抱き地蔵 体位 セックス

『抱き地蔵(だきじぞう)』はどんな体位?抱き地蔵のやり方や気持ちよくなるコツまで徹底解説!

パートナーとのセックスがマンネリ化していて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんなときは体位を変えてセックスをすることがおすすめです!

そこで、本記事ではセックスがマンネリ化している方におすすめの体位『抱き地蔵(だきじぞう)』について徹底解説していきます。

  • 体位『抱き地蔵』のやり方
  • 体位『抱き地蔵』のメリット・デメリット
  • 体位『抱き地蔵』で気持ちよくなるコツ
adpon 目次上レクタングル

『抱き地蔵(だきじぞう)』ってどんな体位?

男女

『抱き地蔵(だきじぞう)』とは48手の1つで、対面座位の一種でもあります。

男性が椅子やソファーに腰かけて、その上から女性が座る形の体位です。

『抱き地蔵(だきじぞう)』は、男女とも人気が高い体位で、見つめ合って愛を伝えるのにも最適な体位なので、甘々イチャイチャなセックスが好きな人にピッタリでしょう。

48手とは

48手とは、江戸時代に生み出された48種類の体位の総称です。

江戸四十八手とも呼ばれ、大昔から多くの人々が実践してきました。

48手には裏と表があり、両方合わせると96種類にもなるそうです。

また、近年では百手とも言われているので、これからも新たな体位が開発されそうですね!

体位『抱き地蔵(だきじぞう)』のやり方

『抱き地蔵(だきじぞう)』について、ざっくりと知っていただけたでしょう。

ここからは、『抱き地蔵(だきじぞう)』のやり方を解説していきます。

この体位は、比較的誰でも挑戦しやすい簡単なものなので、ぜひ実践してみてください!

『抱き地蔵(だきじぞう)』のやり方:椅子に座った男性に女性が跨る

まず、前戯を終えた状態で、男性が椅子やソファーに腰かけます。

そこに女性が男性と向き合う形で跨って挿入したら、『抱き地蔵(だきじぞう)』の完成です。

体位『抱き地蔵(だきじぞう)』をするメリット

『抱き地蔵(だきじぞう)』には、たくさんのメリットがあります。

ここからは、『抱き地蔵(だきじぞう)』をするメリットをそれぞれご紹介していきますので、実践する前の事前情報として読んでみてください!

1.女性が自由に動ける

まず1つ目は、女性が自由に動けることです。

『抱き地蔵(だきじぞう)』は、女性が男性の上に跨る体勢で動くため、女性の動きの自由度が高いのが特徴です。

そのため、女性が男性の上で前後に腰を動かしたり、上下に激しくピストンしたりと、女性が自分で気持ち良い部分を探りながら動くことができます。

2.密着できる安心感

2つ目は、密着できる安心感です。

『抱き地蔵(だきじぞう)』は座って抱きしめ合うような体位なので、密着度が高く、男女ともに幸福感に包まれます。

そのなかで、愛の言葉を伝えたりキスをしたりもできるので、安心感と幸福感を全身で味わえるのが魅力です。

3.中イキしやすい

3つ目は、中イキしやすいことです。

先ほど解説した通り、『抱き地蔵(だきじぞう)』は女性の動き方によって様々な刺激を味わえます。

女性の動き方によっては、性感帯であるGスポットやポルチオを刺激できるため、中イキしやすいんです!

また、『抱き地蔵(だきじぞう)』で動きながら、男性が女性の乳首や首筋を刺激して興奮度を高められるので、膣の感度が上がりやすくなり、さらに中イキしやすくなります。

4.クリトリスが擦れる

4つ目は、クリトリスが擦れることです。

女性が腰を前後にグラインドさせる動きでは、クリトリスを刺激できます。

ご存知の通り、クリトリスは女性の1番の性感帯です。

そんなクリトリスを挿入しながら刺激できるなんて、女性にとっては最高に気持ち良いこと間違いなし!

5.男性側が楽

5つ目は、男性側が楽ということです。

『抱き地蔵(だきじぞう)』は女性が動く体位なので、男性は女性を抱きかかえているだけで、動く必要がありません。

そのため、男性は動かずとも快感を得られます。

6.深い挿入感が得られる

6つ目は、深い挿入感が得られることです。

『抱き地蔵(だきじぞう)』の状態で男性が少し脚を開くと、ペニスが膣の奥まで入ります。

また、女性が少し腰を浮かせても深く挿入できるので、『抱き地蔵(だきじぞう)』は男女ともに深い挿入感でイキやすい体位と言えるでしょう。

7.初心者でも簡単にできる

ベッド

7つ目は、初心者でも簡単にできることです。

セックスの体位は多種多様ですが、体勢の維持や挿入角度が難しいものも少なくありません。

しかし、『抱き地蔵(だきじぞう)』の場合は、座っている男性に女性が跨るだけなので、とても簡単に実践できます。

また、挿入後の動きも特別なテクニックが必要ないので、初心者の方におすすめです。

体位『抱き地蔵(だきじぞう)』をするデメリット

様々なメリットがある『抱き地蔵(だきじぞう)』ですが、メリットが多い反面、デメリットもいくつかあります。

そこで、ここからは『抱き地蔵(だきじぞう)』のデメリットをそれぞれご紹介します。

1.体重が気になる…

『バチェラーガール』の詳細情報

1つ目は、体重が気になることです。

『抱き地蔵(だきじぞう)』は、女性が男性の上に乗るため、どうしても男性に体重をかけることになります。

そのため、女性は「重いと思われてないかな?」「重いと思われたら嫌だ」と自分の体重を気にしてしまいかねません。

ただ、行為中に女性の重みを気にしている男性は少ないので、過度に気にする必要はないでしょう。

一方、男性は「重くないから大丈夫だよ」などと、女性の心配を和らげる言葉をかけてあげてください。

2.長く続けると足が痛くなる

2つ目は、長く続けると足が痛くなることです。

『抱き地蔵(だきじぞう)』は、足を使って動く体位です。

特に、膝を立てて女性が上下にピストンする動きは、かなり足の筋肉を使うため、長く続けていると足が痛くなってしまいます。

それでも『抱き地蔵(だきじぞう)』を長く楽しみたい場合は、女性が疲れたタイミングで男性が腰を動かすなど、動く役を交代しながら行うのがよいでしょう。

3.重みに耐えなければならない

3つ目は、重みに耐えなければならないことです。

先ほど、男性は女性の重みをあまり気にしないと解説しましたが、長時間続けるとなると、次第に重みを感じるようになります。

『抱き地蔵(だきじぞう)』で動いている途中で、タイミングを見計らって体位を変えてもいいですが、盛り上がってる場合はなかなか止められないでしょう。

そういった場合は、ムードを壊さないためにも、男性が女性の重みに耐える必要があります。

4.挿入角度によっては痛みを感じる

4つ目は、挿入角度によっては痛みを感じることです。

男性のペニスは、無理な角度に曲げると痛みを感じます。

女性はその感覚が分からないため、「ただ挿入すればいい」と勘違いしがちです。

もし、無理矢理挿入しようものなら、男性は痛みから萎えてしまいます。

それを避けるためにも、『抱き地蔵(だきじぞう)』で挿入する際は、ペニスを優しく手で持って、ペニスが真っ直ぐに立った状態から膣に当て、ゆっくり焦らず腰を下ろしていきましょう。

また、プレイを楽しむためにも、「男性のペニスは角度によっては痛みを感じる」ということを念頭に入れておくことが大切です。

体位『抱き地蔵(だきじぞう)』がもっと気持ちよくなるコツ!

そのままでも十分に気持ち良く楽しめる『抱き地蔵(だきじぞう)』ですが、コツを知ればもっと気持ち良くなるんです!

ここからは、『抱き地蔵(だきじぞう)』がもっと気持ち良くなるコツ3つをご紹介します。

1.挿入しながらの愛撫とキス

『抱き地蔵(だきじぞう)』は抱きしめ合いながら挿入を楽しめるのが魅力の体位です。

それを活かして、挿入中は何度もキスをしましょう。

キスによってお互いの興奮度が高まり、女性の膣ももっと濡れるでしょう。

また、空いている手でお互いの体を愛撫し合うことでも盛り上がりますよ!

2.男性の頭を抱きしめる

『抱き地蔵(だきじぞう)』で挿入している時、女性は男性の頭を抱きしめましょう。

頭を抱きしめられることで、男性の顔は女性の胸に近づき、そのまま乳首を舐めることができます。

また、胸が間近にあるという視覚的な面からも男性は興奮度MAX状態になること間違いなし!

3.膝立ちになって素早くピストン

椅子に座った男性に跨り、膝立ちになって素早く上下に動くのも、『抱き地蔵(だきじぞう)』をもっと気持ち良くするコツの1つです。

膝立ちでのピストンは、なかなか体力と筋力を使うので長時間やるには向いていません。

そのため、男性がフィニッシュ寸前になった頃くらいに、この技を試してみてください。

きっとすぐ射精しちゃうでしょう!

実際に『抱き地蔵(だきじぞう)』を経験した男女のリアルな口コミ

「『抱き地蔵(だきじぞう)』をしてみたいけど、まだイマイチイメージが浮かばない…」
そんな方のために、実際に『抱き地蔵(だきじぞう)』を経験した男女の口コミをご紹介します。

男性の口コミ

大好きな彼女を抱きしめながら気持ち良くなれるので、最高の体位です!
それに、間近で彼女が感じている顔を見れるので、かなり興奮しました(笑)

対面座位はあまり好きではなかったのですが、抱き地蔵は奥まで入っている感覚が楽しめるので、今ではお気に入りの体位です!

女性の口コミ

辛くない体勢でできるので、気持ち良さに集中できます!奥まで入っていたけど痛い角度じゃなかったので、しっかり中イキできました!

感じてる顔を近くで見られるのは恥ずかしいけど、その恥ずかしさがクセになっちゃいました(笑)

『抱き地蔵(だきじぞう)』と合わせて使えるおすすめ体位

ここまでで、『抱き地蔵(だきじぞう)』の魅力を知っていただけたことでしょう。

しかし、『抱き地蔵(だきじぞう)』だけのセックスというのもなんだか物足りない。

そう思いませんか?そこで、ここからは『抱き地蔵(だきじぞう)』と合わせて使えるおすすめ体位3つをご紹介します!

1.騎乗位

騎乗位は、『抱き地蔵(だきじぞう)』の体勢から移行しやすい体位です。

また、腰の使い方も『抱き地蔵(だきじぞう)』と似ているので、セックス中の流れを崩さず楽しめるでしょう。

2.対面座位

最初に解説した通り、『抱き地蔵(だきじぞう)』は対面座位の一種であることからも、『抱き地蔵(だきじぞう)』からスムーズに移行しやすい体位です。

対面座位もGスポット、ポルチオをピンポイントで刺激しやすい体位なので、女性をイカせるのに最適な体位と言えるでしょう。

3.背面座位

背面座位は、座っている男性と同じ向きで女性がその上に座って挿入する体位です。

対面座位の逆バージョンと考えるとイメージしやすいでしょう。

女性が背を向けた状態になるため、人気がない体位ではありますが、深い挿入感を楽しめることから一度経験したらハマってしまう方も多いようです。

体位『抱き地蔵(だきじぞう)』でマンネリセックスを解消しよう!

『抱き地蔵(だきじぞう)』の魅力を分かっていただけたでしょうか?

この体位は、初心者でも簡単に楽しめるので、ぜひ今夜パートナーと実践してみてください!

きっと、素敵な夜を過ごせるでしょう。

500円でJ○のセフレが作れる?!AV女優が暴露したセフレ作りの裏テク
男なら、若くて可愛いセフレが欲しいもの。
10代20代のセフレを合法的に作れる方法があるんです...。

アラフォーの自分が、18歳のセフレを500円で作った方法。周りからは、若いセフレってだけで羨ましがれます。

実は若い子ほど、彼氏とのセックスに不満な欲求不満な女性が多いんです。だから経験豊富な年上男性とのセックスを求めてるんです。

女性の性欲の捌け口になってるサイトを知っていれば、驚くほど簡単にあなたもセフレが作れます。



アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。
女性は友達にヤリマンだなんて思われたくない。だから、こっそりネットでセフレを探しています。

日本最大級の会員数2000万人を超える匿名のワクワクメール【18禁】。今までの出会い系だと、デート→ホテル→セックスが主流。

ワクワクメールは、セックスが目的。余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

セックス相手を募集している書き込みが多数。ワクワクメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「その他の掲示板」を見てください。



全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れてます。その数なんと1時間で40投稿以上

パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、簡単にセックスに持ち込めます


会うのは、お互い都合の良い駅前など。そのまま即ホテルに行きセックスの流れが基本。
ワクワクメールを使うと1,000円でセフレが作れた

結論、39歳の筆者は4,000円課金して2人のセフレをGET。1人目こそ3,000円位かかりました。慣れれば、1人500円近い値段でセフレが作れます。風俗と比べて圧倒的にコスパが良いです

たった1ヶ月でセフレをGET!面倒なやり取りもなしエロい女が多く、男が足りないという悲鳴すらあります

セフレなんて縁がなかった筆者ですが、1ヶ月経った頃には18歳の合法JKと、24歳のOLをGET!セフレを探すぐらいだからセックスには貪欲!野外やアナル・ハメ撮りなど女の子から提案するぐらい積極的。

OL、人妻、コスプレ好きなどなど。ぜひ一度のぞいてくださいw

登録は1分で完了

無料でモニター登録(R18)

セックス
life

コメント

タイトルとURLをコピーしました