という結果が出ているため、風俗街に限って言えば相当な確率です。

必ずコンドームは持参して、キス、生フェラなどは絶対に避けましょう。

身の安全

安全面

インドでは、身の安全にも注意が必要です。

風俗街では犯罪が多く発生していて、平和な日本の感覚で行けば犯罪に巻き込まれる可能性は大きいと言えます。

もし風俗街へ行く際は、貴重品は必ず宿泊先に置いていき、現金も必要最低限しか持ち歩かないのを徹底しましょう。

実際にインド人とセックスした体験談を紹介!

インド人のセックスは、日本人と違い情熱的です。

日本人は海外と比べおとなしいセックスといわれていますが、それもインドのセックスを体験すれば納得がいきます。

激しく交わるために、いわゆるバックが主流となっているなど、日本とは違ったセックスを繰り広げています。

日本でインド人とセックスするならワクワクメール!

わくわくめーる引用元:ワクワクメール公式HP

インドに行く渡航費がない方でもご安心ください。

日本でもインド人とセックスするのは可能です。

ワクワクメールを使えば、多くの会員数が存在するため、外国人も一定数存在します。

もちろん日本人に比べればすくないですが、出稼ぎに来ているインド人も数多く見受けられるため、ワクワクメールがおすすめです!

\無料登録でエッチな女をチェック/

ワクワクメールに無料で登録 >

インドの風俗で日本で味わえない体験をしよう!

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

インド風俗、いかがだったでしょうか。

暗い部分もあるインド風俗でしたが、よく言えば非日常が味わえるので、そういった雰囲気が好きな方にはかなりおすすめできます。

興味が出た方はぜひ、インドへ行ってハッスルしてみて下さい!

くれぐれも、病気にはお気をつけて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました