セクキャバ 本番 本番

セクキャバで本番はできる?セクキャバ嬢と本番ができる方法や注意点・料金相場を徹底解説!

セクシーな女性によってサービスを受ける、キャバクラに似たセクキャバ。

「おっパブ」や「セクパブ」とも呼ばれています。

そんなセクキャバで本番(挿入行為)はできるのでしょうか。

そこで、本記事ではセクキャバで本番ができるのかについて徹底解説していきます。

  • セクキャバで本番はできる?
  • セクキャバで本番ができる方法
  • セクキャバで本番ができた体験談

セクキャバで本番はできる?

セクキャバの仕組みは、複雑ではありません。

お酒を堪能しつつ、おっぱいを触ることができるのがセクキャバです。

それだけに思えるかもしれませんが、キスまでは出来ます。

・基本的にはキスとおっぱいのみ
・触る場所はお店によって異なる
・下半身を出すのはNG

あくまで基本的には、なので触る範囲はおっぱいだけ。

セクキャバでそれ以上の行為はあまりありません。

ただし例外もあるため、残念に思う必要もなく通えます。

慣れているか、初めてかでも異なりますが基本はお酒を飲んでキスとお触りだけです。

急に無理なことをお願いすることは辞めましょう。

基本的にはキスとおっぱいのみ

あくまで基本的になるので、ソフトキスかディープキスかはお店により異なります。

お酒を飲みながらおっぱいを触ることは出来ますが、キスとおっぱいのみです。

シャワーやタオルで拭いてフェラなどの行為はありません。

基本的にはセクキャバで抜くことはなく、下半身に触ることも出来ないからです。

キスをしておっぱいを触り、下半身も…という行動が出来ないのが基本。

いくら高揚してきても、そこまでがセクキャバのサービスです。

触ることもままならないのでフェラも当然ないことに繋がります。

触る場所はお店によって違う

女性にどこまで触ることができるかは、お店によって異なります。

セクキャバのVIP部屋では他のサービスもあるからです。

ただしVIP部屋のあるお店は違法とされています

さらにはちょっとだけなら…と思い聞いてみると下半身を触ることはOKなところも

基本的にNGとされていても、お店によっては違いもあります。

完全にアウトなところでは、ソフトキスにおっぱいのみで他はNGです。

事前にどこまで大丈夫な範囲なのかは、確認をしておくことが求められます。

とはいってもHPに必ず記載されているとは限りません。

突然行くと絶対無理なわけでもなく、タイミングの場合もあります。

セクキャバで下半身を出すのはNG

かぜオナニー

ある程度酔いも回ってきてキスやお触りをしていると、ついムラムラすることも。

とはいえ、セクキャバはあくまでそこまでがサービス内容になります。

下半身を触ることが出来ないお店、できる場所でも下半身を出すのはNGです。

気分が高揚し、立ってしまってもセクキャバで下半身を出してはいけません。

射精まではしないラインにいるのがセクキャバの基本です。

興奮をしているのに…と思っても簡単にセクキャバで抜くのは難しくなります。

そのためセクキャバで本番は難しいからです。

絶対無理なわけでもないので、そこは期待を持ちましょう。

セクキャバの種類

キスやお触りは基本的、と説明しましたが必ずではありません。

セクキャバには2種類があり、どこまで可能かが異なるからです。

・ソフト系セクキャバ
・ハード系セクキャバ
・ハッスルタイムがあるお店も

下半身を露出してはいけないことに変わりはなく、女性にどこまでできるかになります。

お店が2種類のうちどちらか、選んでおかないと後々「違う」となるからです。

その場のトラブルを避けるためにも、事前に確認をしておかないといけません。

そんなはずじゃなかった…を防止するために2種類のセクキャバの違いを説明します

ソフト系セクキャバ

お酒 美女

お触りできるといっても服の上であり、キスもないことでいえばソフト系セクキャバ。

言葉の通りソフトなので、キスもなく服の上からそっと触るのみ。

基本的に飲んでお話をすることがメインです。

そこにお触りが少し加わっただけの優しいソフト系キャバクラになります。

女性とおしゃべりをしてほろ酔いになれば満足というときにはおすすめです。

キスくらいさせて、と思うのであれば避けた方が無難なのがソフト系セクキャバ。

キャバクラのサービスにお触りだけプラスされた感じです。

ハード系セクキャバ

名前だけ聞くと本番を期待してしまうのが、ハード系セクキャバです。

服の下のお触りも問題なく、下半身を触ることもできます

ディープキスができるため、キスをしたい場合はこちらを選ぶのが得策です。

さらには女性の下半身も触れるため、より興奮したいならハード系セクキャバを選ぶべき

その分興奮しても射精が出来ないため、中途半端な気分になることもあります。

選ぶときは、ソフト系かハード系のどちらにするか事前に決めておきましょう。

ハッスルタイムがあるお店も

お店によっては、40分〜50分に一度暗くなるハッスルタイムがあるお店もあります。

BGMが流れ雰囲気が増すため、その間にお触りをしたりができるのです。

全てのお店にあるわけではありません

ハッスルタイムはあくまで40分〜50分に一度、5分間だけです。

真っ暗になるため、その間に囁くことも出来ます。

5分間なので何ができるか把握しておくことが肝心です。

セクキャバによってはないお店もあるため、あまり期待大にしないことをおすすめします。

セクキャバの料金相場

キャバクラとセクキャバの違いはキスがあるか、触れるかの違いだと分かります。

そもそもキャバクラの料金と、セクキャバはどのくらい違うのでしょうか

それぞれを比べてみるといくつか分かることもあるからです。

・キャバクラの料金相場
・セクキャバの料金相場

セクキャバで本番をするための料金は含みません。

あくまで本番はプラスいくらか、セクキャバ嬢との交渉次第

キャバクラの料金相場について、また双方を比べた料金について解説をします。

各地域で異なるため、あくまでおよその料金相場であることをご理解ください。

キャバクラの料金相場

お金 画像

比べてみると、不思議とそんなに違いがないことが分かるかもしれません。

キャバクラの料金相場はこのようになっています。

セクキャバでも同じですが、1セットはおよそ40分〜50分ほどです。

キャバクラでは1セット5,000円〜8,000円ほど

ドリンク代が1000円〜2000円ほどです。

高級店になると10,000円以上になることもあります。

中には通常でも9,000円という例もあり、10,000円以上を持参することがおすすめです。

高級店に行くときは20,000円はいかなくても、余裕を持って行きましょう。

セクキャバの料金相場

セクキャバでもおよそ1セットが40分〜50分ほど

こちらは登録料1000円と指名料1000円、飲み放題のドリンク代1000円があります。

その他に必要になる金額は1セットの料金です。

およそ6,500円〜8,000円になります。

延長などがあればこの限りではありません。

ではキャバクラとセクキャバのおよその料金を比べてみます。

キャバクラ 5,000円〜8,000円程度
セクキャバ 6,500円〜8,000円程度

ここに延長があるか、セクキャバ嬢に本番をお願いするかで料金は変わるのです。

主にプラスするとして、5,000円〜10,000ほどなのでお財布には余裕を持たせましょう。

セクキャバで本番ができる方法

セクキャバ嬢の目的は本番をしないで稼ぐためです。

ところが誰でも感じたらその場の雰囲気に流されることはあります。

ただしガードが高い女性に無理を言っても通用しません。

・セクキャバ嬢に気に入られよう!
・身だしなみや清潔感に気を付ける
・優しさをアピール!

男性の目的はいかにセクキャバ嬢と本番をするかということですよね。

かなり難易度が高いのが現状ですが、どうやったらセクキャバで本番ができるか。

高圧的な態度ではまずセクキャバで本番は出来ません

できる方法は近づくことが大切なので、まずどのようにしたら良いか解説します。

セクキャバ嬢に気に入られよう!

話術も大切になりますが、苦手な人も中にはいます。

耳元で囁きながら徐々に触っていき、キスから…と考えるかもしれません。

もちろん有効な方法ですが、いきなりそこから始まったら警戒心を持たれます。

話から入って警戒心を解くことが大切です。

初めてならなおさらですが、突然始めたらNGになってしまいます。

まずセクキャバ嬢に気に入られることが大切です

セクキャバでは徐々に接近することで、警戒心も解け段階的に本番に近づけます

気に入られるために必要なことについてはこちらです。

身だしなみや清潔感に気を付ける

男性 疑問

アイテムはそれぞれ違いはあるものの、最低でも整えておきたいポイントになります。

必要なポイント 目的
口臭に気を付ける セクキャバ嬢に近づく一歩(歯磨き・ブレスケアなど)
爪を切っておく お触りをするとき傷を付けないため(爪切り)
無精髭に注意する 生やすのはOKでもイメージアップのため(髭剃り)
下着は事前に変える 前日に下着は変えておくと印象が変わるため(下着)
服装・身だしなみを確認 汗臭いと拒否れれる可能性があるため(清潔感のある服装)

このくらいは大丈夫な範囲、と思っていても気になるところがあれば要チェックです。

会社帰りに立ち寄る場合でも、事前にセクキャバに行くことは承知のはず。

これは押さえておきたいポイントとアイテムです。

きちんと確認してからセクキャバに向かうと、本番により近づけます。

柔軟剤の匂いが良かったから…なんてこともあるかもしれません。

積極的に優しさをアピール!

横柄な態度や高圧的な態度で、セクキャバ嬢と本番をするのは難しいです。

出来たとしたら感じたのではなく、お金が積まれたから、という理由。

自然にセクキャバで本番をしたかったら、優しさをアピールすることです。

本来サービスをするのはセクキャバ嬢のお仕事のひとつ。

とはいえ、積極的に優しさをアピールするとまあ少しなら…と本番に繋がります

そこで少しだけ興奮している2人がどこまでするかは自由です。

「過激」なことまでOKしてしまうセクキャバ嬢もいるので、優しく接しましょう。

同伴やアフターで近づこう

親密になりたいセクキャバ嬢がいたら、キスやお触りだけじゃ物足りないことも。

本番をしたいことを積極的に言わず、徐々に近づくのも手です。

金額は4,000ほど増しますが、同伴をお願いすることも出来ます。

同伴はおよそ1時間ほどの間なので本番は出来ません。

ところが同伴で近づきアフターに誘い込むと近づけるからです。

距離を徐々に縮めることで、セクキャバ嬢と本番がしやすくなります。

中には積極的なセクキャバ嬢もいますが、警戒心を持っていることが多いため徐々が無難

本番に持ち込めれば、好きなお願いもできることに繋がります。

セクキャバで本番が出来た体験談

お尻

ここでは実際にセクキャバ嬢と本番をした体験談を紹介します。

あの手この手なことや、なるほど…と思うこともあるかもしれません。

セクキャバ嬢も人間なので、優しさや興奮が増すとどうなるか分かりません。

延長をしていく上で、などもあるようです。

あくまで一部ではありますがご覧ください。

セクキャバ嬢とのセックス体験談

全てのセクキャバ嬢ではないため、あくまで一部の体験談です。

「やさしい」と言ってさすり続けます。

右隣にいた彼女が私の股間に右脚を乗せて…

すると次の瞬間、彼女は私のズボンのチャックをおろし、おもむろに…

引用:みんなの風俗体験談

イチャイチャ→延長→さらに延長

「ベルト外せば?」

「挿れちゃダメだけど触るなら……」

最初は言われた通りスリスリ…

嬢が腰をずらし、もうとまれません!

向こうもヌルヌル、こっちもヌルヌル…もうすんなりIN!

引用:みんなの風俗体験談

実は何回も通っていてほぼ毎回、フェラ、本番をしています。

引用:みんなの風俗体験談

「初めてなので優しくしてくれると嬉しいです!」と言われて優しく…

舐められるのが好きなようで、喘ぎ声が漏れます…

「ダメって言われているから……」

「じゃあ上に乗って入れるのが自然だよ」

下着をずらしてそのまま挿入…

引用:みんなの風俗体験談

薄いカーテンで仕切っているお店なのでお互い周りを気にしながら……

嬢の動き的にはがっつり騎乗位でした…

「そんなにされたら中に出ちゃうよー」

「いいよ。中に出して」…

引用:みんなの風俗体験談

長い文章になっているため抜粋してありますが、セクキャバで本番をした体験談です。

中には中出しもあるようですね…。

セクキャバでの注意点

かぜオナニー

風俗全般に言えることではありますが、セクキャバも同じです。

徐々に規制は厳しくなり、本番も隠れて行うことが増えています

・無理強いはダメ
・バレないように
・バレると即退店や出禁に!

元よりキャバクラの進化版とも言えるセクキャバ。

基本的には本番はありません

形式上でそうであっても、セクキャバではときと場合によって本番は行われています。

初めての来店でがっついてはいけないため、あくまでキスとお触りであること。

そのため注意点を覚えておくことで、より一層セクキャバで本番に近づけるはずです。

お店自体には、店内に従業員が常に歩いていることを忘れないでおきましょう。

無理強いはダメ

基本的には興奮してもヌキはありません。

当然無理強いをしたら「強要罪」で罰せられてしまいます

セクキャバはあくまでリラックスし、少しおしゃべりをする場所です。

そこにキスやお触りが加わっただけと捉えられて間違いありません。

本番に持ち込みたくて、高揚した気持ちを抑えられなくても我慢です。

もちろん隠れてでも、本人の許可があれば話は変わります。

無理強いはしないで、理性が聞く段階で歯止めをかける必要があるからです。

セクキャバは自由恋愛の場ではないため、きちんと注意をしましょう。

セクキャバでバレないように

危ないお店にあるとされるVIPルーム。

あまりにも金額も抑えめなのが特徴ですが、本来はありません。

設けている場所もありますが、どこであってもバレないことが大切です。

先ほども伝えましたが、店内には従業員がウロウロしています。

カーテン越しに見えることもあるかもしれません。

バレたときには、自身だけではなく嬢も大変なことになります。

セクキャバで本番をするなら、あくまでそっとでありバレないようにすることが大事です。

ヌキはなし!バレると即退店や出禁に!

何度も説明している通り、セクキャバは本来ヌキはありません。

体験談にある通りにやってみよう!と考えても、無理なことは厳禁です。

バレると即退店や出禁になります

それだけではありません。

風俗業会のネットワークの繋がりは早いので、他のお店も出禁の可能性があります

かなり難易度が高いのがセクキャバでの本番です。

ヌキなし!下半身露出なしが本来の姿になります。

セクキャバで本番ができるのはマレと言うことを覚えておきましょう。

本気の出会いを求めるなら「ワクワクメール」

ワクワクメール

900万人登録しているマッチングアプリ「ワクワクメール」です!

中には、セクキャバ嬢も登録している可能性はあるはず

出会ってみたら普段押さえている興奮も発揮できるかもしれません。

本気の出会いを求めるならマッチングアプリ「ワクワクメール」はおすすめです!

\無料登録でエッチな女をチェック/

ワクワクメールに無料で登録 >

信頼関係を築いてセクキャバ譲と接近しよう!

インドネシア風俗

緊張感の始まりは警戒心です。

まずは信頼関係を築いてみることでセクキャバ嬢と接近できるはず。

本番に持ち込めるチャンスもあります。

セクキャバ嬢も信頼しているから…と心を開いてくれることも。

がっつきたい気持ちを抑えて、まずは慎重になってみることが求められます。

セクキャバはあくまで飲み、話をしてお触りありの場です。

本番をしたいなら、まずは信頼関係を築いて接近しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました