オナホ ローション オナニー

オナホにおすすめのローション10選!オナホ用ローションを選ぶポイントも徹底解説!

オナニーするときに使う道具として人気のオナホール。

オナホールを使う場合はローションが必要になりますが、ローションは種類も様々です。

どんなローションを使ったらいいか悩んでいる方のために、本記事ではオナホで使うおすすめローションをご紹介します。

  • ローションの種類と特徴
  • ローションを選ぶポイント
  • おすすめローション10選

オナホールを使うときはローションが必須!

オナニーの道具といえば、オナホールです。オナホールを使う場合はローションが必須になります。

それならば!とローションを購入しようと思ったら、たくさんの種類があり、迷ってしまい購入に至らなかった…なんてことはありませんか?

オナホールを気持ちよく使うために、ぴったりのローションを紹介します。

オナホールを使う際にローションが必要な理由

オナホールを使う場合には、ローションが必要になります。

ローションが必要な理由は、ペニスを保護するためです。

オナホールとの摩擦でペニスを傷つけないためにも、ローションはしっかりと使いましょう。

ローションの適量はどのくらい?

オナホールでオナニーをするとき、適量のローションを使わずに少なかった場合は、摩擦によりペニスを傷つける場合があります。

また、量が多くても、周りに飛び散って汚してしまう可能性があるので、ローションの適量を知ることが大事になります。

では、ローションの適量とはどのくらいになるのでしょうか?

オナホールにローションを入れてから、ペニスを挿入する場合は、オナホールの穴からローションが見えるか、見えないかくらいのギリギリが適量です。

オナホールを握って、ローションがあふれてしまったら入れすぎですので注意しましょう。

また、ペニスにローションを塗ってからオナホールに挿入する場合は、ニスから垂れないギリギリの量が適量になります。

こちらの方法は、垂れないように気を配りすぎてローションが足りなかったり、たくさん塗りすぎて、オナホールに挿入する前に垂れてしまったり、慣れるまで失敗しやすいデメリットがあります。

しかし、よりリアルな感触を味わえるメリットがあるので、ちょうどいい量をみつけてほしいです。

オナホールの正しい使い方!

初めからオナホールにたっぷりとローションが含まれており、ふたを開けたらそのままペニスを挿入することができるタイプもあります。

しかし、そうでないオナホールは、手元に届いたらボディーソープなどでしっかりと洗ってください。

製造や出荷の際に人が触ったり、製造過程でゴミやホコリがついていたりしたら嫌ですし、衛生面でも心配です。

デリケートゾーンで使用しますから、きれいな状態にしてから使いましょう。

オナホールを使う時の注意点

オナホールは工業製品です。使用上の注意をしっかりと守り、使って下さい。

万が一、ペニスが痛み、亀頭が赤くなるなどの異常がみられたら、使用を中止することをおすすめします。

様子をみても症状がよくならない場合は、病院にて適切な治療を受けて下さい。

また、たとえキレイに洗浄したとしても、使用済みのオナホールの他人との貸し借りはおこなってはいけません。

目に見えない細菌などが繁殖している場合があります。オナホールは自分だけの専用としましょう。

オナホールを使うメリット・デメリット

オナニーは、手を使っておこなうことができます。

なのに、わざわざオナホールを購入してオナニーするには、手でおこなうよりもプラスのポイントがあるのでしょうか?

また、何事もメリットだけではありません。メリットがあるならデメリットもあるはずです。

しっかりとメリット・デメリットを知って、オナホールを使ったオナニーを楽しみましょう

オナホールを使うメリット

オナニーするときにオナホールを使った場合、メリットがあります。

  • 手でおこなうオナニーよりも気持ちがいい
  • セックスに近い体感が得られる
  • セックスの練習になる
  • 膣内射精障害の予防になる
  • オナホールは性病にかかる心配がない

上記のように、オナニーにオナホールを使うと幅広いメリットがあります。

オナホールを使うデメリット

オナニーするときにオナホールを使った場合、デメリットもあります。

  • オナホールやローションを購入するお金がかかる
  • ローション使用後のペニスやオナホールの洗浄が面倒
  • オナホールを家族にばれずに保管することや購入時の恥ずかしさ

金銭的なデメリットは、手こきでオナニーする場合との比較ではお金がかかりますが、風俗に行くことと比べるとデメリットではなくなります。

デメリットの主たるものは、「管理しにくい」ということになっています。

なので、管理の仕方さえポイントを押さえてしまえば、ほぼデメリットなしになると言ってもいいのではないでしょうか。

ローションの種類はどれくらいある?主な5種類と特徴

ローションの種類も様々で、成分のタイプが違えば、オナホールの使用感も違ってきます。

ここでは、主にローションの成分として使われる5種類の特徴を分かりやすく紹介します。

使用感や扱いやすさなどの参考にしてみて下さい。

1.グリセリン系ローション

グリセリンとは、保湿剤として主に化粧品など、幅広く利用されています。

しっとりとした潤いを与える効果があり、 毒性がほとんど無いことから、医薬品として目薬や浣腸液としても利用されています。

ローションとしての特徴は、程よい粘度があり、薬品に用いられる安全な成分ということからとても扱いやすく、安定性があります。

水に溶けやすいため、使用後は流水だけで洗浄することができます。

2.カルボマー系ローション

カルボマーとは、スキンケアジェルやヘアスタイリング剤に用いられる成分です。

医薬品分野ではカルボキシビニルポリマーとして知られ、貼付剤・クリーム・ローション、消毒用アルコールジェルなどに用いられています。

なめらかな使い心地と、洗い流しがほぼ不要な点が使いやすい点がメリットのですが、非常に乾きやすく、長時間の使用には不向きです。

3.オイル系ローション

オイル系のローションは、その名の通り、油を使用しているために乾きにくく、長時間使用できるのがポイントです。

また、天然成分を使うことから肌にやさしく、他のローションをでかぶれた経験のある人にはおすすめです。

ただ、オイルなので、サッと水洗いでは落ちにくくなっています。

洗い流す際は、ボディーソープの使用が必要になります。

また、オイルは性質上ゴムを溶かしてしまうことがあるので、ゴム製のコンドームを使用する場合には注意が必要です。

4.シリコン系ローション

シリコン系のローションは、潤いとその持続性が高く、継ぎ足しの必要が少ないローションです。

しかし、シリコンはローションの中でも、刺激が強い成分として認識されています。

また、シリコングッズと併用すると、溶ける可能性があり、使用できなくなる恐れもあります。

シリコン系のローションには、化学成分と植物性オイルがあるので、購入前に成分の確認をすることをおすすめします。

なお、一般的にシリコン系のローションは、アナルプレイ向きとされているために、オナホールでの使用はあまり向いていないと思われます。

5.ポリアク系ローション

ポリアクリル酸ナトリウムが含まれているローションを、ポリアク系ローションと呼びます。

ポリアクリル酸ナトリウムとは、生理用品や紙おむつなどに使用されている、一般的な成分です。

他にも食品添加物として使用されていることから、体には安全な成分と言えます。

ローションとしての使用感は、粘度が高く、使用時に糸を引くのが特徴があり、ヌルヌルの質感を楽しめるメリットがあります。

しかし、ポリアクリル酸ナトリムは、洗い流しにくいというデメリットがあり、使用後はボディーソープなどで洗浄する必要があります。

また、この成分には水分を吸収してしまう特徴もあります。

肌の水分を吸収し、乾燥をもたらし、かゆみを引き起こす可能性があるので、使用後はしっかりと洗浄して下さい。

ローションを選ぶポイント!

たくさんのローションがあるので、どのローションを購入したらいいのか悩みます。

できればローション選びに失敗せず、最適なローションを購入してオナホールでオナニーを楽しみたいです。

なので、ローション選びにはポイントを押さえて、失敗のないローションを選びましょう。

気になる成分で選ぶ

ローションは体に、それもデリケートゾーンでの使用になります。

アレルギーがあったり、体とローションの成分の相性があったりしますので、しっかりと成分は確認して購入して下さい。

その中で、使用感や扱いやすさを重点において、自分の好みのローションを見つけて下さい。

品質と価格のバランスを重視して選ぶ

先にも書きましたが、ローションはデリケートゾーンに使用するものです。

品質に問題のある商品や成分がしっかりと記されていない商品は避けるのが無難です。

しかし、たくさん使うものでもあるので、高価なものでは手を出しにくいと思います。

なので、体に合う成分と自分のお財布に優しい価格の商品を探して、オナニーライフを楽しんで下さい。

オナホールで気持ちよくなるおすすめローション10選!

世の中には、メジャーなものからマニアックなものまで、たくさんのローションが発売されています。

ここでは、オナホールに使用すると気持ちいいと評判のローションを紹介します。

ぜひ、お気に入りのローションを見つけて下さい。

オナホが気持ち良くなるおすすめローション①:『おなつゆ』

引用:トイズハート

標準価格 1100円(税抜)
容量 370ml
サイズ 175mm X 66mm
製造 日本製
ポイント 乾きにくくて、さっぱりベタつかない。
注ぎやすいノズルキャップが便利な形状。
無味・無臭・無着色のストレートタイプ

『おなつゆ』の口コミ・評判

使用感は、少量で効果を発揮していると思います。

パッケージが人に見られたらヤバイので、保管は慎重に。

 

おなつゆのコスパ・粘度・洗いやすさは素晴らしいものがあり、

長年愛用しています。

オナホが気持ち良くなるおすすめローション②:『半熟サキュバス魔改造ローション』

引用:キテルキテル

標準価格 1700円(税別)
容量 600ml
サイズ 245mm×80mm
製造 日本製
ポイント 快感増幅性能をアップさせた高品質ローション。

『半熟サキュバス魔改造ローション』の口コミ・評判

非常に粘度があるのにも関わらず、乾かない。

しっかりオナホのヒダヒダを感じれるいいローションでした。

保水性も量にもよりますが、30分以上シゴいても全然乾きません。
粘度は柔らかく・伸びがいいです。洗い流しやすさも良かったです。

オナホが気持ち良くなるおすすめローション③:『ライドジャパンローション』

引用:ライドジャパン

参考価格 1000円前後
容量 400ml
サイズ 220mm×60mm
製造 日本製
ポイント 使いやすいロングノズルで奥まで楽々注入。
スクイーズ容器なので簡単注入。
イージーキャップで使った後も清潔に保管可能。

『ライドジャパンローション』の口コミ・評判

ノズルが長いので注入しやすいのと、容器が柔らかいのでキュキュっと握れば量の調整が超簡単です。もちろん粘度もちょうどよかったです。

ハード系のホールで使用したら予想以上に滑りが良く、驚きました。ローションひとつでここまで差が出るものとは思いませんでした。

オナホが気持ち良くなるおすすめローション④:『ペペローション』

引用:ローション・ぺぺ オフィシャルウェブサイト

標準価格 3300円
容量 360ml
サイズ 高さ205mm)×50mm
製造 日本製
ポイント 無色・無味・無臭ベーシックタイプの中高粘度。
好みに応じて水やお湯で薄めても使用可能

『ぺぺローション』の口コミ・評判

さすがぺぺ!と言えます。ぬっとり粘りけがあり、垂れないので汚れずに済みます。

オナホール使用の場合は、ペペに加えて2、3滴の水(ホールを傾けてポタポタ落ちない程度)をいれると最高です。

オナホが気持ち良くなるおすすめローション⑤:『濃厚ぷにあな汁』

引用:EXE公式Twitter

参考価格 500円前後
容量 360ml
サイズ 194mm×65mm
製造 日本製
ポイント オナホールの快感を極限まで高める国産濃厚ローション。
やわらかボトル&ノズルキャップでオナホールに注ぎやすい。

『濃厚ぷにあな汁』の口コミ・評判

安くて、粘度がかなり高くて、とてもよかったです。

その名の通り濃厚なドロっとしたローションです。とても乾きにくく、ヌルヌル感が持続します。少量で済むのもいいですね。

オナホが気持ち良くなるおすすめローション⑥:『うぶじる 370ml 潤滑ゼリー』

引用:Magiceyes(まじっくあいず)

標準価格 1200円
容量 370ml
サイズ 170mm×65mm
製造 日本製
ポイント オナホホール用に専用配合され、乾きにくくベタ付かない。
ふき取りやすくて洗い不要と実用的。

『うぶじる 370ml 潤滑ゼリー』の口コミ・評判

少量でも良く馴染み、延びていくので物持ちが良いと思います。

粘度も申し分ないし気に入っています。

乾かないし、拭き取れます。
そしてヌルヌル気持ちいいです。

オナホが気持ち良くなるおすすめローション⑦:『ONDO! 温感ローション』

引用:ONDO!

参考価格 700円前後
容量 120m
サイズ 140mm×40mm
製造
ポイント 温度は人肌くらいでちょうど良く、真冬のオナニーにピッタリ。

『ONDO! 温感ローション』の口コミ・評判

品質が良く、安全性が高いと感じました。

人肌ほどの温かさがあるので、ドキドキしました。

オナホが気持ち良くなるおすすめローション⑧:『洗い不要ローション スタンダードタイプ』

引用:RENDS(レンズ)

参考価格 600円前後
容量 145ml
サイズ 143mm×55mm×45mm
製造 日本製
ポイント ティッシュで拭くだけでOK。
使い勝手のよさが最大の特徴。

『洗い不要ローション』の口コミ・評判

ポンプ式は非常に使い勝手がよく、ローション自体も粘度が丁度よく製品は素晴らしい

ティッシュで拭き取るだけで、ヌメリがほとんど取れていいですね。

オナホが気持ち良くなるおすすめローション⑨:『女子校生の愛液ローション 匂い10倍タイプ』

引用:Tamatoys

標準価格 1300円
容量 120ml
サイズ 130mm×40mm
製造 日本製
ポイント 匂いで感じる新感覚ローション。
女子校生の股間に顔をうずめた時に香るまろやかな香り付き。

『女子校生の愛液ローション 匂い10倍タイプ』の口コミ・評判

ローションの粘度がちょうど良いと思います。
乾くことも無く使用出来るかと思います。

10倍のうたい文句通り、強めの匂いです。
でもいやらしい匂いではなくて、何処か懐かしいような匂いです。

オナホが気持ち良くなるおすすめローション⑩:『ヌルネバ☆スイマ~! ! ローション』

引用:Tamatoys

標準価格 1360円
容量 1000ml
サイズ 240mm×83mm×95mm
製造 日本製
ポイント 薄めずそのまま使える低粘度ローション。
乾きにくくヌルヌルが持続。

『ヌルネバ☆スイマ~! !』の口コミ・評判

ポンプ式で大容量はお得感があっていいですね。使用した時の糸をひきながらしこしこという演出が射精感を高めます。

大容量なのと、ワンプッシュで適量が出るところが気に入ってます。
使用感も良く、乾燥しにくいです。

オナホールを気持ちよく使うには、ローション選びが大切!

オナホールとローションは、切っても切れない関係性です。

ローションの特徴と自分自身の好みがぴったり合えば、快適なオナニーライフを楽しめます。

また、ローションを変えるだけでも感覚が変わりますので、まるで違う彼女とセックスをしているようです。

とっかえひっかえでオナニーするのもいいですね。

ぜひ、お気に入りのローションを見つけて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました