二つ巴 体位 セックス

『二つ巴(ふたつどもえ)』はどんな体位?二つ巴のやり方や気持ちよくなるコツまで徹底解説!

パートナーとのセックスがマンネリ化していて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんなときは体位を変えてセックスをすることがおすすめです!

そこで、本記事ではセックスがマンネリ化している方におすすめの体位『二つ巴(ふたつどもえ)』について徹底解説していきます。

  • 体位『二つ巴(ふたつどもえ)』のやり方
  • 体位『二つ巴(ふたつどもえ)』のメリット・デメリット
  • 体位『二つ巴(ふたつどもえ)』で気持ちよくなるコツ
adpon 目次上レクタングル

『二つ巴(ふたつどもえ)』ってどんな体位?

二つ巴(ふたつどもえ)は、男女がお互いの性器を愛撫しあう体位で、48手の1つでもあります。

現代ではシックスナインと呼ばれており、シックスナインの大江戸版バージョンが二つ巴(ふたつともえ)なのです。

48手とは

48手とは性行為の体位の種類を表したもので、江戸四十八手とも呼ばれています。

この呼び名は、日本の江戸時代において付けられたとのこと。

マンネリ化したセックスを解消するにはもってこいです。

体位『二つ巴(ふたつどもえ)』のやり方

まずは48手の1つでもある、二つ巴(ふたつともえ)のやり方について、説明していきます。

二つ巴(ふたつともえ)という言葉は聞いたことがなくても、シックスナインは聞いたことがあるという人がほとんどではないでしょうか。

シックスナインとは、男女が上下に重なり、お互いの性器を愛撫しあう行為。

その際、男性が下・女性が上になるシックスナインの体勢が二つ巴(ふたつともえ)です。

二つ巴(ふたつともえ)のやり方は、まずは男性が仰向けに横になります。

女性は男性の顔にお尻を向けてまたがり、上半身を倒します。

男性は女性のクンニリングスを愛撫、女性はフェラチオをすることで、二つ巴(ふたつともえ)の体位が完成です。

体位『二つ巴(ふたつどもえ)』をするメリット

続いて、二つ巴(ふたつどもえ)をするメリットについて見ていきましょう。

二つ巴(ふたつともえ)をするメリットは以下2つ。

  • 同時にお互いの性器を刺激できる
  • 挿入がスムーズに

同時にお互いの性器を刺激できる

1つ目は、同時にお互いの性器を愛撫しながら刺激できるところ。

男性は口で女性の性器を愛撫しつつ、手では乳首を。

女性はフェラチオをしつつ、手では乳首やタマを刺激できます。

愛撫による快感と刺激を同時に味わえるのが二つ巴(ふたつともえ)のいいところ。

挿入がスムーズに

二つ巴(ふたつともえ)は、お互いが同時に刺激をし合える体位。

なので、その後の挿入がとてもスムーズになります。

どちらかが濡れてどちらかが乾いてしまう…なんてことがなく、スムーズに挿入ができるのが二つ巴(ふたつともえ)のメリットです。

お互いを高め合うように2人同時の愛撫で、挿入がより気持ちいいものとなります。

体位『二つ巴(ふたつどもえ)』をするデメリット

次は、二つ巴(ふたつともえ)をするデメリットについて。

いいことだらけの二つ巴(ふたつともえ)ですが、実は少なからずデメリットもあるのです。

二つ巴(ふたつともえ)をするデメリットは以下2つ。

  • 身長差がありすぎるとやりづらいことも
  • 腰を動かすと愛撫がしにくい

身長差がありすぎるとやりづらいことも

1つ目のデメリットは、男女の身長差があると少しやりづらいところ。

男女の身長差があると、性器まで口が届かない場合など、愛撫が難しかったりすることがありますからね。

二つ巴(ふたつともえ)のデメリットではありますが、身長差が大きい場合は、女性は男性の性器を舌で気持ちよくさせて、男性は指で女性の性器を愛撫するなど工夫をしましょう。

腰を動かすと愛撫がしにくい

2つ目のデメリットは、気持ち良くて腰を動かすと愛撫がしにくくなるところ。

セックス中は気持ちがいいと、相手にもっとここを刺激して欲しい!という思いから、自ら腰を動かしてしまうことも。

そうすると、自分の性器を相手の口に固定をする体位の二つ巴(ふたつともえ)の場合は、愛撫がしにくくなってしまうのです。

二つ巴(ふたつともえ)の体位では、相手が愛撫をしやすい体勢をキープするように心がけましょう。

体位『二つ巴(ふたつどもえ)』がもっと気持ちよくなるコツ!

お互いの性器を同時に愛撫と刺激ができる貴重な体位で、男女ともに人気がある二つ巴(ふたつともえ)。

人気のある体位だからこそ、これから二つ巴(ふたつともえ)がもっと気持ちよくなるコツについて紹介していきます。

アソコのお手入れを大切に

二つ巴(ふたつともえ)は、男性も女性も自分の性器が相手の顔に近づき、とっても恥ずかしい体位です。

性器だけではなく、お尻までじっくり見られることにもなりますからね。

そんな時、アソコのお手入れがとても重要になります。

ニオイや黒ずみ対策など。

アソコのお手入れをきちんとしていないと、ニオイなどが心配になりますよね。

そうすると、心が落ち着かなくなり、気持ち良さが半減してしまうことも。

アソコのお手入れをきちんとしておくことで、安心して二つ巴(ふたつともえ)の体位で感じることができますよ。

女性は大胆に

二つ巴(ふたつともえ)は、女性が上になる体位。

なので女性の積極性がお互いの気持ち良さのポイントとなります。

女性が大胆になればなるほど男性は喜んでくれることでしょう。

いつもより積極的に行動をして相手を喜ばせてあげてくださいね。

今までは消極的だった女性も、積極的に動くことで新たな自分を発見できちゃうかもしれませんよ。

実際に『二つ巴(ふたつどもえ)』を経験した男女のリアルな口コミ

続いて、二つ巴(ふたつともえ)を経験した男女のリアルな口コミについて見ていきましょう。

どんな口コミがあるのでしょうか?

男性の口コミ

お互いが気持ちよくなれるところがいいよね。
彼女の性器をマジマジ見られるし。
恥ずかしがってる姿もたまらない。(30代/会社経営)

お互いが愛撫している音が部屋中に響き渡るのがエロい。
一番好きな体位。(20代/IT勤務)

上で彼女が頑張ってくれる姿が愛らしい。
自分も気持ちよくしてあげようって思う。(20代/大学生)

 

女性の口コミ

すごい恥ずかしいからずっと断ってたんだけど、一度やってみたら気持ちよくて今では私からお願いしてる。(20代/大学生)

フェラは苦手だけど、シックスナインならOKしてる。
自分も気持ちよくなれるからいいよね。(20代/看護師)

男性にも愛撫してもらってるって実感できる体位。
口でも手でも気持ちよくしてもらえるところがいい。(30代/女性)

『二つ巴(ふたつどもえ)』と合わせて使えるおすすめ体位

お互いが気持ちよくなれる、相手の性器を近くで見れるとのことで、男女ともに人気が高い二つ巴(ふたつともえ)。

最後に、二つ巴(ふたつともえ)と合わせて使えるおすすめの体位について3つ紹介していきます。

体位の特徴、なぜ二つ巴(ふたつともえ)と相性が良いのか、どのような流れでできるのかなども説明していきますね。

『濵千鳥(はまちどり)』

濵千鳥(はまちどり)とは、足を開いた女性の上に男性が覆い被さる正常位のこと。

真っすぐ挿入する正常位との違いは、濵千鳥(はまちどり)は女性の下半身が少しだけ横向きになっている状態で挿入を行うところです。

二つ巴(ふたつともえ)で前戯を行い、濵千鳥(はまちどり)に移行するには、男性が女性を起こしつつ、覆い被さり挿入します。

その際、女性の下半身を真っすぐにしなくても挿入ができ、男性の負担が少なくなるので、二つ巴(ふたつともえ)との相性もよいのです。

岩清水(いわしみず)

岩清水(いわしみず)とは、二つ巴(ふたつともえ)と同じく、セックスの体位ではなく、前戯の1つ。

「顔面騎乗位」とも呼ばれています。

仰向けで横になった男性の顔の上に女性が跨り、性器を愛撫するという体位。

女性が男性の顔の上に跨る際は、正面でも後ろでもOKです。

二つ巴からの体位の変え方は、男性の上に跨っている女性の向きを変えるだけ。

女性の向きを変え、男性の顔の上に移動をするだけなので簡単です。

二つ巴で女性がイキそうになったら、石清水の体位に変更して、さらにクンニを続けてあげれば、女性の気持ち良さは最高潮となるでしょう。

女性の気持ちよさを優先したセックスならば、二つ巴→岩清水→挿入という流れがおすすめです。

『テコがかり』

テコがかりは48手の中で一番難易度が高いといわれている体位です。

ペニスの勃起具合が最大のポイントとなる体位。

柔らかすぎず、硬すぎないペニスでなければできない。

ですが、難易度が高いというわれているからこそ、気持ち良さも最高潮。

テコがかりは、挿入・ピストン・姿勢の維持が難しく、この体位と得意とするAV男優は数えるほどしかいないといいます。

すごい体位ですよね。

だからこそ、この体位ができれば女性から尊敬の眼差しを向けられること間違いなし!

テコがかりは、仰向けになった女性の上に、うつ伏せの男性が覆い被さり、挿入します。

男性の頭は女性の足先に、女性の目の前には男性の足がある状態で、お互いの性器の位置を上手く調節し、挿入するといった体位。

うつ伏せの男性は、勃起したペニスを手で下で押さえつけながらの挿入するのですが、この時、ペニスが柔らかいと挿入できません。

逆に硬すぎると、ペニスを手で押さえつける時に痛みを感じ、挿入ができないという状況になるので、なんとも難しい体位なのです。

二つ巴(ふたつともえ)から男女の上下を入れ替えての挿入になるので、体位の移行は簡単です。

難しい体位ではありますが、普段とはまた違った気持ちになれるので、マンネリ化したセックスを打破するきっかけにもなることでしょう。

体位『二つ巴(ふたつどもえ)』でマンネリセックスを解消しよう!

いかがだったでしょうか。

二つ巴(ふたつともえ)の体位について、おわかりいただけましたか。

男女ともに人気のある体位の二つ巴(ふたつともえ)。

恥ずかしい体勢となるので、なかなか挑戦できないという人も多いとは思いますが、お互いが気持ちよくなれる最高の体位です。

ぜひ一度、挑戦してみてはいかがでしょうか。

500円でJ○のセフレが作れる?!AV女優が暴露したセフレ作りの裏テク
男なら、若くて可愛いセフレが欲しいもの。
10代20代のセフレを合法的に作れる方法があるんです...。

アラフォーの自分が、18歳のセフレを500円で作った方法。周りからは、若いセフレってだけで羨ましがれます。

実は若い子ほど、彼氏とのセックスに不満な欲求不満な女性が多いんです。だから経験豊富な年上男性とのセックスを求めてるんです。

女性の性欲の捌け口になってるサイトを知っていれば、驚くほど簡単にあなたもセフレが作れます。



アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。
女性は友達にヤリマンだなんて思われたくない。だから、こっそりネットでセフレを探しています。

日本最大級の会員数2000万人を超える匿名のワクワクメール【18禁】。今までの出会い系だと、デート→ホテル→セックスが主流。

ワクワクメールは、セックスが目的。余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

セックス相手を募集している書き込みが多数。ワクワクメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「その他の掲示板」を見てください。



全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れてます。その数なんと1時間で40投稿以上

パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、簡単にセックスに持ち込めます


会うのは、お互い都合の良い駅前など。そのまま即ホテルに行きセックスの流れが基本。
ワクワクメールを使うと1,000円でセフレが作れた

結論、39歳の筆者は4,000円課金して2人のセフレをGET。1人目こそ3,000円位かかりました。慣れれば、1人500円近い値段でセフレが作れます。風俗と比べて圧倒的にコスパが良いです

たった1ヶ月でセフレをGET!面倒なやり取りもなしエロい女が多く、男が足りないという悲鳴すらあります

セフレなんて縁がなかった筆者ですが、1ヶ月経った頃には18歳の合法JKと、24歳のOLをGET!セフレを探すぐらいだからセックスには貪欲!野外やアナル・ハメ撮りなど女の子から提案するぐらい積極的。

OL、人妻、コスプレ好きなどなど。ぜひ一度のぞいてくださいw

登録は1分で完了

無料でモニター登録(R18)

セックス
life

コメント

タイトルとURLをコピーしました