舐め犬の募集の仕方。出会い系がオススメな理由と注意点

出会い系
  • 彼氏や旦那さんの、独りよがりで身勝手なセックスに満足していない
  • パートナーとは違う男性で満たされたい
  • アソコを舐められるのが好き
  • 舐め犬男性が欲しい

そんな人にこそ読んで欲しい記事になります!

「初めてでどうやって舐め犬を募集したら良いのか分からない」という初心者さんに向けた記事です。

舐め犬を募集したい気持ちなのは、何もあなただけではありません。

結構女性で舐め犬を欲しがる人は結構多く、男性もまた女性の舐め犬としてパートナーを探しているのです。

主に出会い系サイトで舐め犬を見つけることを前提にご紹介していきます。

舐め犬を募集するポイントや注意点などを綴っていますので、ステキな相手を見つける参考にしてみてください。

出会い系でセックスは今の時代普通のこと。

セフレを見つけるなら「ワクワクメール

女の子もエッチ目的で登録しているので、

セックス前提で出会えます。

掲示板の機能でさくっと探せます。▼

かわいい子がこんなに…!

\無料登録でエッチな女をチェック/

ワクワクメールに無料で登録する(R18)

出会い系が舐め犬の欲しい女性におすすめの理由

まずは舐め犬について理解を深めましょう。

  • そもそも舐め犬とは何なのか
  • なぜ出会い系で舐め犬を探した方が良いのか
  • 男性が全員舐め犬になるとは限らない

この3つに着目していきます。

舐め犬とは?

舐め犬を一言でいえば、「女性にクンニするだけの男性」です。

最近では女性器だけでなく、アナルや足などを舐める男性のことも舐め犬と呼ぶこともあるようです。

正確にコレが舐め犬という決まりはなく、シンプルに言い表すなら「女性にクンニするだけの男性」ということになります。

セックスはしない、でもアソコを舐めてくれる男性は欲しい。

そんな女性に舐め犬はおすすめです♪

出会い系なら、女性も気にせず願望を口にできる

舐め犬を探すなら出会い系サイトで探すことをおすすめします。

出会い系サイトには「キーワード検索」という機能があるのです。

舐め犬を探している女性で「クンニ」や「舐め犬」と検索している人が多いくらい、女性からの関心が強いです。

出会い系ならステキな舐め犬男性と出会う前から、自分の願望を口にできます。

ストレートな表現で募集できますし、どんな舐め方が好きなどアピールすることも可能です。

控えめに願望を口にして、いざ出会ってからアレもしてほしいコレもしてほしいというのはNG。

せっかく見つけたパートナーに、条件が合わないと後日断られるのはあまりにももったいないです。

募集する際に「あまり長々と書きたくない」という人は、「その他条件要相談」と記述しておくと良いですよ。

普段の出会いでは、舐めるのが嫌いな男性も多い

通常の出会い目的でいきなり舐め犬としてパートナーになることに、多少なりとも抵抗を感じる男性は少なくありません。

初対面でセックスすることに抵抗を持つ男性は少ないのですが、初対面でいきなり女性のアソコを舐めたがらない男性は多いのです。

女性からしてみれば「セックス」というワンクッションを挟まなければならないのは、かなり手間だと感じるもの。

ですが男性は女性と違って、身体の相性を求めます。

出会い系で遠回しの表現や、セックスを連想させる言葉は避けるようにしてください。

サイト内のメッセージで舐め犬に関する条件をすり合わせて、お互い必要な相手として関係を深めましょう。

自分の中でこれだけは譲れないという条件を1つ決めておくとステキなパートナーと出会える確率が上がりますよ。

舐め犬を募集するときの注意点

ここで舐め犬を募集する際に覚えておきたい注意点をご紹介します。

舐め犬とセフレの違いをわかっていない人が多い

出会い系の男性の中には、舐め犬募集の女性は「セフレ」を募集してると勘違いしている人が結構多いです。

セックスをする過程でクンニがあるという捉え方をしているので、出会う前に必ず「セックスは無し」という認識のすり合わせが必要です。

仮にセックスをする場合でも、クンニを重視して欲しいということをはっきりと伝える必要があります。

とはいえ、舐め犬募集は基本的に「挿入はありません。」

この記事を読んでいるのが男性の場合、「舐め犬を募集する女性は挿入が嫌いなことが多い」ということを覚えておいてください。

女性のアソコは舐める、でもセックスが先という人は舐め犬ではありません。

ここはお互いの認識の相違に、注意しておく必要がありますよ。

出会い系サイトでは、ホテルに行く前に必ず舐め犬の条件をちゃんと確認するやりとりができるもので募集するのがおすすめです。

避けた方が良い出会い方は意外と多い

まずは「出会い喫茶」

出会い喫茶で舐め犬男性を見つけるのはかなり困難です。

出会い喫茶を利用する男性は、基本的に女の子とのデートやセックスを求めている可能性が強い傾向にあります。

さらに女性の場合、身バレするリスクがあります。

ナンパスポットなどのリアルな出会いで舐め犬を探していたら、身バレして大変なことになったという事例も存在しているのです。

そもそもいきなり面と向かって舐め犬の話をするハードルの高さは尋常ではありません。

男性にヤれると思われた場合が厄介で、条件のすり合わせの際に舐めるだけといううわっつらの約束になることが多いのです。

後々トラブルの原因になることが考えられるので、おすすめしません。

次に「無料の舐め犬募集の掲示板」

そもそもこれは「インターネット異性紹介事業の届け」が警察に出さない時点で違法コンテンツ扱いになっています。

  • 手っ取り早く相手を探したい
  • 舐め犬募集に特化したサイトなら手間がない
  • 無料だからサイト登録の面倒さをカットしたい

年齢確認もない小さい掲示板ではかなり多いです。

身分を偽っている男女が多いのも確かなので、結論的に「出会い系サイト」がおすすめです。

出会い系サイトなら身分を証明しなければ利用不可能なので、偽って危険な目に遭う心配もありませんよ。

舐め犬の募集におすすめの出会い系の選び方

出会い系サイトにも様々な種類が存在していますから、舐め犬募集にピッタリのサイト選びをする必要があります。

分かりやすく3つのポイントに絞ってご紹介していきます。

難しいことは何1つありませんよ♪

運営歴が長い出会い系がオススメ

純粋に運営歴が長いサイトを選ぶことをおすすめします。

  • 会員数が多いから見つかる確率も上がる
  • 年齢確認必須だから安心
  • システムがしっかりしている

さらに最大の理由として「運営歴が長いサイトは、合法であることにこだわりが強いので安全」ということが挙げられます。

そもそも違法なサイトは、警察によって取り締まりを受けています。

運営歴が長いサイトの特徴は大きく分けて5つ。

  1. 24時間体制でサイトを監視している
  2. 迅速な対応ができるように有人サポーターを設けている
  3. 「JAPHIC(ジャフィック)」などの個人情報保護団体による認証がされていること
  4. 年齢確認必須
  5. 迷惑会員をブロックする機能を設けていること

だいたいの運営歴が長い出会い系サイトは、これらの特徴があります。

サイトを選ぶ際は意識してみてくださいね。

マッチングアプリより昔からの出会い系のがオススメ

最近誕生した出会い系サイト(ペアーズやomiai)は、欲望単位では出会えないのでおすすめしません。

純粋な出会いを求めている人達が多く、性に関する募集にはあまり意味を成しません。

昔から利用されている大手出会い系サイトの方が、舐め犬募集などに強いです。

実際にSMパートナーや、ハプニングバーに一緒に行ってくれる相手を募集している書き込みも多いです。

中にはしっかりと舐め犬募集をしている女性や、舐め犬として飼ってほしい男性会員はいます。

筆者的にマッチングアプリより、昔から利用者が多い出会い系サイトをおすすめします。

検索機能が充実した出会い系がオススメ

当たり前のことですが、出会い系サイトを利用する人は目的が様々です。

  • 純粋な出会いを求めている
  • セフレを求めている
  • 舐め犬募集をしている
  • SMパートナーなど

そんな中で検索機能が充実したサイトにて「舐め犬」と検索すれば、かなり相手を絞ることが可能です。

実際に舐め犬と検索してヒットする数は結構多いです。

それだけ関心が高いということですので、条件次第でステキなパートナーと巡り合える確率が上がります。

マッチング率も高く、ほとんどが出会い系で舐め犬をゲットしています。

利害が一致すればするほど、その分信頼度も高くなります。

もちろんセックスパートナーではないので、踏み切った関係は不要です。

ここまで舐め犬について色々ポイントや注意点を挙げて来ました。

女性にとってそれなりのリスクが伴う場合もあるので、パートナー選びには十分に気を付けてください。

初めて舐め犬を募集する人は、戸惑いや不安があるもの。

ましてやあなたの性欲をクンニで満たしてもらうだけですから、多少なりとも心配だと感じるのは重々理解できます。

筆者も最初は同じ経験があります。

ただ、現状に満足していない。

もっと満たされた気持ちになりたい。

そんな人は舐め犬を募集するもの良い選択ですよ。

あなたにとってステキなパートナーに出会えることを応援しています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました