燕返し 体位 セックス

燕返しとはどんな体位?燕返しの気持ちいいやり方やコツを徹底解説!

いつものセックスがマンネリ化してしまって悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事ではセックスの体位として有名な燕返しについて紹介していきます。

  • 燕返しとのやり方
  • 燕返しをするメリット
  • 男女別の燕返しの気持ちよさ

燕返とはどんな体位?

燕返しという名前を聞いただけでも何かアクロバティックですごそうな体位だな…と感じる人もいるのではないでしょうか。

実行しにくそうな名前に反して、燕返しはいわゆる48手と呼ばれるものの中で比較的実行しやすい形の体位です。

実行しやすい割には燕返しという体位の気持ちの良さは最強に近いといわれています。

数ある体位の中でも最強といわれる燕返しはどんな点で最強といわれるのでしょうか。

今回は燕返しという体位に関して調査してみました。

燕返しってどんなもの?

燕返しとは江戸時代にセックスの体位についてまとめた江戸48手の中にある後背位(いわゆるバック)の一つ

江戸48手という言葉はおそらく聞いたことがある方が多いかと思いますが、知られている48手と並べて裏48手というものも存在しており、実際は100手近く体位が存在していることになります。

燕返しは実行するのに決して難しい体位ではないのですが、深い挿入が可能なため普段は届くことのできない女性の膣の奥までをペニスで刺激をすることができます。

普段膣内でイキにくいという女性も燕返しによっていつもと違う深い刺激を受け、快感が増す可能性が高い体位です。

燕返しのやり方

燕返しのやり方は以下の通りです。

  1. 女性がうつぶせになって寝ころぶ
  2. 寝ころんだ女性の片足を背中側に男性が持ち上げて股を開かせる
  3. 男性が女性の開いた股の間に入り込む
  4. 女性の片足を持ち上げたまま男性が股の間に入り込んだ後、女性の持ち上げていない太ももの上にまたがるように体制を整え、ペニスを挿入しピストンする

女性の足がVの字に開くため正常位よりも深く挿入ができ、また一方で男性は正常位と同じ体勢になるためピストンをするときに動きやすい体位といえます。

また燕返しで男性が女性の足を抱え込む際、おそらく太もものあたりを腕で抱きしめている形になるかと思います。

太ももではなく足首をつかんで女性の背中の方へ足首を倒してみましょう。

その際、女性の膝を90度に曲げて背中に対して女性の太ももが直角になる体勢になるとさらに女性の足が開き、挿入が深くなります。

女性にとっては体勢が苦しく感じる場合もありますので燕返しに慣れたり、そもそも女性の体が柔らかいときに試してみてくださいね。

燕返しをするメリットと注意点

体位 気持ちいい

セックスのときにいつも慣れている体位と変えることで気分を変えたり、感覚の違いによってより快感を得ることができるなど様々なメリットがあります。

また燕返しをするうえで気を付けなければならない点もいくつか見られます。

ここではなぜ燕返しが最強なのか、また気を付けるべき点について紹介していきます。

燕返しは48手の中でも特に挿入が深い

女性がうつぶせで片足を上げる体勢で行われる燕返しは48手の中でも特に挿入が深いといわれています。

後背位自体が正常位よりも結合部分の密着度が高いのですが、その中でも燕返しは女性のお尻の肉が邪魔にならない分、さらに挿入時の密着度が増します。

密着度が増すことによってペニスが女性の膣の奥まで届いて刺激して、女性が膣イキしやすいメリットがあります。

なかなかイキにくい、今までセックスでイクまでの快感を得たことがないという女性にはかつてないくらいの挿入で体の奥底を刺激され、膣でイクという経験もできる可能性が広がります。

膣の奥だけでなく、男性が自由に角度なども変えることができるため、膣の入り口と子宮口の中間点にあるGスポットも刺激することが可能ですよ。

また、燕返しは松葉崩しや押し車(燕返しの状態から両足を持ち上げる体勢)へ体勢を変えやすいところも嬉しい点です。

燕返しをするときに気を付けること

燕返しをする際に気を付けることは女性の片足を後ろに上げる体勢のためバランスがとりづらかったり、女性の足や腰、背中に負担がかかる可能性があることです。

女性の足を持ち上げるときはゆっくりと、女性の様子を見ながら無理に上げすぎないようにしましょう。

挿入した後は足を少し降ろして女性に負担がかからないように気を付けて続けることをおすすめします。

奥まで挿入することによって女性が普段当たらない膣の奥にペニスが当たることによって痛みを感じる可能性もあります。

難しい体位ではありませんが、普段あまりしない姿勢を女性にさせることになりますので、次の日に筋肉痛になったりする可能性もあります。

男女別の視点から見た燕返し

セックスの際に男性と女性の二人で行い、お互いの快感を高める体位の一つが燕返しです。

男性、女性それぞれの視点から見て燕返しは快感にどのように影響があるものでしょうか。

男性の立場での燕返し

体位の違いで男性の感覚や快楽が変わることもあります。

燕返しの場合も男性にとっていくつか興奮を増すポイントがいくつもあります。

まず、体勢の影響で深い挿入ができるため強く快感を得ることができるでしょう。

それだけでなく女性に挿入するところを見ることができるため女性に対する征服感を味わうことができることです。

また挿入後ピストンするときに男性主導で動くことができるため、イキそうになっても我慢することができます

早漏などで悩んでいる人も射精するタイミングを自分で調整することができると長い時間セックスを楽しむことも可能です。

さらに、燕返しは挿入しピストンしているときに女性の足を抱えている手と反対の手は自由に使えます。

なので、その手で乳房をまさぐったり髪をなでたり背中などを刺激することも出来るため、同時に何か所も女性に刺激を与えることも嬉しい点ですね。

女性の立場からの燕返し

女性が燕返しをする際に快楽を得る理由もいくつかあります。

セックス中に快楽を感じている表情をパートナーの男性にみられるのは恥ずかしいと思う女性は比較的多いかと思います。

後背位の一つである燕返しは男性に背中を向けているので、最中に感じている顔も振り返らない限り見られることがありません。

そのため自分がどんな表情をしているかなど気にすることなく、受ける快楽に集中できることが女性にとってのメリットです。

また、共通のメリットの点で触れましたが燕返しは挿入が深く、膣の奥にペニスが当たりやすくなります。

膣の奥には神経が多く性感帯の一部であるにもかかわらず、指では届かず刺激することができないため燕返しで普段感じる快感を得ることができます。

膣の中でイッた経験がないという女性も燕返しという体位を試すことによって、いままで経験したことのない膣イキを味わうことができるということもよい点ですね。

燕返しでセックスのマンネリ化を解消しよう!

後背位の一種である燕返しのことについて紹介しました。

100近く存在する体位の中で最強の体位といわれるだけあって普段刺激することができない深い場所を刺激して快感を得ることができたり、燕返しに飽きたら他の体位への移行もスムーズに進めることができます。

一部、足のあげ方など気を付けることや、何より女性の体勢に関する点などで気を付ける部分はありますが、複雑な体位ではないため比較的チャレンジしやすいものではないでしょうか。

新しいことに挑戦するということは自分やパートナーの快楽に幅を持たせてもっとセックスを楽しむために有効な手段でもあります。

ぜひパートナーとのひと時に、より楽しく快楽を追求してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました