ワセリン オナニー オナニー

ワセリンオナニーって気持ちいいの?ワセリンオナニーの種類やメリット・デメリットを徹底解説!

ローションを使ってオナニーをしたことがありますか?

もしもある方はぜひワセリンでもオナニーしてみてください。

ワセリンでのオナニーはローションより気持ちいいです。

ワセリンオナニーは男女ともに快感を高める方法。

ワセリンを使ったオナニーはいつも以上にヌルヌルが長持ちし、気持ちよさが高まります。

「ワセリンオナニーってどうやってやるの?」
「おすすめのワセリンってある?」

このような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事ではワセリンオナニーについ徹底解説していきます!

  • ワセリンオナニーの種類
  • ワセリンオナニーのメリット・デメリット
  • ワセリンオナニーにおすすめのワセリン

上記のような内容を紹介していきます。

ワセリンオナニーが気になっている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

ワセリンオナニーには2種類ある

男性器 イメージ

ワセリンオナニーには2種類あります。

  • オナニー
  • アナニー(アナルオナニー)

頻繁にワセリンが利用されているのはアナニーの方です。

アナニーをするときはローションよりも、ワセリンを使うと滑りが長持ちするという理由で好まれます。

アナルは敏感なので少しでもヌルヌルが長持ちする方が気持ちいいです。

オナニーをするときも気持ちいいです。

ローションよりもヌルヌルの持続時間が長いため追加いらずでオナニーできます。

アナニーに興味が湧いてきましたか。

アナニーに必要な道具と使い方を次に記載します。

アナニーに挑戦するために必要な道具

アナニーに挑戦してみようと思ったら必要な道具が3つ必要です。

  • ワセリン
  • エネマグラ
  • シリンジ

3つを揃えましょう。

アナルは女性のマンコのように濡れないため、潤滑油となるワセリンもしくはローションが必要です。

ローションはヌルヌルが長続きしないので、ワセリンを使いましょう。

エネマグラはアナルに入れる道具です。

アナニーを行うためにエネマグラは必須アイテムです。

アネロスという商品もあるので、好みに合わせてお使いください。

アダルトグッズになので宅配のときは、家族に受け取れらないように注意しましょう。

シリンジはアナルに潤滑油を入れる道具です。

注射器のようなものなので、アナルに潤滑油を入れるときは便利です。

ワセリンを入れるときは電子レンジで溶かしておくと、スムーズに入るでしょう。

女性もワセリンオナニーがおすすめ

女性は男性よりも肌が弱いです。

だから、ワセリンをオナニーのときに使いましょう。

乳首やクリトリスにワセリンを塗ることで、気持ちよさが上がります。

保湿も同時にできるので、乳首がヒリヒリすることはありません。

おもちゃを使うときもローションより、ワセリンがおすすめです。

ローションはすぐ乾いてしまうので、何回もイキたいときはワセリンにしましょう。

他にもワセリンは全身に塗ることが可能です。

そのため、日々のマッサージとオナニーを同時にできます。

その日の気分によって、マッサージだけか、オナニーもするのか選べるのでおすすめです。

ワセリンオナニーのメリット

ワセリンオナニーのメリットは5つです。

  • ヌルヌルが長持ちする
  • 事後処理が楽
  • ペニスの保護に役立つ
  • 購入しやすい
  • 友達が家に来たとき安心

最初の3つはペニスやアナルを労わるための理由です。

毎日オナニーを楽しむためにはペニスを守ることは必須です。

後半の2つはあなたの体裁を保つために役立ちます。

家族や友達に変な目で見られないためには大切なことです。

気持ちよくオナニーをするためにはワセリンが必要です。

そして心労を減らすためにもローションよりワセリンが必須でしょう。

具体的な理由を説明します。

ヌルヌルが長持ちする

ワセリンでオナニーをすると、ヌルヌルが長持ちします。

ローションでオナニーをすると途中で水分が蒸発し、ベタベタで滑らなくなり、気持ちよさが減少します。

長くオナニーを楽しみたいときはワセリンがおすすめです。

ワセリンの主成分は油なので蒸発することはありません。

おもちゃを使うときも、ローションよりワセリンの方が継ぎ足しなく気持ちよくなることが可能。

マンコに電マを当てるときもローションより、ワセリンの方が長く楽しめるのでおすすめです。

ワセリンは粘性が強く、手の温度で溶かさないと伸びません。

早くおもちゃを使うためには少し多めにワセリンを使いましょう。

事後処理が楽

オナニー後

ワセリンでオナニーをした後は、ペニスを洗う必要がありません

ワセリンは保湿を目的に作られているので、洗い流さずそのまま寝ることができます。

ローションを使うと洗うのが面倒で、お風呂前にオナニーする人が多いです。

しかし、ワセリンは寝る前でもお風呂の前でもいつでもオナニーを楽しむことが可能。

利便性の面でもワセリンはオナニーに最適なアイテムです。

ベッドの上でオナニーをするときもワセリンが活躍します。

ローションはシーツにつくと洗濯が大変です。

しかし、ワセリンならシーツにこぼれ落ちても拭き取るだけで良いので簡単です。

実家で暮らしていても、ワセリンをシーツに落としたぐらいでは何も思われません。

ペニスの保護に役立つ

ベビーオイル イメージ

ペニスがカサカサしたり、痒いみを感じたことはありませんか。

ひどい状態だと、切れて痛みを感じることがあります。

ワセリンは4つの症状を保護してくれます。

  • 痒みを抑える
  • ヒリヒリを抑える
  • かさつきの防止
  • 切り傷の保護

以上4つの症状に心当たりがあるなら、今日からワセリンで保護しましょう。

ワセリンには保湿成分が入っているのでかさつきを防止しながらオナニーができます

ワセリンでオナニーをすると痒みやかさつきを我慢することがなくなります。

毎日オナニーをすることができるので使ってみましょう。

購入しやすい

お店

ローションをドラッグストアで購入した経験はありませんか。

コンドームを薬局で買うときも緊張するので、ローションを買うときも人目を気にするため疲れます。

しかし、ワセリンは保湿目的で利用するため、購入するときに恥ずかしがることはありません

「知り合いに見つかるかもしれない」と恐れることなく、堂々と買い物ができます。

実家で暮らしていても、ワセリンなら家族にバレても平気です。

オナニー現場を見られない限りは、ワセリンでオナニーをしていることはバレません

宅配でもローションは自分で受け取らないと心配ですが、ワセリンなら家族が受け取っても問題ありません。

時間の調整がいらないのでいつでも注文することができます。

自分の体裁を守るためにもローションよりワセリンを使いましょう。

友達が家に来たとき安心

男友達

ワセリンオナニーなら友達が来たときでも安心です。

もしも友達にローションを持っていることがバレたらどうなりますか。

数ヶ月にわたって友達からからかわれるのは想像がつきます。

友達にバレないためにもローションよりワセリンがおすすめです。

友達が遊びに来たとき、ワセリンなら問題なくやり過ごせます。

通常の使い道は保湿なので、美意識が高いと思われるくらいです。

友達がワセリンオナニーの話を持ち出したら、同志かもしれません。

同志とわかったときは仲良くしてあげましょう。

家族が勝手に部屋に入ってくる家庭でも、ワセリンなら片付ける必要はありません。

ローションで毎日オナニーをすると、毎回隠さなくてはなりません。

しかし、ワセリンなら隠す必要がないので片付ける手間も、探索される心配もなくなります

堂々と部屋にワセリンを置いておけます。

ワセリンオナニーのデメリット

シャワー 洗う

ワセリンオナニーのデメリットは3つです。

  • ゴムは破れる
  • オナホは洗うのが大変
  • 全体に伸ばすのが難しい

以上3点には注意しましょう。

女性もしくは男性とワセリンを使うときは注意が必要です。

ワセリンの成分はゴムを溶かすので破れる可能性があります。

避妊のためにゴムを使用するときはワセリンではなく、ローションを使いましょう。

アナニーでゴムを使うときも破れる恐れがあるので、ローションを使いましょう。

オナホを使用するときも注意してください。

ローションよりも乾きづらいので使いやすいです。

しかし、ワセリンは水を弾くのでオナホを洗うのが大変です。

ワセリンを使ったことで、オナホを捨てることになった事件もあります。

ワセリンをオナホで使うときは、ペニスにワセリン、オナホにローションを入れて使いましょう。

オナホにワセリンを入れないだけで洗うのが楽になります。

次にワセリンの3つ目のデメリットです。

ワセリンは粘性が高いので伸ばすのが難しです。

アナニーをするときは、ワセリンを手の温度で少し溶かしてからアナルに塗る必要があります。

ローションのようにすぐに塗り広げられないことがデメリットです。

すぐにワセリンをヌルヌルさせたいときは電子レンジに入れましょう。

ローションのようにすぐに使うことができます。

オナニーで使うとおすすめのワセリンとは?

ワセリン

オナニーはデリケートゾーンを刺激する行為なので、ワセリン選びも慎重に行いましょう。

ワセリン選びのポイントは3つです。

  • 白色ワセリンを選ぶ
  • 肌が弱いならベビーワセリン
  • チューブタイプが衛生的

以上を確認しながら体に合うワセリンを選びましょう。

ワセリンには白色以外に黄色があります。

不純物の量が少ないワセリンが白色です。

デリケートゾーンに使うなら不純物が少ない方が安心です。

ベビーワセリンは添加物が入っていないので、肌が弱くても安心して使えます。

チューブタイプはペニスやマンコに触れた手で触っても、衛生的に安全なので選びました。

瓶タイプのワセリンは色々な液体をつけた状態で取ると不衛生なので辞めておきましょう。

次は、ワセリンとローションのどちらがコスパ最強かを検証します。

コスパ最強はどっち?ワセリンVSローション

オナニー VR

ワセリンとローションはどちらのコスパが良いか検証します。

容量と金額が同じものがないため、1gもしくは1mlあたりで何円になるかを表にしました。

比較するのは健栄製薬の白色ワセリンとオカモト・ぺぺ2というローションです。

比較表を下に記載します。

種類 容量 金額 円/g(ml)
ワセリン 50g 410円 8.2円/g
ローション 200ml 819円 4.10円/ml

表を見るとローションの方がコスパが良いと感じるかもしれません。

しかしローションの主成分は水です。

水がほとんどを占めているので、1mlあたりの金額が安いのは当然です。

それに比べてワセリンは油なのでヌルヌル持続時間はワセリンの方が長いです。

容量は少ないですが、長く使い続けることができるため、ワセリンの方がコスパ最強だと判断しました。

ちなみに500gのワセリンだと1,560円と高いですが、1gあたり3.12円なのでお得です。

ワセリンオナニーにハマったときは、大容量のワセリンを使うと、コスパ良く楽しむことができます。

ワセリンオナニーよりもワクワクメールで気持ちよくなろう!

ワクワクメールHP

引用元:ワクワクメール公式HP

ワセリンオナニーだけで満足していますか。

女の子とオナニーよりも気持ちいいことしたいとは思いませんか。

オナニーよりも気持ちよくなりたいならワクワクメールがおすすめです。

無理にセックスしなくても大丈夫です。

ワセリンで手コキをしてもらうと一段と気持ち良くなれます。

ワセリンオナニーを手伝ってもらうためにもワクワクメールは使えます。

アナニーに挑戦するときも手伝ってもらいましょう

色々な使い方ができるので1度登録して好みの女の子を確認してみましょう。

\無料登録でエッチな女をチェック/

ワクワクメールに無料で登録 >

ワセリンオナニーを楽しもう!

ワセリンオナニーはローションよりも長く楽しむことができます。

購入も恥ずかしくない上に、知り合いに見られても平気です。

女性も男性もワセリンを使うと肌の潤いを保つことができます

肌荒れで悩んでいるときもワセリンはおすすめです。

デリケートゾーンは痒くなりやすいので、ワセリンで保湿しながら気持ちよくなりましょう。

オナニーではなく、アナニーをするときもワセリンは効果的です。

アナルはマンコのように濡れないので、ヌルヌルが長持ちするワセリンを使用しましょう。

ローションだけだと乾いたときに痛みを感じる恐れがあるので、ワセリンを使用してください。

ワセリンはゴムを溶かす成分が含まれているので、避妊が必要なセックスをするときはローションを使いましょう。

もしも、オナニーでは満足できなくなったときは、ワクワクメールを利用してください。

もっと気持ちいい体験をすることができます。

アナル責めのときはワセリンを忘れないようにしましょう。

ワセリンを使ってオナニーライフをもっと楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました