カンボジア 風俗 風俗

カンボジアの風俗事情を徹底解説!日本の風俗との違いや人気風俗店まで

カンボジアと聞くと、治安が悪く危険なイメージがついてくると思います。

観光地も「アンコールワット」ぐらいしか思いつかず、「何があるの?」と思う方も少なくないでしょう。

カンボジアは募金活動なども多く、教育の質が低い国としても知られていますし、少し怖いイメージがありますよね。

そんなカンボジアですが、じつは風俗店がいくつも存在しています。

しかも風俗店の種類は多岐にわたっており、とても豊富なのです!

本記事ではカンボジアの風俗についてリサーチし、カンボジア風俗の特徴や人気の風俗店についてご紹介します。

  • 日本とカンボジアの風俗の違いについて
  • カンボジアの風俗の特徴について
  • カンボジアで人気の風俗店について

一つ一つ説明しますので、少しでも興味のあるかたは最後まで読んでいってください!

日本の風俗とカンボジアの風俗の違いは?

まず、日本とカンボジアの風俗の違いについてご紹介します。

  • カンボジアでの売春はグレー
  • カンボジアにはスワイパー村という児童売春村もあった

上記について、詳しく説明していきましょう。

カンボジアでの売春はグレー

カンボジアでの売春の見解は、日本とは違い少しグレーな部分があります。

ある時代では、警察関係者が売春は合法であると判断したこともありましたが、実際のところカンボジアでは正式に売春が認められているわけではありません

ですが、例えばキャバクラで風俗嬢と客が意気投合し、アフターで二人で店をでたあとならば、お店には一切関係ないため何をしようと黙認されます。

そういった点で、グレーな部分が多いといえるでしょう。

一昔前までは激安風俗店が多かったことでも有名ですが、最近は法整備もされはじめました

その結果、未成年売春や管理売春は法律で違法であると定められるように。

ただし、売春自体は合法なので、成人済みの女性を買うことは違反ではありません。

カンボジアにはスワイパー村という児童売春村もあった

カンボジアには、「スワイパー村」と呼ばれる売春村がありました

カンボジアの首都、プノンペンに存在していた村でしたが、この村は売春産業が盛んにおこなわれており、未成年の少女や少年までもが体を売っていたそうです。

隣の国、ベトナムから村へ逃げてきたベトナム人が、貧困のためにやむを得ず売春していたことが始まりのようです。

親が病気で働けなくなったことで、親の代わりにお金を稼ぐ子供や、親に売られた子供などが多く存在していました。

現在ではもうこの村では売春行為は行われておらず、NGO団体が介入したことですっかり停止されたそうです。

カンボジアには、こういった貧困から売春を行う方が多い背景があるということを、覚えておくのも大切かもしれませんね。

カンボジア風俗の特徴

次に、カンボジアの風俗の特徴をまとめました。

  • カンボジア風俗は15000円が平均
  • カンボジア風俗の定番はガールズバー
  • カンボジア風俗の種類は豊富にある

それでは、一つ一つ説明していきます。

カンボジア風俗は15000円が平均

カンボジアの風俗は、意外に高いです。

タイなどの東南アジア諸国の風俗では、10000円以下が相場ですが、カンボジアの風俗は15000円が相場といわれています。

というのも、カンボジアの平均月収は15000円。

売春している女性たちは、その一回で一カ月の稼ぎを得ているそうです。

ですが中には、5000円程度で売春している女性もいます。

だからといって見た目が微妙なわけではなく、美女のお持ち帰りで5000円です!

さらに高級なお店になると、一人20000円以上も当たり前となってきます。

そのため、お店によって女性の値段は幅広く、平均して15000円といわれているのでしょう。

まとめると以下の通りです。

  • カンボジア風俗の平均は15000円
  • 安くて5000円
  • 高級店になると20000円以上もある

お店によってその価格は異なるため、事前にしっかりとお店の仕組みを理解する必要がありますね。

カンボジア風俗の定番はガールズバー

カンボジアの風俗で一番の主流の店がガールズバーです。

有名ガールズバーが普通の観光雑誌にも掲載されるほどですので、認知度や人気度の高さがうかがえますね。

カンボジアのガールズバーは、日本のセクキャバのようにサービスタイムなどがあるわけではありません。

お酒を飲みつつ女の子と会話し、楽しむことが主流です。

外国人向けのお店も数多く存在しており、そういったお店にいる女性は、皆英語ができます。

英語ができると聞いただけでも、日本人にとって非常に遊びやすい場所といえますね。

カンボジア風俗の種類は豊富にある

カンボジアの風俗は、夜遊びの種類が豊富にあります!

その種類だけでもざっと以下の通りです。

  • ガールズバー
  • KTV
  • 売春ナイトクラブ
  • 置屋
  • 立ちんぼ
  • マッサージパーラー

この種類の多さだけでも、夜遊びには困らないことがわかりますね。

ですが上述している通り、カンボジアの風俗は比較的、平均価格が他のアジア諸国に比べて高い傾向にあります。

最低でも5000円、通常だと15000円とコストパフォーマンスが高いかもしれません。

ですが、安いお店ももちろんあるので、ご自身にあった遊び方を模索しましょう!

カンボジア風俗で働いている女の子のレベルは?

カンボジア人は目、鼻、口などのそれぞれのパーツが大きく、はっきりとした顔つきの女性が多いです。

そのためか美しさがより際立っており、美人が多い印象です。

肌色は日本人よりも褐色に近いですが、肌の綺麗さはピカイチ!

透明感のある肌の人が多く、肌ざわりも最高です。

カンボジアは多民族国家のため、様々な民族の血が混ざりあっていると言われています。

そのためか、日本でいうハーフのような目立つ顔立ちが多いです。

日本人好みの美女も多いので、楽しめること間違いなしでしょう!

カンボジア風俗の種類と料金相場

カンボジアの風俗の種類は、上述したとおり豊富にあります。

ここでは、主流である以下3つの風俗の種類についてご紹介します。

  • ガールズバー
  • マッサージパーラー
  • KTV

それでは、上記について詳しくみていきましょう!

1.ガールズバー

カンボジアの風俗は、ガールズバーが主流です。

ガールズバーは普通のクラブのような場所で、女の子とお酒を飲みながら話すことができます。

日本でいうセクキャバみたいな場所とも言えるので、普通に話しながら女性のおっぱいを触ることも…!

カンボジアのガールズバーでの遊び方は、他の国とそんなに変化はありません。

店に入り、並んでいる女性から好みの子を一人選び、隣に座らせます。

座らせた後はお酒を頼み、会話しながらいちゃいちゃしたりと日本のキャバクラとほぼ同じです。

ただ、唯一違う点は「おさわりが可能」であること。

さらに、制限時間もありません!

お金がかかるのは飲み物代だけなので、リーズナブルに楽しむことが可能ですよ。

ガールズバーの料金相場

ガールズバーの料金の相場は以下となっています。

飲み物代 3$~5$(店による)
連れ出し代 10$
女性に払う料金 80$~100$(交渉による)

日本円にすると大体10000円以上はかかります。

できるだけ安く抑えたい場合は、女性に払う値段の交渉を頑張りましょう。

50$でOKしてくれる女性も中にはいるため、交渉術を勉強しておくことも大切ですよ。

2.マッサージパーラー

カンボジアのマッサージパーラーは、日本でいうソープランドのようなものです。

マッサージパーラーには以下2つの種類があります。

  • 指名タイプ
  • サウナタイプ

指名タイプの店は、マッサージはあくまでも建前でセックスがサービスです。

サウナタイプの店は、お風呂やサウナなどの施設があり、ゆっくり過ごしながらセックスもできるサービスとなっています。

お昼からやっている所も多いため、昼から遊びたい!と思っている方は、是非遊んでみてはいかがでしょうか。

マッサージパーラーの料金相場

マッサージパーラーの料金相場は以下となります。

基本料金・部屋代 7$~10$
セックス 50$~200$

高級店から格安店まで幅広く存在するため、お店によって値段の幅は異なります。

自分に合ったお店を見つけるようにしてください。

3.KTV

カンボジアの風俗の中でも、KTVはとにかく美人が多いことで有名です。

基本的には個室を借りて、女性と二人きりでいちゃいちゃするのがメインですが、交渉によってはお持ち帰りも可能となります。

KTVは大きく分けて3つに分けられます。

  • 大衆店
  • 中級店
  • 高級店

それぞれで所属している女性の見た目のジャンルや、値段が異なります

とくに高級店になると、現地のカンボジア人向けと、外国人向けの2つに分けられていることもあるので、自分好みの美女を見つけやすいでしょう。

KTVの料金相場

<大衆店、中級店の場合>

飲み物代 30$~70$
チップ 5$
連れ出し料 50$

<高級店の場合>

飲み物代 75$~
チップ 10$
連れ出し料 100$~300$

上記の通り、高級店、中級店、大衆店により値段の幅が広がっていることがわかります。

高級店には色白の美女も多く在籍しているため、「美女とセックスがしたい!」「ハイレベルなお店で遊んでみたい!」とお考えの方は、是非覗いてみてはいかがでしょうか。

カンボジアの人気風俗を都市別に紹介!

カンボジアには、風俗街と呼ばれる都市が2つあります。

  • プノンペン
  • シェムリアップ

観光地としても有名な二つの都市で、可愛い女の子と遊んじゃいましょう!

カンボジアの人気風俗:プノンペン

カンボジアの首都でもあるプノンペン。

プノンペンは観光客が多く訪れる場所であり、この付近には風俗店も多く立ち並んでいます。

とくにリバーサイドとも呼ばれる場所では、人気の風俗店が数多く存在しています。

タクシーなどで行く際は「リバーサイド」と伝えるだけで理解してもらえるほど、有名な場所です。

  • One Zero Four Bar
  • ソウルゴールデンシティ

ここでは、上記二つのお店について説明します。

One Zero Four Bar

引用:グーグルマップ

店舗名 One Zero Four Bar
風俗の種類 ガールズバー
料金設定 飲み物代:1.75$~3.5$

売れだし料:10$

女性へ払うお金:80$~120$

営業時間 15:00~5:00
公式HP

『One Zero Four Bar』はプノンペンの中でも人気の高いガールズバーです。

美女が沢山いるお店ではありませんが、接客対応や在籍している女性のノリもよく、普通に楽しむ分には充分なお店です。

女性に払う料金は、交渉次第では50$からでも行けるかと思いますが、大抵の女性が80$から値段提示をしてくるので、お金の用意をしておきましょう。

ソウルゴールデンシティ

引用:Soul Golden City – ホーム | Facebook

店舗名 ソウルゴールデンシティ
風俗の種類 マッサージパーラー
料金設定 マッサージ代:15$

女性に払う料金:平均50$

営業時間 9:00~2:00
公式HP https://www.facebook.com/Soul-Golden-City-122608105124333/

『ソウルゴールデンシティ』は日本でいうソープランドのような、マッサージパーラーのお店です。

在籍している女性のレベルは平均からやや良い程度で、態度が悪い人もいれば愛想が良い人も。

当たり外れがあるので、運次第といった所でしょうか。

マッサージ代として最初に払う入場料のようなものは、後払いも可能です。

お気に入りの女性がいなければ、何も支払わずに帰ることができます。

朝からやっている珍しい風俗店ですので、プノンペンに行った際は是非一度、行ってみてはいかがでしょうか。

ポーランドの人気風俗:シェムリアップ

シェムリアップはカンボジア一番の観光都市と言われており、アジアのなかでもとにかく人気の高い都市です。

なぜなら、シェムリアップには「アンコールワット」があるからです。

そんな有名観光都市であるシェムリアップで、アンコールワットを見たついでに風俗店でも遊んでみましょう!

  • Top Town

それでは、説明していきましょう。

Top Town

no-image

店舗名 Top Town
風俗の種類 KTV
料金設定 ショート:80$~

ロング:100$

連れ出し料:10$

チャージ代:10$

営業時間
公式HP

シェムリアップで一番有名なKTVがこの『Top Town』です。

恐らくシェムリアップで一番楽しめるお店ですので、チェックしておいて損はないでしょう。

プノンペンよりは美女が減りますが、『Top Town』は女の子の在籍数がとても多いです。

そのため、自分の好みの女性も見つけやすいかもしれません。

また、ほぼ在籍している女性の全員が英語を話せるので、海外風俗初心者の方にもおすすめのお店ですよ。

カンボジア風俗で楽しむ際の注意点

カンボジアの風俗を楽しむときには、以下に注意しましょう。

  • ぼったくりに気を付ける
  • 必ずコンドームを着用すること
  • 相手が未成年ではないことを確認しよう

ひとつひとつ、詳しく説明していきます。

ぼったくりに気を付ける

カンボジアだけに限った事ではありませんが、東南アジアはぼったくりも多いです。

値段交渉するときは、特に気を付けましょう。

例えば、女性が先に「150$」と高額を提示した場合はぼったくりではありませんが、「50$」といったのに「100$」を請求してくることもあります。

外国人だとわかった時点で高額請求をしてくることもあるので、見極めることが大切です。

必ずコンドームを着用すること

カンボジアは、東南アジアの中でも1、2位を争うほど、エイズが流行しています。

近年は減少傾向にはありますが、それでもエイズの人口は他国に比べて多いでしょう。

カンボジアには、プノンペンやシェムリアップといった風俗街が存在しており、性産業がさかんです。

楽しく夜遊びをするためにも、望まない感染をしないようコンドームを着用することをわすれないでください。

相手が未成年ではないことを確認しよう

お持ち帰りができたら、まずはIDを見せてもらいましょう

カンボジアでの未成年売春は、法律で違法であると定められています。

ですが、貧困の影響か未成年から風俗で働いている女性も少なくありません

知らない間に事件に巻き込まれることがないように、IDを見せてもらうことは大切な行為になります。

お店によっては、お持ち帰り不可だと規制している店もありますが、見るからに未成年なのに何も言わないお店もあります。

もしもお気に入りの子を見つけたあとは、未成年でないことを確認するためにIDを見せてもらってください。

知らない間に法律に反しており、カンボジアで逮捕…なんてことにならないよう、自己防衛も大切です!

実際にカンボジア人とセックスした体験談を紹介!

カンボジア人は「貞操観念」が強めで、婚前交渉はタブーと考えている女性が多いです。

あまりセックスを楽しまないタイプが多いのが、カンボジアの女性の特徴です。

そういうウブな女性が好きな方にとっては、カンボジア人女性はドストライクなのではないでしょうか?

中にはノリノリでセックスをするカンボジア人女性もいますので、実際の体験談を読んで、イメージを膨らませておきましょう!

日本でカンボジア人とセックスするならワクワクメール!

引用元:ワクワクメール公式HP

日本に住みながらカンボジア人とセックスをしたいのであれば、ワクワクメールがおすすめです!

ワクワクメールは国内有数の出会い系サイトで、会員登録数も国内トップと、人気のサイト!

そんなワクワクメールなら、日本に住んでいるカンボジア人に出会えること間違いなしでしょう!

登録時に1200円分の無料ポイントをもらうこともでき、非常にお得です。

「どういうものなのかな?」と気になっている人にも、気軽に始めることが可能でしょう。

カンボジア人女性と出会ってみたい!と思っている方はぜひ、登録してみてはいかがでしょうか?

\無料登録でエッチな女をチェック/

ワクワクメールに無料で登録 >

カンボジアの風俗で日本で味わえない体験をしよう!

カンボジアの風俗についてご紹介してきました。

  • カンボジア風俗で遊ぶならガールズバーが主流
  • カンボジアの風俗街はプノンペンが一番!
  • 相手が未成年ではないか気を付けて遊ぶ
  • コンドームをしっかりと着用し、エイズに気をつける

カンボジアの風俗で遊ぶのであれば、プノンペンがおススメです。

観光地であるアンコールワットなどを楽しんだ後は、プノンペンに戻り昼から遊ぶこともできちゃうからです!

基本的にカンボジアの風俗は値段が高めですが、その分可愛いく美人な女性も多く在籍しているため、好みの女性を見つけて遊びましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました