オナニー

オナホの正しい洗い方を徹底解説!オナホ洗浄におすすめのアイテムも紹介!

男性のオナニーの相棒として強い味方であるオナホールですが、発射後の賢者タイムにその後始末を考えて呆然とすることも……。

そこで、この記事ではオナホールを使用してオナニーをした後の正しい洗い方について説明します。

  • オナホを正しく洗わないとどうなる?
  • オナホの正しい洗い方・保管方法
  • オナホ洗浄におすすめのアイテム紹介

上記のようなことがわかりますので、ぜひ最後までしっかり読んで、オナニータイムにお役立てくださいね。

オナホを正しく洗わないとどうなる?

オナホはその機能性から、内部が複雑なつくりになっていることが多いです。

そのため、しっかり洗浄をして保管しないと、ローションや精液が内部に残り、様々な問題を引き起こします。

ここでは、オナホを正しく洗わなかった場合に起こるトラブルをご紹介します。

  • オナホが臭くなる
  • 男性器が病気になる
  • カビがはえる、壊れやすくなる

このようなトラブルを避けたいかたは、この記事をしっかりと読み込んでくださいね。

オナホが臭くなる

オナホは素材の問題で多少シリコン臭やオイル臭がするものですが、それとは別の耐え難い臭いがあります。

それが雑菌臭です。

オナホを使用するときに併用するローションは生分解性があるものが多く、放置すると腐敗します。

ただの水でも置いておけば腐るのですから、ローションと汗と精液が混じった液体が放置されれば腐るのは当然です。

腐る前段階でも、精液のようなタンパク質と混ざった液体は時間とともに雑菌が繁殖します。

これがとんでもない臭いを発生させます。

腐敗臭や、生乾きの洗濯物の臭いをもっとキツくしたものなどさまざま。

ケースに入れて押し入れに仕舞っていても臭いで家族や友人にオナホの所在がバレたケースもあるそうです。

部屋にこんな臭いのものを置いておくのもイヤですし、使おうとして取り出したオナホから悪臭がしたらせっかく準備万端だったチンコも萎え萎えです。

男性器が病気になる

臭いぐらい気にしない!むしろ興奮する!なんていう猛者もいるかもしれませんが、そんなオナホにチンコを突っ込むのは自殺行為。

上記で書いたとおり、臭いの元は雑菌です。

雑菌が原因で起こる病気はたくさんあります。

尿道炎(クラミジア)、カンジダ、インキンタムシなど恐ろしい病気も。

彼女がいる場合、オナホでクラミジアにかかったのに浮気を疑われるなんて羽目になることもあります。

それに、病院に行ったときに先生に「不潔にしていたオナホでオナニーしました」なんて言うのもめちゃくちゃ恥ずかしいですよね。

美人な女医さんだったらむしろご褒美なんていうのはAVと妄想の中だけにしておいてください。

このようなことが起こる前に、しっかりとオナホのケアをしておきましょう。

カビがはえる、壊れやすくなる

雑菌が繁殖するということは、カビが生えやすくなります。

カビキラーなどでカビを落とすことはできますが、そんなに強い薬剤をデリケートなチンコを入れる道具に頻繁に使いたくないですし、シリコンも傷みますよね。

また、雑菌自体がオナホを傷ませてしまい、オナホの劣化や壊れる原因にも。

せっかく洗って繰り返し使えるオナホを買ったのに、1~2回の使用でダメになってしまうケースもありますから、正しいケアをして長く愛用できるオナホにしていきましょう。

オナホの正しい洗い方

さて、ここまでオナホを洗わないとどのような恐ろしいことがあるかをお伝えしてきましたが、ここからはそのケア方法について詳しく解説していきます。

  • オナホを洗うときに必要な道具
  • オナホの洗い方

を詳しく説明しますので、しっかり読んでブックマークしておいてくださいね。

オナホを洗うときに必要な道具

最低限そろえておきたいものは

  • キッチンペーパー
  • 洗剤
  • 清潔なタオル
  • 保管用の袋

です。

丁寧にケアすることを心がければ、これぐらいのアイテムでもじゅうぶんです。

これに加えて、あればオナホを洗う時の時短になるなど便利なものとして

  • 除菌用ウエットティッシュ・除菌スプレー
  • 洗浄機
  • 乾燥材
  • ベビーパウダー

などがあります。

オナホの洗い方

さて、いよいよ洗い方の説明をしていきます。

手順としては以下のとおりです。

  1. 水洗い
  2. 石鹸で洗う
  3. すすぐ
  4. 水分のふき取り
  5. 除菌
  6. 乾燥

手順は多いですが、一つずつ丁寧に説明しますのでしっかり読み込んでくださいね。

①水洗い

洗面所に人がいない、人が入ってこなさそうなことを確認して、まずはオナホ内部に残ったローションや精液をしっかり水で洗い流します。

お湯を使う時は36~40度ぐらいのややぬるめで。

40度を超えると精子に含まれるタンパク質が固まってしまいますし、60度を超えるとオナホが溶けたり傷む原因になります。

やや強めの水圧で1~2分中に水を入れ続けるだけでOK。

内部のヒダに絡まったローションや精液をしっかり押し出して流しましょう。

このとき、周囲についてしまったホコリやゴミ、毛なども一緒に洗い流すといいですね。

面倒がってオナホに蛇口を突っ込んで水を入れるなど、強すぎる水圧を与えたりしてはいけません。

風船に水を入れたときのように膨らんでオナホが変形したり、破れる原因にもなってしまいます。

②石鹸で洗う

 

石鹸は、ハンドソープやボディソープがおすすめです。

特にハンドソープは強い除菌作用がありますので、雑菌の繁殖を抑えるのに最適。

食器用洗剤など、油汚れ用の洗剤はオナホに含まれる油分を奪い、オナホを溶かしてしまったり変形したりの原因になることもありますので避けたほうがよいでしょう。

最近ではオナホ洗浄に特化した専用洗剤も販売されていますので、そういったものを使用するのが一番確実です。

タワシやスポンジなどは、オナホを傷つける原因になりますので手洗いがおすすめです。

指をオナホの中に入れて、奥のほうまでしっかりと掻き出して洗ってください。

ただし、力を入れすぎるとオナホが裂けて壊れますので、女性に触るように優しく扱ってくださいね。

この時、洗い忘れがちなのは挿入口付近の部分。

中が綺麗になっていても入り口が汚れてしまっていては元も子もありません。

洗い忘れのないように、全体をくまなく丁寧に洗いましょう。

③すすぐ

石鹸でしっかり洗い終わったら、再度水かぬるま湯で洗い流します。

この時石鹸が中に残ってしまうと、それも雑菌の繁殖の原因になりますので、指を入れてヌルヌルが残っていないかきちんと確認しましょう

貫通型のオナホや、非貫通型でも柔らかいオナホでしたら、裏返して洗うのが確実。

裂けたり伸びたりすることもありますので、裏返せるタイプかどうか確認して、じゅうぶんに注意して扱ってくださいね。

ヌルヌルが完全になくなったら、人が来る前に洗面所から退避しましょう。

④水分のふき取り

きれいに洗えましたら、次は水分のふき取りです。

オナホを振ったりキッチンペーパーで包んだりしてある程度水分を取ったら、オナホの内側からふき取ります。

おすすめは、キッチンペーパーを半分程度のサイズに切って中指に巻き、その指をオナホに突っ込んでふき取る方法です。

この時、ティッシュペーパーやトイレットペーパーはNG

水分を吸ってもろくなったティッシュやトイレットペーパーが破れて中に残ってしまう原因になります。

また、細かいホコリや繊維があり、それが内部に残ってしまうこともあるタオルも避けたほうが無難です。

水気をよく吸収し、水に濡れても破れにくく、ホコリのつきにくいキッチンペーパーが最適です。

指が短かったり、ロングサイズのオナホの場合は、割っていない割り箸の先端にキッチンペーパーを挟んでぐるぐると巻き、それを突っ込んで拭きます。

ふき取りが甘くて水分が内部に残っていた場合、やはりカビや臭いの原因に。

ここが大事なところだと思ってしっかりおこないましょう。

⑤除菌

除菌用のウエットティッシュや除菌スプレーがある場合は、ここで除菌をします。

シリコン素材はアルコールに強くありませんので、あまり多用すると劣化の原因になります。

しかし、除菌目的で仕上げに数回スプレーするだけでしたらそこまで大きな影響はありません。

オナホのパッケージにアルコール使用不可など注意書きが無いかどうかは確認しておいてくださいね。

⑥乾燥

最後の仕上げとして乾燥です。

ふき取りでしっかりと水分をふき取れていれば、ここはそこまで神経質になる必要はありません。

可能なら窓際などの風通しのよい場所で2~3時間おいておく、ドライヤーの冷風を5分ほどあてる、などできるとよいですね。

ドライヤーの熱風はオナホを溶かしますので、使わないようにしましょう。

どうしても温風で乾かしたい場合は50センチほど距離をあけてあててください。

オナホを洗うときの注意点

オナホは女性器を模して作成されたオナニーグッズです。

彼女のマンコを雑にガシガシと触ると激怒されるように、オナホを雑に扱うと簡単に壊れてしまいます。

精子を出した後、けだるい気持ちになるのは非常によくわかりますが、セックスの後彼女にやさしくするように、大切に扱ってください。

大型オナホの洗い方

女性のマンコだけでなく、まんまるなお尻を模したタイプや、女性の身体全体を模したタイプのオナホも存在しますよね。

そんな大型のオナホはたいていそこそこ高額です。

大きくて扱いはただのオナホとくらべものにならないぐらい大変ですが、高級大型オナホを雑菌でダメにしてしまわないように、さらに丁寧に扱いましょう。

大型オナホはお風呂場でオナホ洗浄機を使って洗浄するのがおすすめ。

家族と一緒に暮らしている場合は、洗面台で洗うのとは比じゃないバレリスクがありますが、そこはじゅうぶん覚悟したうえで購入を検討してくださいね。

洗っているときにオナホが壊れた!そんな時は…?

オナホを長く愛用すればいつか別れの時が来ます。

しかし、丁寧に扱っていても一瞬の隙でいきなり破れたり裂けたりするのがオナホ。

潔くお別れするのもよいですが、ほんの少しの裂けや破れの場合、まだ助かる道があるかもしれません。

ただし、瞬間接着剤は、シリコン素材には絶対NGです。

くっつかないだけならまだしも、素材を溶かしてしまったり変形の原因にも。

専用の補修キットがありますので、そういったものを利用して補修しましょう。

また、はんだごてを使って周囲を溶かし、オナホを形成する方法もあります。

これは少々コツがいりますが、大き目の穴なども補修できますので、手先が器用な人は試してみて下さい。

オナホを洗うのにおすすめの洗剤5選!

ここでは、オナホを洗うのに適した洗剤・洗浄剤をご紹介します。

せっかく買ったオナホですから、長く愛用できるようにそれぞれに合った洗剤を選んでくださいね。

商品名 価格 買える場所 おすすめ度
オナクリーン 800~1500円 アダルトショップ ★★★★★
オナホフレッシュ 792円 アダルトショップ ★★★★★
G PROJECT×PEPEE HOLE CLEANER ジープロジェクト×ペペ ホールクリーナー 910円 アダルトショップ ★★★★☆
キレイキレイ 300~400円 ドラッグストア  ★★★★☆
ビオレu ザ・ボディ 600~800円 ドラッグストア  ★★★☆☆

オナホ洗浄におすすめ洗剤①「オナクリーン」

引用:RENDS

価格 800~1,500円
買える場所 アダルトショップ
おすすめポイント 世界初の「オナホール専用洗浄剤」として発売

こんにゃく生まれの「マンナンスクラブ」でオナホを傷つけることなく優しくきれいに洗います!

タンパク質を分解する酵素も配合されていて、臭いのもとになる精液や汗、皮脂なども効果的に分解してくれます。

粉末タイプと液体タイプの二種類がありますので、お好みに合わせて利用してください。

オナホ洗浄におすすめ洗剤②「オナホフレッシュ」

引用:NSL

価格 792円
買える場所 アダルトショップ
おすすめポイント 抗菌・除菌・消臭効果のあるオナホ専用洗浄剤

大容量でコスパも良いので、手軽に取り入れやすいです。

パッケージが可愛すぎるので、洗面台には置いておきづらいですね。

オナホ洗浄におすすめ洗剤③「G PROJECT×PEPEE HOLE CLEANER ジープロジェクト×ペペ ホールクリーナー」

引用:初めてのアダルトグッズ

価格 910円
買える場所 アダルトショップ
おすすめポイント ローション業界No.1の『ぺぺ』と共同で開発

ポリアク系のローションを固める成分が配合されているので、ヌルヌル落ちにくいローションが一瞬で洗えてしまいます!

残念ながらすでにメーカー販売終了しているので、在庫を見つけたら確保が吉。

オナホ洗浄におすすめ洗剤④「キレイキレイ」

引用:Amazon

価格 300~400円
買える場所 ドラッグストア・スーパー
おすすめポイント オナホ洗浄用だとバレない

弱アルカリ性のハンドソープは、皮脂や精液など酸性の汚れであるタンパク質の洗浄に適しています。

キレイキレイは殺菌・消毒成分も含まれていますのでオナホの洗浄に適しているといえます。

洗面台に置いてあっても何の違和感もありませんので、気兼ねなく利用できます。

オナホ洗浄におすすめ洗剤⑤「ビオレu ザ・ボディ」

引用:Amazon

価格 600~800円
買える場所 ドラッグストア・スーパー
おすすめポイント 生クリームのような泡でオナホを傷つけない

肌の成分に近い弱酸性で、優しい洗浄力のボディーソープ。

生クリームのような泡で出てきますので、オナホを傷つけません。

洗浄力は高くありませんが、オナホを傷ませずに優しく洗いたい方におすすめです。

オナホを洗うのにおすすめの洗浄機5選

ここでは、オナホを洗うのに適した洗浄機や補助アイテムをご紹介します。

指を突っ込んで洗うのには限界を感じる、もっと簡単にしっかり洗浄したい!という方はぜひチェックしてみてください。

商品名 価格 買える場所 おすすめ度
シャワーウォッシャブル 1980円 アダルトショップ ★★★★★
シャワ浣専用ノズル 1078円 アダルトショップ ★★★★☆
オナホ洗い専用器 484円 アダルトショップ ★★★☆☆
スーパーウォッシュ 638円  アダルトショップ  ★★★★☆
メディ イージーポンプ 330円  アダルトショップ  ★★★☆☆

オナホ洗浄におすすめ洗浄機①「シャワーウォッシャブル」

引用:NLS

価格 1980円
買える場所 アダルトショップ
おすすめポイント 360°全方位の洗浄が可能

シャワーヘッド付け替えタイプの洗浄機。

シリコン製のヘッドですのでオナホに挿入して蛇口をひねるだけで洗浄が可能です。

ボディに24個の小さな穴が開いていて、360度全方位の洗浄ができる優れもの。

大型オナホの洗浄にも便利ですね。

オナホ洗浄におすすめ洗浄機②「シャワ浣専用ノズル」

引用:NLS

価格 1078円
買える場所 アダルトショップ
おすすめポイント パワフル洗浄&お手頃価格

もともとはアナルセックス前にアナルを洗浄する道具として販売されているアイテム。

シャワーヘッドに付け替えて簡単に利用できます。

素材は金属に見えますが、プラスチック製なので軽くて持ち運びも楽。

蛇口の捻り方で水流を調整できますので、パワフルに洗浄することも可能です。

価格が手ごろなのも魅力的ですね。

オナホ洗浄におすすめ洗浄機③「オナホ洗い専用器」

引用:NLS

価格 484円
買える場所 アダルトショップ
おすすめポイント オナホの奥まで洗浄しやすい

オナホの洗浄を圧倒的に楽にしてくれるサポートアイテムです。

この器具をオナホに突っ込むと、奥のほうまでぱっくりと開いて洗浄がしやすくなる画期的な形状です。

メーカーはこれをオナホに挿したまま立てて置いておけば水切りもできる…と謳っているそうですが、オナホが伸びてしまいそうなのであまりおすすめできません。

オナホ洗浄におすすめ洗浄機④「スーパーウォッシュ」

引用:NLS

価格 638円
買える場所 アダルトショップ
おすすめポイント 手軽に使用できる本格オナホ洗浄機

ペットボトルに装着して使うタイプのポータブル洗浄機ヘッドです。

シャワーヘッドのほうが調整がきき強力に洗浄できますが、毎回シャワーヘッドを交換するのは手間です。

また、家族と同居の場合なかなか取り入れづらいですよね。

2リットルペットボトルに装着すれば勢いよく洗浄もできて水の継ぎ足しも不要ですので、手軽に使用できる本格型の洗浄機が欲しい方におすすめです。

オナホ洗浄におすすめ洗浄機⑤「メディ イージーポンプ」

引用:NLS

価格 330円
買える場所 アダルトショップ
おすすめポイント 極薄サイズで収納しやすい

水を入れてオナホに挿入して注入するタイプの簡易ポンプ。

たたむと30mmの薄さになりますので、保管にも便利です。

価格もお手頃で、洗浄の入門用として用意するのも良いですね。

オナホを洗うのにおすすめのその他アイテム3選

ここでは、オナホをきれいにするのにあったら便利なその他のアイテムを紹介します。

必須ではないですが、あればオナホ生活がより良いものになるアイテムなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

商品名 価格 買える場所 おすすめ度
おもちゃ補修キット 583円 アダルトショップ ★★★★☆
アルコール除菌78% 437円 アダルトショップ ★★★☆☆
オナドライ 979円 アダルトショップ ★★★★★

オナホ洗浄におすすめその他アイテム①「おもちゃ補修キット」

引用:NLS

価格 583円
買える場所 アダルトショップ
おすすめポイント 破れたオナホの補修に便利

石油系素材を溶かさない接着剤です。

破れてしまったオナホの補修に最適!

接着から4分間は硬化せず微調整が可能で、多少不器用でも使えるのが安心ですね。

硬化した後は透明なゴムのような質感で、オナニーライフを邪魔しなさそうなのも良いです。

オナホ洗浄におすすめその他アイテム②「アルコール除菌78%」

引用:NLS

価格 437円
買える場所 アダルトショップ
おすすめポイント 洗浄後の除菌アイテムとして便利

高濃度のアルコールで除菌に最適なグッズ。

オナホを洗浄した後の除菌アイテムとして、また、保管しているオナホを使用する前の除菌としても良いです。

べたつきも少なく、安心して使用できます。

オナホ洗浄におすすめその他アイテム③「オナドライ」

引用:NLS

価格 979円
買える場所 アダルトショップ
おすすめポイント オナホ専用の乾燥剤

バスマットなどでも有名な珪藻土を使った、オナホ専用の乾燥剤です。

両端が滑らかに加工されていて、挿入や取り出しもスムーズでオナホに傷をつけることなく手軽に乾燥してくれます。

もともとは女性用生理用品である「タンポン」などを使用していた方も多いですが、男性が一人で購入するのはなかなかハードルが高かったアイテム。

これなら堂々と購入して繰り返し使用できます。

オナホの正しい保管方法

ここまでの情報で、オナホの洗い方については完璧ですが、まだ注意事項はあります。

それがオナホの保管方法です。

完璧に洗っても、保管方法が雑だとオナホの劣化を早めたり、壊したりしてしまいます。

オナホを使った後も使わない時間も、しっかりとケアしていきましょう。

油分・水分の吸収を防ぎつつ通気性の良い場所で

オナホには油分が含まれていて、これがだんだんと外側に染み出してきます。

そのため、長時間保管していたオナホは触るとベタベタしてしまいます。

これを防ごうとタオルなどを巻いて保管しようと考える人もいますが、これはNG。

タオルが油分と水分をどんどん吸収して、オナホが縮んでしまったり、乾燥してしまいます。

保管するときはジップロックなどの袋に入れて乾燥を防ぎつつ、通気性の良い場所に置いておきましょう。

表面のベタベタを防ぐには「ベビーパウダー」が有効です。

ジップロックに入れる前に、スーパーの薄い袋などに少量のベビーパウダーとオナホを入れて、シャカシャカと振ります。

余分につきすぎたベビーパウダーを手ではたき落とせばOKです。

同じ袋や箱に複数のオナホを入れない

何個もジップロックを用意するのは面倒…と思って同じ袋で保管しようと考えているかた、絶対にやめてください

オナホの素材同士がくっついて同化し、引き剥がせなくなります。

また、プラスチックの箱(100均の密封容器など)も、化学反応でプラスチックが溶けてしまうことがあります。

長期間の保管の場合はジップロックや購入時に製品にくっついていたビニールを巻いておくのが良いでしょう。

オナホを洗うのが面倒!そんな人は…

ここまで、オナホの洗い方や保管方法を説明してきました。

「そうは言っても、賢者モードの精神状態でこんな面倒なことやってられない…」とお思いの方もいるとおもいます。

そんなひとにおすすめの情報も載せておきますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

使い捨てオナホを使う

洗いも乾燥も保管も必要ないとするとこれしかありません。

使いたい時に使って、使用後はゴミ箱に捨てるだけです。

価格は安いものなら200円から、高級なものは1000円以上するものもありさまざま。

まとめ買いで安くなるケースもありますので、お得に購入できます。

また、ローション充填済みで販売されているものがほとんどなので、これだけ購入すればすぐ使えるのも魅力的ですね。

おすすめ使い捨てオナホ①PREMIUM TENGA

引用:NLS

価格 935円

言わずとしれたオナホの王道「TENGA」の中でもこだわりぬかれた逸品である「PREMIUM TENGA」。

最高品質のインナーとプレミアムローションの組み合わせで、業界最大手の風格を味わえます。

これが1000円以内で手に入るなら、週に1度のご褒美としてローテーションに加えても良いと思います。

おすすめ使い捨てオナホ②バンビーナ2

引用:NLS

価格 440円

一般的な使い捨てオナホの中でも締め付けがキツく、固定ファンのいる長寿商品のひとつ。

価格的にもリピートしやすく、パッケージもゲームCGのように綺麗なので買いやすいですね。

楽に洗えるオナホを使う

オナホの中には、洗いやすさに特化した商品があるのはご存じですか?

中まで丁寧に洗って水分をふき取って…は面倒でも、簡単に洗って乾燥できればやる気スイッチを入れやすいのではないでしょうか。

見た目もおしゃれなので、部屋にあってもオナホだと気付かれにくいかもしれませんね。

おすすめ超洗いやすいオナホ①TENGA フリップホール

引用:NLS

価格 6600円

TENGAの中でも異質な雰囲気を醸しだすこの商品は、縦に二つに分かれる形状や、立てて乾燥するためのスタンドが付属されているのが特徴。

ローションを塗り込む、使用後の洗い・乾燥まで非常に簡単かつ楽チンに扱えます。

ボディに並んだ3つのボタンで、バキューム力や締め付け力などの調整も可能と、まさに未来のオナホールともいえる逸品ですね。

おすすめ超洗いやすいオナホ②TENGA フリップゼロ

引用:NLS

価格 8778円

TENGA フリップホールが8年の歳月を経てバージョンアップ!

パカっと開いて洗いやすい形状やひっかけて乾燥できるスタンド機能などのメンテナンス性はそのままに、より 使用感がよくなりました。

挿入口がヒンジ部へ移行したことで挿入時の密着力がアップし、デザインもさらに近未来的でスタイリッシュに。

挿入間はやや優しめなのと、本体サイズがそこそこ大きいのでお好みに合わせてお選びください。

洗い不要ローション+ゴムを使う

オナホでオナニーをする場合の必須アイテムであるローション。

これが体につくとべたべたになりますし、乾いて毛に絡みついたり下着がカピカピになったりします。

ポリアク系のローションですと、肌の水分が奪われて乾燥し、かゆみや湿疹などの原因になることも。

また、オナホを洗う時もヌルヌルがなかなか落ちないなど、案外ケアが大変です。

そこで「洗い不要ローション」を使用するという解決方法があります。

洗い不要ローションは、ぬるつきが最大限まで減らされて、使用後にティッシュなどで拭くだけで肌のべたべたが解消されるという画期的なローション。

ただし、オナホに「中出し」した場合は精液を洗い流す必要が出てきます。

そこで、コンドームを装着してオナホオナニーを楽しめば、ゴムを捨ててチンコとオナホをティッシュでぬぐい、さっと水洗いと乾燥をするだけでケアが完了。

隠れてオナニーする必要のある実家暮らしの人も、これなら安心ですね。

時々中出しを楽しみつつ、普段はゴムありオナニーで手軽さを追求するというのも方法の一つと言えます。

清潔なオナホで安全で気持ちよいオナニーライフを!

手でこするだけでは得難い刺激を手軽に味わえるオナホール。

しかし、取り扱いや保管方法を誤ると、大事なムスコが病気になったり、オナホ自体がすぐにダメになってしまいます。

今ヌきたい!そんな気持ちが高ぶったときにすぐ使えるよう、日ごろからオナホの取り扱いに気を配り、楽しいオナニーライフを過ごしたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました