スープおじさん まとめ

スープおじさんは調べてはいけない?スープおじさんの画像についてや真相を徹底解説!

「スープおじさん」「nさじおプース」と安易に検索してはいけません。

最強のグロ画像や内容が検索されます。

本記事では、スープおじさんとはどのようなものなのかについて解説していきます。

  • スープおじさんとは?画像は本物?
  • スープおじさんの死因は?真相は?
  • 他の検索してはいけない言葉

検索してはいけない言葉「スープおじさん」とは

スープおじさんと聞くと料理好き、スープ好きのおじさんの話だろうかとほんわかした印象さえ受けそうですよね。

検索してはいけない言葉というものがネット上であります。

その数ある中でも上位にあげられるのがこのスープおじさんという言葉です。

スープおじさんの意味について

スープおじさんとはお風呂の浴槽で亡くなり、その後発見が遅れ遺体の原型を留めておらず溶けてスープのようになってしまった男性のことや、その現場画像のことを指します。

出回ったあまりに衝撃的でひどい状況の画像では遺体が足以外どろどろに溶けてしまっていることから、スープおじさんと名付けられ有名になりました。

スープおじさんは実在する?

スープおじさんはフィクションでも都市伝説でもなく、実在した人物です。

ただ、あまりにグロテスクな画像であり、そもそも警察がそのような画像を公開するだろうかと、インターネット上では少なくとも画像が偽物ではという意見もあるようです。

スープおじさんの正体

警察が発見した際に死後二週間は経っていたと言われている遺体はすでに人としての原型をとどめていませんでした。

そのため身元の情報はあまりないようです。

国籍や外見など不明のままで、90歳前後の男性と言われていますが実際に年齢を特定した詳細も判明していません。

もしDNAが残っていたとしても、その場合年齢だけでなく他の身元情報も流れていると思われます。

スープおじさんの画像は本物?

スープおじさんの画像では、よく見ると人の足のようなものを確認することができますが、それ以外の部位は湯に溶けてどろどろになっている状態で浴槽が満たされている姿が映っています。

それほど壮絶な画像だけに、作られたものではないかとも言われています。

画像加工の技術が向上していることにより誰でも作ろうと思えば作れるのではといった意見の他に、警察がそのような画像を流出するだろうかという意見があります。

ただ、ここまでひどくなくともインターネット上で孤独死の遺体画像が公開されているため、これも同じことではという声があり、画像は本物である可能性は高いようです。

なぜスープおじさんになってしまったのか

樹海などならまだしも、自宅で亡くなられたというのに何故、どのような状況でスープおじさんとなってしまったのでしょうか。

スープおじさんの死因や原因について紹介していきたいと思います。

スープおじさんの死因は?

浴槽で亡くなっていた人がそこの住人で間違いないとしたら男性の一人暮らしということもあり、一番の死因としては孤独死である可能性が高いようです。

ですが遺体の損傷があまりに激しいため、明確な死因は特定できていません。

かなり高齢者であったことから、孤独死はさておきヒートショックではという説が有力です。

ヒートショックとは急激な温度変化のため体の血圧が一気に変動することを言います。

そのため特に高齢者には負担が大きく、心筋梗塞や脳梗塞、失神を引き起こしてしまうことがあります。

そのまま放置すれば死に至りますが、同居家族などがいればそれでも気づいてもらえ助かっていたかもしれません。

何故液状化したのか

スープおじさんの画像では遺体があまりに腐乱が進んでいる状態となっています。

警察が発見し遺体を回収しようと足らしきものを持っても、残っていた肉がずるりと滑るようにはがれたと聞きます。

遺体はその後、そういった専門清掃業者が来てすくい上げ、回収したようです。

スープおじさんは何故そこまで液状化してしまったのでしょうか。

旧式の湯沸かし器

スープおじさんのどろどろに溶けた遺体は、旧式の湯沸かし器が原因ではと言われています。

自動で停止する今の湯沸かし器と違い旧式の湯沸かし器では自動で停止する機能はついていません。

そのため、スープおじさんが亡くなった後も延々と湯を沸かし続け、遺体はスープのように煮込まれることになったという説です。

もしくは追い焚き機能が原因だという説もあります。

予約設定された追い焚き機能がスープおじさんの死後も働き、そのまま定期的に煮込まれることになったという内容です。

どちらにしても凄絶な遺体になることでしょう。

死後発見が遅れたせい

どろどろに溶けた理由としてもう1つに、長期間浴槽に浸かっていたためというのもあります。

亡くなってから少なくとも2週間は浸かっていたと言われていますが、他に1年以上浸かっていたという説もあります。

高齢者など1人暮らしの孤独死が現代社会問題として問題視されていますが、スープおじさんは典型的で最悪の結果とも言えます。

寝室で横になったまま長らく放置された遺体も人としての原型を留めていません。

ましてやお湯に浸かったままだと、どうなるかは否応なしに想像できるかと思います。

そもそも検索してはいけない言葉って?

検索してはいけない言葉とは、そのままの意味でインターネット検索エンジンを使って検索してはいけない言葉ですが、要はそれをあえて検索する遊びでしょうか。

ただそう言われるだけあり、検索して出てくるのはグロテスクだったりオカルトだったり精神的ブラクラだったりと、どれも強精神が必要となる内容ばかりです。

中には本物の死体も登場しますし実際、安易に検索すべきではありません

トラウマ級のグロ画像や動画が出てくる

検索するとキーワードからは予想できないような内容が出てくることが多く、グロテスクなものやオカルト以外に荒し目的やたまたま無関係の内容が結び付けられているといったものもあります。

最近では地上波番組でも取り上げられるくらい定着したせいか、解釈違いでキーワードを使わず最初からトラウマに直結するような言葉も中にはあるようです。

当初は本当に注意喚起が目的だったかもしれませんが、現状は検索してはいけないというより、怖いもの見たさで検索したい言葉というほうが妥当かもしれません。

実際、検索してはいけない言葉で検索するとまとめサイトも数多く出てきます。

発祥元は?

検索してはいけない言葉という呼び方の発祥元ははっきりしていません。

コピペディアやアンサイクロペディアなどで最初に掲載されたのが2008年頃なので、急速に広まったのがそれくらいだろうと言われています。

その以前からも各種掲示板などで出回っていた、グロテスク画像の注意や解説を掲載したサイトや、荒し、釣り目的で書き込まれることの多い危険なURLをまとめたサイトなどは2000年代初め頃から存在したようです。

それらが古い情報のまま更新停止したり削除されてしまい、結果キーワードだけが独り歩きして検索してはいけない言葉に繋がったのではとも言われています。

スープおじさん以外に検索してはいけない言葉はある?

インターネットの普及は便利な反面、自己責任で情報を取捨選択しなければとんでもない内容を目にする羽目にもなります。

スープおじさんもそうですが、他にも検索してはいけない言葉は多々あります。

本当にトラウマになるような壮絶なものから、気が抜けてしまうようなもの、ギャグかなと思えるようなものまで様々です。

ここではそんな中でよく見かける言葉を少々紹介します。

それらを改めて検索するにも、他の内容を検索するにも、覚悟を持って自己責任でお願いします。

グリーン姉さん

グリーンねえさんとは、硫化水素自殺した女性のことです。

硫化水素を吸い込むと高濃度なら数呼吸で昏倒して死亡するのですが、遺体は屍蝋していました。

即死濃度に満たない硫化水素を長時間吸引すると遺体に黒っぽい赤紫色や緑色を帯びた死斑が現れたり、臓器が灰緑色になることがあります。

このグリーンねえさんも下手に検索すると、目が溶け全身緑色に染まった蝋状の皮膚をしたグロテスクな遺体の画像が飛び込んできます。

スープおじさんとの関連性はありませんがスープおじさんよりグロテスクという意見もあります。

安易に検索しないようにしましょう。

モーターサイクル男(モタ男)

モーターサイクル男、略してモタ男はどちらでも検索されます。

一見楽しげな名前にも思えますが、こちらもかなりグロテスクな画像です。

何らかの衝撃で顔の下半分を損傷した男性の画像で、目の下から顎にかけてえぐれていて歯や舌がむき出しになっています。

血が滴り、めくれ上がっている皮膚は充血して腫れています。

バイクの事故で顔の下半分だけ大けがというのは不可解であり兵士が爆弾処理中に怪我したとかショットガンで自殺をはかった、と考える人もいるようです。

他にも数えきれないほどある

  • 中東での宗教紛争による一方的な殺戮、死体しか流れない非常に暴力的で世界一グロテスクだと有名な動画、POSO
  • メキシコでのグロ動画、メキシコ カッター
  • 麻薬密売に手を出した少年の最期、ディーラー少年
  • ウクライナで起こった殺人動画、ウクライナ21

例として挙げた以外にもあまりに多い検索してはいけない言葉があります。

興味がある人ならまだしも、絶対に検索したくない人は『検索してはいけない言葉wiki』というサイトの危険度分類などで調べてみるのも手かもしれません。

スープおじさんは安易に検索してはいけない!

検索してはいけないスープおじさんとは、おそらく入浴中に孤独死してしまい、そのまま煮込まれたようにどろどろに溶けてしまった高齢者のことでした。

そのような遺体となっただけでなく、こうしてインターネットで今もなお晒されてしまう男性のご冥福をお祈りいたします。

スープおじさんの画像はあまりにグロテスクなため、ワンクッションどころかここには直接貼りません。

ですが「スープおじさん」と画像検索するだけで、深層webでも何でもない普通の検索エンジンで簡単に見れてしまいます。

興味のある人は自己責任で検索してください。

ですがよほどのグロ好きの人以外はやめたほうが無難です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました